特集
Windows Azure開発入門(後編)

Windows Azureクラウド・サービスの配置/運用

デジタルアドバンテージ 一色 政彦
2009/02/17
Page1 Page2 Page3 Page4

Azure関連の記事

まだ知らない人のための最新Azure入門 - Build Insider

Azure TIPS - Build Insider

ここまで進化した、Azure Webサイトの世界観(2014年7月版) - Build Insider

連載:Windows Azureモバイルサービスで作る簡単スマートフォンアプリ - Build Insider

Microsoft Azureプレビュー・ポータルの機能とは? - Build Insider

特集:Windows Azureメディア・サービスを利用したストリーミング配信 - Build Insider

連載:Microsoft技術におけるアイデンティティ連携開発のいま - Build Insider

Vittorio Bertocci氏インタビュー: 開発者にとってのWindows Azure Active Directoryの役割と今後の展開 - Build Insider

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(6):Microsoft Azureの秘密を探る[その1] - @IT

進化を続けるマイクロソフトのクラウド:Windows Azureの“いま”を知る - @IT

Azure - Build Insider

 前編では、Visual Studio 2008(以降、VS 2008)に統合されたWindows Azure開発環境を使って「Webロールのクラウド・サービス」(以降、Webクラウド・サービス)を開発する方法を紹介した。今回は、開発が完了したWebクラウド・サービスをWindows Azure(クラウド)上に配置する方法を説明する。

 なおWindows Azure(現在はCTP版)へ配置するには、「Azure Services Developer Portal」サイト(以降、Azureポータル)で事前にWindows Azureの利用申請を行っておく必要があるが、その方法は本稿の最終ページで紹介する(現CTP版では、利用申請してもすぐに利用開始できるわけではなく、招待コードが送られてくるまでに1〜2週間程度かかる)。

 以下ではすでにWindows Azureが利用できる状態になっているという前提で話を進めていく。

Azure Services Developer Portalでのプロジェクト作成

Azure Services Developer Portalとは?

 マイクロソフトはWindows Azureを「クラウドOS」と呼んでいるが、このOSを操作できるUI(ユーザー・インターフェイス)はデスクトップ画面ではなく、Webポータル・サイトとなる。そのWebサイトがAzureポータル(正式には「Azure Services Developer Portal」)である。

 Azureポータルを開くと、次のページが表示される。

Azure Services Developer Portalのトップ・ページ(プロジェクト一覧)

 このページには(作成済みの)「Projects」(プロジェクト)のリストが表示されるが、Windows Azureではこのように「プロジェクト」という単位で、サービスを作成/運用管理することになる。

Azureポータルでのプロジェクトの作成

 では、実際にプロジェクトを作成してみよう。まず、左上の[New Projects](新しいプロジェクト)をクリックする。これにより、次のページが表示される。

プロジェクトの新規作成ページ

 このページを見ると分かるように、さまざまな種類のプロジェクトが存在する。

【Windows Azure】カテゴリ

[Storage Account]:Windows Azureストレージ・サービスのプロジェクト。以降、WAストレージ・プロジェクト。
[Hosted Services]:Windows Azureクラウド・サービスのプロジェクト。以降、WAクラウド・プロジェクト。

【Azure Services Platform】カテゴリ

[Live Services: Live Framework Community Technology Preview]:Live Services(=Windows Liveサービス)が提供するLive Framework(現在はCTP版)を使ったプロジェクト。
[Live Services: Existing APIs]:Live Servicesが提供する既存のWeb APIを利用したプロジェクト。

 ちなみにAzure Services Platformには「Live Services」以外にも「.NET Services」と「SQL Services」があるが、これらは(いまのところ)Azureポータルでは管理できない。これらは「.NET Services & SQL Services Portal」サイトから管理する必要がある(このサイトについては最終ページにある「Live Services/.NET Services/SQL Serviceの利用申請」の項でも少し触れている)。

 このうち、今回はWAクラウド・プロジェクトについて説明する。

Windows Azureクラウド・サービスの新規プロジェクト作成

 今回はWebクラウド・サービスをWindows Azure上に配置する。そのためには、上記のWAクラウド・プロジェクトを事前に作成しておく必要がある。

 これには、プロジェクトの新規作成ページで[Hosted Services]をクリックする(ちなみにWorkerロールのクラウド・サービスの場合も、 WAクラウド・プロジェクトを作成する)。すると[Terms of Use]という利用許諾のページが表示されるので、問題なければ[I Accept](承認します)ボタンをクリックする。これにより下のページが表示されるので、[Project Label:]にプロジェクト名を、[Project Description:]にその説明を入力して[Next]ボタンをクリックする。

WAクラウド・プロジェクトの名前の指定

 次に表示されるページでは、[Service Name:]テキストボックスにサービス名を入力する。[Check Availability]ボタンを押すと、その名前が使用可能かチェックしてくれる。

クラウド・サービスのURLの指定

 ここで入力した、

http://<サービス名>.cloudapp.net

が、クラウド・サービスのURLとなる。

 最後に[Create]ボタンをクリックすると作成は完了。下のようなページが表示される(Azureポータルの[Summary]タブで表示されるプロジェクト・リストから、作成したプロジェクトをクリックしても同様のページが表示される)。

完成したWAクラウド・プロジェクト

 以上でWindows Azure側の準備は完成したので、実際にWebクラウド・サービスを配置してみよう。

【コラム】Windows Azureストレージ・サービス利用時のプロジェクトについて
 今回は利用していないが、Windows Azureストレージ・サービスも利用する場合は、これに対応するWAストレージ・プロジェクトも作成する必要がある。作成手順はWAクラウド・プロジェクトの場合とほとんど変わらないので割愛する。ちなみに、Windows Azureストレージ・サービスのデータを閲覧/操作するには、「SpaceBlock」や「Azure Storage Viewer」というツールが便利だ。これらのツールは「Windows Azureクラウド・サービス+.NETクライアントの例」という記事で紹介しているので、興味がある方はご参照いただきたい。


 INDEX
  [特集] Windows Azure開発入門(前編)
  無償開発環境で試すWindows Azureクラウド開発
    1.Windows Azure開発環境の構築
    2.WebロールのWindows Azureクラウド・サービスの作成
 
  [特集] Windows Azure開発入門(後編)
  Windows Azureクラウド・サービスの配置/運用
  1.Azure Services Developer Portalでのプロジェクト作成
    2.クラウド・サービスの構成
    3.クラウド・サービスの配置
    4.Windows Azure/Azure Services Platformの利用申請
Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

.NET未来展望台

未来展望台コーナースポンサーからのお知らせ


- PR -
- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

マッチングサービス利用率トップ3は「Pairs」「タップル誕生」「Omiai」――MMDLaboとコロプラ共同調査
マッチングサービス・アプリの認知度は25.7%、うち利用経験者は30.2%。MMDLaboとコロプ...

インサイドセールスの生産性向上へ、「SATORI」と「BIZTEL」が連携
マーケティングオートメーションツール「SATORI」とクラウド型電話サービス「BIZTEL」が...

プレイド、「KARTE」にレコメンド機能を追加
CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」に新機能。