連載
.NET&Windows Vistaへ広がるDirectXの世界

第4回 XNA Game Studio Expressを触ってみよう!

NyaRuRu
Microsoft MVP Windows - DirectX(Jan 2004 - Dec 2006)
2006/11/01
Page1 Page2 Page3 Page4

2. XNA Game Studio Expressベータ版を使ってみよう

 XNA Game Studio Expressベータ版をインストールすると、VC# Expressのプロジェクト・テンプレートに、新しいテンプレートが追加されている。

XNAインストール後のプロジェクト・テンプレート
次の3つが追加されている。
・「Windows Game (XNA)」……ゲーム・アプリケーションのひな型。
・「Windows Game Library (XNA)」……ゲーム・コンポーネントのひな型。
・「Spacewar Starter Kit」……サンプル・ゲーム。

 また、ヘルプも項目が増えていることに気付くだろう。

XNA Game Studio Expressベータ版をインストールすると追加されるヘルプ
MDX時代には、ドキュメントが少なすぎるといわれ続けていたが、XNAでは非常に丁寧なドキュメントが最初から付属している。ざっとすべての文章に目を通した後で、“Your First XNA Game”からトライしてみるとよいだろう。

 ドキュメントの“Your First XNA Game”で紹介されている手順のうち、画像を表示する部分までを簡単に眺めてみよう。まず、プロジェクト・テンプレートから「Windows Game (XNA)」を選択する。

 今回は、ドキュメントの“Your First XNA Game”で紹介されている手順を若干変更し、アルファ・チャンネルを使用した画像を表示してみることにする。今回用意したのは次の画像だ。この画像をPNG形式のままブラウザから保存してもらうと、この記事の手順を再現できるはずである。

テスト画像(XNA.png)
透明部分と影にアルファ・チャンネルが使用されている。

 ファイルの追加はソリューション・エクスプローラに画像をドラッグ・アンド・ドロップするだけだ。ファイルが追加できたら、実行時に出力ディレクトリにコピーされるように設定を変更しておく。

[出力ディレクトリにコピー]の設定
ソリューション・エクスプローラで、実行時に出力ディレクトリにコピーされるように設定する。
  先ほど追加した「XNA.png」を選択する。
  プロパティ・ウィンドウで、[出力ディレクトリにコピー]を「常にコピーする」に変更する。

 これで画像の準備はOKである。もちろん、自分で好きな画像を用意してもらっても構わない。

 次に、先ほど追加した画像を表示するためのコードを追加する。ソリューション・エクスプローラで「Game1.cs」という項目を右クリックしてコンテキスト・メニューを表示し、そこから[コードの表示]を選ぶことでメイン(=ゲーム本体)のソース・コードが表示される。

 初期状態のソース・コードは50行ほどで、ほぼ1画面に収まる程度の非常に簡潔なものになっている。XNAのアプリケーション・モデルは、ゲーム本体を表すクラス(本稿では「Game1」クラス)をGameクラス(Microsoft.Xna.Framework名前空間)から派生させ、メソッドをオーバーライドしたり、イベントを追加したりして、差分をプログラミングしていくという方針を取っている。

 本稿では、このソース・コードに対して、以下のようなコードを追加する。コードの意味については説明欄を参照してほしい。

/// <summary>
/// This is the main type for your game
/// </summary>
partial class Game1 : Microsoft.Xna.Framework.Game
{
  Texture2D myTexture;     // 描画に使用するテクスチャ
  SpriteBatch spriteBatch; // スプライト

  protected override void OnStarting()
  {
    base.OnStarting();
    graphics.GraphicsDevice.DeviceReset
      += new EventHandler(GraphicsDevice_DeviceReset);
    LoadResources();
  }

  void GraphicsDevice_DeviceReset(object sender, EventArgs e)
  {
    LoadResources();
  }

  void LoadResources()
  {
    // 現在のベータ版ではContent Pipelineが提供されていないため
    // ファイル名を直接指定しているが
    // 最終的にはもっと簡潔に書けるようになる
    myTexture = Texture2D.FromFile(graphics.GraphicsDevice, "XNA.png");
    spriteBatch = new SpriteBatch(graphics.GraphicsDevice);
  }
  ……中略……
ひな型のソース・コードに対して追加するコード
プロジェクトの新規作成で生成されたひな型のコードに対して、太字部分のコードを追加してほしい。ここでは、OnStartingメソッドをオーバーライドすることで、ゲーム開始時に「XNA.png」画像を読み込むようにしている。またそれと同時に、描画デバイスがリセットされたときに発生するDeviceResetイベントのハンドラを登録し、そのDeviceResetイベント・ハンドラ内で再度「XNA.png」画像を読み込み直すようにしている。

 最後に、ひな型としてあらかじめ追加されているDrawメソッド内部で、上記のコードで読み込んだ「XNA.png」画像を描画すればよい。具体的には以下の行(太字部分)を追加すれば完成だ。

protected override void Draw()
{
  if (!graphics.EnsureDevice())
  {
    return;
  }

  graphics.GraphicsDevice.Clear(Color.CornflowerBlue);
  graphics.GraphicsDevice.BeginScene();

  // TODO: Add your drawing code here

  // オプションでアルファ・ブレンディングを有効にしている
  spriteBatch.Begin(SpriteBlendMode.AlphaBlend);
  spriteBatch.Draw(myTexture, new Vector2(0.0f, 0.0f), Color.White);
  spriteBatch.End();

  // Let the GameComponents draw
  DrawComponents();

  graphics.GraphicsDevice.EndScene();
  graphics.GraphicsDevice.Present();
}
Drawメソッドに追記するコード
太字部分を追加する。このコードは、アルファ・ブレンディングにより「XNA.png」画像を描画している。“Your First XNA Game”で紹介されている方法とは異なり、spriteBatch.Beginのところでアルファ・ブレンディングを有効にしている点に注意。

 以上のコードを実行して、下の画像が表示されれば成功だ。

サンプル・プログラムの実行結果
「XNA.png」画像をアルファ・ブレンディングで描画している。

 無事に画像が表示できたら、キーボードやコントローラによって移動させてみたり、もっとたくさんの画像を表示させてみたりと、いろいろ試してみるとよいだろう。これにはドキュメントの“Programming Guide”が参考になる。また、Web上には、すでにさまざまなサンプル・コードがアップロードされている。それらを参考に、皆さんもXNAの世界に飛び込んでいってみてほしい。


 INDEX
  .NET&Windows Vistaへ広がるDirectXの世界
  第4回 XNA Game Studio Expressを触ってみよう!
    1.XNA Game Studio Expressベータ版のインストール
    2.【コラム】DirectX SDKのインストールとデバッグへの応用
  3.XNA Game Studio Expressベータ版を使ってみよう
    4.【コラム】VC# Expressで出力アセンブリのプラットフォームを設定する
 
インデックス・ページヘ  「.NET&Windows Vistaへ広がるDirectXの世界」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH