連載
.NETでモバイル・サイト開発を始めよう

第2回 携帯サイトの「ドコモ、au、SoftBank」への対応

シグマコンサルティング 菅原 英治
2007/04/13

○3.1.3. カスタム・コントロールの利用

 続いて、この絵文字コントロールをモバイルWebフォームで利用してみる。

 まず、下の画面の手順に従って、カスタム・コントロールをVisual Studio 2005(以下、VS 2005)のツールボックスに登録する。

  ツールボックスの「全般]タブ上で右クリックし、コンテキスト・メニューを表示させる。
  [アイテムの選択]を選択し、[ツールボックス アイテムの選択]ダイアログを表示する。
  [参照]ボタンを押下する。ここでは「D:\mobile\Mlib\bin\Debug\Mlib.dll」を選択する。
  カスタム・コントロール「Pictogram」が追加され、チェックボックスがチェックされているのを確認し、[OK]ボタンをクリックする。
  [全般]タブ上に「Pictogram」カスタム・コントロールが登録される。
VS 2005のツールボックスへカスタム・コントロールを登録する手順

 ツールボックスへの登録が終わったら、ここで新規にモバイルWebフォーム(m002.aspx)を、Webサイト・プロジェクト「D:\mobile\」内に追加作成する(その際、「モバイル Web フォーム」の項目テンプレートを使わなければならないので間違えないように注意してほしい)。そして、先ほど作成したPictogramカスタム・コントロールをそのフォーム上に配置する。これには、ツールボックスからドラッグ&ドロップすればよい。

新規モバイルWebフォーム(m002.aspx)の作成とカスタム・コントロールの追加
モバイルWebフォームを新規に追加し、それにカスタム・コントロールを追加したところ。
  モバイルWebフォームを追加し、名前を「m002.aspx」とした。
  Pictogramカスタム・コントロール(名前は「Pictogram1」)が追加されている。

 次に、au携帯から接続された場合に備え、“isAu”デバイス・フィルタを追加しておこう。これにはWeb.configに下記のコードを追記する。ここでは便宜的に、au用シミュレータのOpenwave SDKで接続されたときのブラウザ情報として定義した。

<filter name="isAu" compare="Browser" argument="Phone.com"/>

 続いて、モバイルWebフォーム(m002.aspx)内のPictogramカスタム・コントロールのタグ内部に、下記の(太字の)コードを追記する。

……省略……
<body>
  <mobile:Form id="Form1" runat="server">
    <cc1:pictogram id="Pictogram1" runat="server">
      <DeviceSpecific>
        <Choice Filter="isDoCoMo" Carrier="DoCoMo" />
        <Choice Filter="isAu" Carrier="Au" />
        <Choice Filter="isSoftBank" Carrier="SoftBank" />
        <Choice Visible="false" />
      </DeviceSpecific>
    </cc1:pictogram>
  </mobile:Form>
</body>
……省略……
モバイルWebフォーム(m002.aspx)に追記するコード
キャリア種別によりCarrier属性を決定するように設定する。

 このコードでは、デバイス・フィルタを利用してキャリア種別の切り分けを行い、配置したPictogramカスタム・コントロールのCarrierプロパティに対し適切な値(“Docomo”“Au”“SoftBank”)を設定している。これにより、先ほどPictogramクラスのOnRenderメソッドに実装したレンダリング処理で、適切な絵文字を出力してくれるようになるはずだ。

 また、デバイスがどのキャリアにも該当しない場合は、Visibleプロパティをfalseに設定して、コントロールを非表示にしている。

 このように、デバイス・フィルタでカスタム・コントロールのプロパティを設定することが可能だ。

【カスタム・コントロールでのデバイス・フィルタ利用時のエラー】
 ここでモバイルWebフォーム(m002.aspx)をソース編集で見てほしい。下の画面のように、VS 2005で<Choice>タグがエラーとして認識されているはずだ。このエラーは実行には問題がないので、無視してしまって構わない。

エラー表示されるカスタム・コントロールのデバイス・フィルタ
カスタム・コントロールでは<Choice>タグがエラーとして認識されてしまう。実際には問題ないので無視してよい。
  <Choice>タグがエラーとして認識されている。

 それでは、実行して結果を確認してみよう。

 前回はドコモとSoftBankのシミュレータを利用したが、今回はまた新たに、auのシミュレータである「Openwave SDK 6.2K」も利用する。下記のサイトから、ダウンロードしてインストールを行ってほしい。

 Openwave SDK 6.2Kのインストールが完了したら起動してみよう。任意のURLを開く方法を下の画面に示す。

Openwave SDK 6.2Kで任意のURLを開く手順
  [Go]のURL入力欄にURLを入力して、[Enter]キーで決定する。

 VS 2005のソリューション・エクスプローラでモバイルWebフォーム(m002.aspx)を[スタート ページに設定]して実行してみよう。実行結果は下の画面のようになり、それぞれのデバイスのシミュレータ別に、正しく「晴れ」の絵文字が表示されることが確認できるだろう。またIE(Internet Explorer)での接続時には、何も表示されないことも確認できるはずである。

モバイルWebフォーム(m002.aspx)の実行結果
デバイスごとに適切な絵文字が表示されている。
  IEでの実行結果。何も表示されない。
  iモードHTMLシミュレータIIの実行結果。「晴れ」絵文字 が表示される。
  Openwave SDK 6.2Kの実行結果。「晴れ」絵文字 が表示される。
  ウェブコンテンツヴューアの実行結果。「晴れ」絵文字 が表示される。
 
【注意】本連載で使うウェブコンテンツヴューアに関する注意点

 前回は詳しく述べなかったが、本稿のSoftBank携帯では「903T」という端末を利用する。端末を切り替えるには、ウェブコンテンツヴューアのメニュー・バーから[オプション]−[端末]を実行すればよい。
 903Tを利用しない場合、本稿のサンプル・プログラムが正しく動作しない可能性がある。例えば初期インストール時点では「813T」となるが、この場合、ウェブコンテンツヴューアのUser-Agent名が「Vemulator」ではなく「Semulator」となってしまうため、SoftBank携帯として識別されなくなってしまうので注意してほしい。
 なお、例に挙げた813Tで本稿のサンプル・プログラムを動かしたい場合には、前回作成した「SoftBank、Vodafone、J-PHONEをまとめて判定するフィルタのコード(CapabilityEvaluators.cs)」のコードで「Vemulator」の後に「Semulator」も追加すればよい。ただし、この対応は単に(開発時に必要な)シミュレータへの対応にしかならない。そのため、ウェブコンテンツヴューアでは端末を903Tに切り替えることをお勧めする。

○3.1.4. カスタム・コントロールのまとめ

 カスタム・コントロールについてまとめる。

  • カスタム・コントロールを利用すると任意のテキストをレンダリング可能となる
  • モバイル・コントロールで実現できない機能を実装する際に利用する
  • デバイス・フィルタと組み合わせて利用できる。

 次に、前回から言葉だけは出てきている「デバイス・アダプタ」について解説し、その利用方法を示す。


 INDEX
  [連載].NETでモバイル・サイト開発を始めよう
  第2回 携帯サイトの「ドコモ、au、SoftBank」への対応
    1.カスタム・コントロールの作成
  2.カスタム・コントロールの利用
    3.デバイス・アダプタについて
    4.ブラウザ定義ファイルの作成
    5.デバイス・アダプタの作成
    6.デバイス・アダプタの利用
 
インデックス・ページヘ  「.NETでモバイル・サイト開発を始めよう」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH