連載
.NETでモバイル・サイト開発を始めよう

第2回 携帯サイトの「ドコモ、au、SoftBank」への対応

シグマコンサルティング 菅原 英治
2007/04/13

○3.2.2. ブラウザ定義ファイルの作成

 ブラウザ定義ファイルに定義されず、識別できないデバイスのブラウザ情報は、未来永劫えいごう設定されることはないのだろうか。実はブラウザ定義ファイルは自分で作成し、カスタマイズすることが可能である。そこで以下では、SoftBankのウェブコンテツヴューアを識別する簡単なブラウザ定義ファイルを作成し、それを利用する例を示す。

 ここでも、これまで利用してきたモバイルWebサイトをそのまま利用する。

 まずはモバイルWebサイトに対し、ブラウザ・ファイルを追加する。

モバイルWebサイトへブラウザ・ファイルの追加
Webサイト(本稿では「D:\mobile\」)のプロジェクトに対し、ブラウザ・ファイルを追加しているところ。
  「ブラウザ ファイル」を選択する。
  名前を入力する。ここでは「SoftBank.browser」としている。

 上の画面の手順で追加しようとすると、注意事項を示す次のダイアログが表示される場合がある。その場合には、[はい]ボタンを押す。

ブラウザ・ファイル追加の注意を示すダイアログ
VS 2005でブラウザ・ファイルを追加しようとすると表示されるダイアログ。[はい]で実行すると、Webサイト(「D:\mobile\」)のプロジェクトに「App_Browsers」フォルダが追加され、その中にブラウザ・ファイル(本稿では「SoftBank.browser」)が新規作成される。
  [はい]ボタンを押す。

 続いて、追加したブラウザ・ファイル(SoftBank.browser)を下記のコードに書き換えよう。

……省略……
<browsers>
  <browser id="SoftBankWebContentsViewer" parentID="Default">

    <identification>
      <userAgent match="^Vemulator/" />
    </identification>

    <capabilities>
      <capability name="browser" value="WebContentsViewer" />
    </capabilities>

  </browser>
</browsers>
ブラウザ・ファイル(SoftBank.browser)に記述するコード

 接続してくるデバイスのUser-Agentが、正規表現の「^Vemulator/」(=行頭部分が「Vemulator/」)にマッチする場合、ブラウザ情報のbrowserプロパティに「WebContentsViewer」という値を設定している。

 それでは、先ほど作成したWebフォーム(m002.aspx)を実行して確認してみる。

ウェブコンテンツヴューアのブラウザ情報
先ほど作成したWebフォーム(m002.aspx)を実行してブラウザ情報の内容(厳密にはbrowserプロパティの内容)が変わったかどうかを確認してみる。
  Browserプロパティの値が“WebContentsViewer”となっている。

 ウェブコンテンツヴューアで接続時に、3.2.1では“Unknown”であったBrowserプロパティが、上の画面の例では“WebContentsViewer”となっていることが分かるだろう。

 以上で、ブラウザ定義ファイルの作成は完了した。


 INDEX
  [連載].NETでモバイル・サイト開発を始めよう
  第2回 携帯サイトの「ドコモ、au、SoftBank」への対応
    1.カスタム・コントロールの作成
    2.カスタム・コントロールの利用
    3.デバイス・アダプタについて
  4.ブラウザ定義ファイルの作成
    5.デバイス・アダプタの作成
    6.デバイス・アダプタの利用
 
インデックス・ページヘ  「.NETでモバイル・サイト開発を始めよう」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH