連載

C#入門

第13 言語に内蔵されたイベント機能

(株)ピーデー
川俣 晶
2001/10/11


複数ボタンに対応するハンドラ

 イベントの価値を実感するために、もう1個のサンプルソースを見てみよう。まず、上記のサンプルと同様に新しいWindowsプロジェクトを作り、フォーム上に3個のボタンを貼り付ける。

Visual Studio .NETにおけるウィンドウの設計画面
上記サンプルと同様にフォームを作成し、今度はボタンを3つ配置する。

 そうしたら、下記のサンプルソースの29〜31行目と、112〜116行目を入力する。これで出来上がりである。

   1: using System;
   2: using System.Drawing;
   3: using System.Collections;
   4: using System.ComponentModel;
   5: using System.Windows.Forms;
   6: using System.Data;
   7:
   8: namespace WindowsApplication3
   9: {
  10:   /// <summary>
  11:   /// Form1 の概要の説明です。
  12:   /// </summary>
  13:   public class Form1 : System.Windows.Forms.Form
  14:   {
  15:     private System.Windows.Forms.Button button1;
  16:     private System.Windows.Forms.Button button2;
  17:     private System.Windows.Forms.Button button3;
  18:     /// <summary>
  19:     /// 必要なデザイナ変数です。
  20:     /// </summary>
  21:     private System.ComponentModel.Container components = null;
  22:
  23:     public Form1()
  24:     {
  25:       //
  26:       // Windows フォーム デザイナ サポートに必要です。
  27:       //
  28:       InitializeComponent();
  29:       this.button1.Click += new System.EventHandler(this.all_button_Click);
  30:       this.button2.Click += new System.EventHandler(this.all_button_Click);
  31:       this.button3.Click += new System.EventHandler(this.all_button_Click);
  32:       //
  33:       // TODO: InitializeComponent 呼び出しの後に、コンストラクタ コードを追加してください。
  34:       //
  35:     }
  36:
  37:     /// <summary>
  38:     /// 使用されているリソースに後処理を実行します。
  39:     /// </summary>
  40:     protected override void Dispose( bool disposing )
  41:     {
  42:       if( disposing )
  43:       {
  44:         if (components != null)
  45:         {
  46:           components.Dispose();
  47:         }
  48:       }
  49:       base.Dispose( disposing );
  50:     }
  51:
  52:     #region Windows Form Designer generated code
  53:     /// <summary>
  54:     /// デザイナ サポートに必要です。このメソッドの内容を
  55:     /// コード エディタで変更しないでください。
  56:     /// </summary>
  57:     private void InitializeComponent()
  58:     {
  59:       this.button1 = new System.Windows.Forms.Button();
  60:       this.button2 = new System.Windows.Forms.Button();
  61:       this.button3 = new System.Windows.Forms.Button();
  62:       this.SuspendLayout();
  63:       //
  64:       // button1
  65:       //
  66:       this.button1.Location = new System.Drawing.Point(8, 24);
  67:       this.button1.Name = "button1";
  68:       this.button1.Size = new System.Drawing.Size(192, 32);
  69:       this.button1.TabIndex = 0;
  70:       this.button1.Text = "button1";
  71:       //
  72:       // button2
  73:       //
  74:       this.button2.Location = new System.Drawing.Point(8, 64);
  75:       this.button2.Name = "button2";
  76:       this.button2.Size = new System.Drawing.Size(192, 32);
  77:       this.button2.TabIndex = 1;
  78:       this.button2.Text = "button2";
  79:       //
  80:       // button3
  81:       //
  82:       this.button3.Location = new System.Drawing.Point(8, 104);
  83:       this.button3.Name = "button3";
  84:       this.button3.Size = new System.Drawing.Size(192, 32);
  85:       this.button3.TabIndex = 2;
  86:       this.button3.Text = "button3";
  87:       //
  88:       // Form1
  89:       //
  90:       this.AutoScaleBaseSize = new System.Drawing.Size(5, 12);
  91:       this.ClientSize = new System.Drawing.Size(224, 173);
  92:       this.Controls.AddRange(new System.Windows.Forms.Control[] {
  93:                                       this.button3,
  94:                                       this.button2,
  95:                                       this.button1});
  96:       this.Name = "Form1";
  97:       this.Text = "Form1";
  98:       this.ResumeLayout(false);
  99:
 100:     }
 101:     #endregion
 102:
 103:     /// <summary>
 104:     /// アプリケーションのメイン エントリ ポイントです。
 105:     /// </summary>
 106:     [STAThread]
 107:     static void Main()
 108:     {
 109:       Application.Run(new Form1());
 110:     }
 111:
 112:     private void all_button_Click(object sender, System.EventArgs e)
 113:     {
 114:       System.Windows.Forms.Button button = (System.Windows.Forms.Button)sender;
 115:       MessageBox.Show(this,button.Text + " Clicked!");
 116:     }
 117:   }
 118: }
複数ボタンを記述したサンプル・プログラム11
イベント・ハンドラの登録個所(29〜31行目)と、イベント・ハンドラ(112〜116行目)を記述する。

 これを実行すると以下のようになる。

サンプル・プログラム11の実行結果
どのボタンを押しても同じイベント・ハンドラが実行される。

例えば、2番目のボタンを押すと、以下のメッセージが出力される。

ボタンが押されたときに表示されるメッセージ・ボックス
押されたボタンの文字列をメッセージとして表示する。

 まず、29〜31行目に注目していただきたい。これは、ボタンにイベント・ハンドラを登録しているコードである。しかし、3つのボタンのインスタンスに対して、all_button_Clickというたった1つのメソッドをハンドラとして登録してしまっていることが分かるだろう。このようなコードを記述しても問題はない。それは、112〜116行目のall_button_Clickメソッドの内容を見れば分かる。114行目で第1引数のsenderをボタンクラス(System.Windows.Forms.Button)にキャストしている。ハンドラの第1引数は、イベントを引き起こしたインスタンスなので、当然ボタンのインスタンスである。だから、キャストは必ずうまく行く。そして、インスタンスへの参照を手に入れれば、ボタンのラベルに書かれた文字列を取得するのは簡単である。Textプロパティを参照するだけでよい。

 このように、イベントを使えば、1つのハンドラで異なる複数のインスタンスの処理を引き受けることも容易である。

まとめ

 イベントは既存のプログラム言語にはあまり見られない機能である。しかし、C#のイベントは、潜在的な能力と可能性が高く、うまく使いこなせば、込み入ったプログラムをすっきり記述できる可能性を持つ。多くのオブジェクト指向言語に見られるように、何でも継承を使って問題を解決しようとしても、上手く機能しない場合がある。その意味でもイベントの活用は1つの課題と言えるだろう。

 さて、次回は一見地味だがC#らしいポイントも多く、強力になった配列について解説したいと思っている。

 それでは次回もLet's See Sharp!End of Article


 INDEX
  第13回 言語に内蔵されたイベント機能
    1.C#のイベント機能とは何か?
    2.イベントに引数を渡す
    3.独自のハンドラ管理
    4.ウィンドウにおけるイベントの使われ方
  5.複数ボタンに対応するハンドラ
 
「C#入門」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH