連載

C#入門

第1回 はじめて触れるC#

(株)ピーデー
川俣 晶
2001/02/27


この連載で目指すこと

 この連載では、新しいプログラム言語、C#のプログラミング入門を扱う。C#とは何か? という話題は、今回の本題でもあるので、後で詳しく説明する。想定する読者は、C#のことは何も知らないが、プログラミングの経験のある方々とする。つまり、C#のことを何も知らない人もWelcomeであるが、いちいち「変数ってなに?」というような基本的な説明は行わない。それでも、プログラム言語によって知識に偏りがあるのは事実なので、もしかしたら、あなたがご存じのプログラム言語には存在しない用語を使って説明する場合があるかもしれない。少なくとも、Visual Basicの経験があれば、読み通せる水準にしたいと考えている。

 さて、この連載では、C#というプログラム言語に関して説明するだけでなく、Visual Studio.NET(詳細は後で説明する)の具体的な操作手順も解説に含める。これは、抽象的な知識に偏ることなく、実際に追体験可能であることを重視したためだ。プログラム言語の新しい概念などは、すぐに意味が理解できなくても、実際に動かしてみると分かることもある。そのため、具体的な操作方法の説明にも重点を置く。また、最近では統合開発環境が主流になっているため、テキスト・エディタでソースコードを書いて、コマンドラインでコンパイルすることができないプログラマも多い。これを配慮して、グラフィカルな統合開発環境を前提に解説を進めたいと考えている。

 この連載の全体的な流れとしては、今回の第1回をC#の概要に関する話題にあて、次回以降は毎回、C#ならではの言語上のトピック(例えば、プロパティやインデクサやボクシングなど)にスポットを当てて解説していきたいと考えている。

 この連載の合い言葉は、“Let's See Sharp!”だ。鋭敏(Sharp)に今より半音高い(Sharp)場所から、世界を眺めようではないか。

 

 INDEX
  C#入門 第1回 初めて触れるC#
  1.この連載で目指すこと
    2.C#とは何か?
    3. C#でHello World!
    4. もう1つのHello World!
 
「C#入門」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH