.NET TIPS

デバッグ時にメソッドをステップイン実行しないようにするには?

デジタルアドバンテージ 遠藤 孝信
2005/10/07

 Visual Studio .NETのデバッガでは、「ステップイン実行」や「ステップオーバー実行」によりコードを1行ずつステップ実行しながらプログラムの挙動を確認していくことができる。ステップイン実行(キーボードからは[F11]キーにより行える)はメソッドの内部に入ってプログラムをステップ実行するのに対して、ステップオーバー実行([F10]キーにより行える)はメソッド内部まではステップ実行しない。

 前者のステップイン実行では、メソッド内部も含めて確実にすべてのステップを実行できるので便利なのだが、明らかにバグがないと思われるメソッドや、すでにデバッグ済みのメソッドについては、そのメソッド内部のステップ実行をスキップしたい場合がある。そのようなメソッドについてはDebuggerStepThrough属性(System.Diagnostics名前空間)を指定すればよい。

 例えば次のコードでは、MyClassクラスのコンストラクタにこの属性を指定している。このコードを先頭からステップイン実行した場合、コードのステップはとなる(DebuggerStepThrough属性がない場合は)。

class Class1
{
  static void Main(string[] args)
  {
    MyownClass mc = new MyownClass();
    mc.MyMethod();
  }
}

public class MyownClass
{
  [System.Diagnostics.DebuggerStepThrough]
  public MyownClass()
  {
    int i = 0;
  }

  public void MyMethod()
  {
    int j = 0;
  }
}
Module Module1
  Sub Main()
    Dim mc As New MyownClass
    mc.MyMethod()
  End Sub
End Module

Public Class MyownClass
  <System.Diagnostics.DebuggerStepThrough()> _
  Public Sub New()
    Dim i As Integer
  End Sub

  Public Sub MyMethod()
    Dim j As Integer
  End Sub
End Class
DebuggerStepThrough属性の記述例(上:C#、下:VB.NET)

 なお、DebuggerStepThrough属性の付いたメソッド内でもブレイクポイントは設定可能で、デバッグ時にはそのポイントで実行が中止する。また、この属性はクラスに対しても指定可能であり、この場合には静的メソッドを除いたすべてのメソッドでのステップ実行がスキップされる。End of Article

カテゴリ:クラス・ライブラリ 処理対象:デバッグ&トレース
使用ライブラリ:DebuggerStepThrough属性(System.Diagnostics名前空間)
 
この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
クラス・ライブラリ内部で呼び出されているメソッドを調べるには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH