.NET TIPS

[ASP.NET]PropertyGridEditorPartコントロールでカスタム・プロパティを編集するには?[2.0のみ、C#、VB]

山田 祥寛
2006/11/03

 「TIPS:[ASP.NET]WebPartsコントロールでページ内のコンテンツを編集/再配置するには?」でも紹介したように、編集パーツを利用することで、Webパーツの表示内容や挙動、レイアウトなどの情報をエンド・ユーザーがブラウザ上から編集できる。が、編集パーツで変更可能なのは、こうした汎用的な項目だけではない。PropertyGridEditorPartコントロールを利用することで、ユーザー・コントロール/カスタム・コントロールで定義された独自のプロパティをブラウザ上から編集できるようになる。

 以下では具体的なサンプル・アプリケーションを作成しながら、この方法について解説しよう。本稿で使用するのは、「TIPS:[ASP.NET]ユーザー・コントロールでパーソナライズ可能なWebパーツを作成するには?」で作成したユーザー・コントロールRssFeed.ascxだ。

 本稿では、RssFeed.ascxにカスタム・プロパティとしてRssFeedプロパティ(取得するRSSフィードのURL)を追加するとともに、これを編集パーツ(PropertyGridEditorPartコントロール)から編集できるように設定する。

PropertyGridEditorPartコントロールによるカスタム・プロパティの編集

1. ユーザー・コントロールにプロパティを追加する

 まずユーザー・コントロールにカスタム・プロパティRssFeedを追加する。前掲のTIPSで作成したRssFeed.ascxに対して、以下のコードを追加してほしい。

using System;
using System.Data;
using System.Configuration;
using System.Collections;
using System.Web;
using System.Web.Security;
using System.Web.UI;
using System.Web.UI.WebControls;
using System.Web.UI.WebControls.WebParts;
using System.Web.UI.HtmlControls;

public partial class WebParts_RssReader_cs : System.Web.UI.UserControl {
  [Personalizable()]
  [WebBrowsable(True)]
  [WebDisplayName("RSSフィード")]
  [WebDescription("取得するRSSフィードのURL")]
  public String RssFeed {
    // XmlDataSource.DataFileプロパティから値を取得
    get { return xds.DataFile; }
    // XmlDataSource.DataFileプロパティに値をセット
    set { xds.DataFile = value; }
  }
}
ユーザー・コントロールにカスタム・プロパティRssFeedを追加(C#版:RssReader_cs.aspx.cs)
 
Partial Class WebParts_RssReader_vb
  Inherits System.Web.UI.UserControl

  <Personalizable()> _
  <WebBrowsable(True)> _
  <WebDisplayName("RSSフィード")> _
  <WebDescription("取得するRSSフィードのURL")> _
  Public Property RssFeed() As String
    ' XmlDataSource.DataFileプロパティから値を取得
    Get
      Return xds.DataFile
    End Get
    ' XmlDataSource.DataFileプロパティに値をセット
    Set(ByVal value As String)
      xds.DataFile = value
    End Set
  End Property
End Class
ユーザー・コントロールにカスタム・プロパティRssFeedを追加(VB版:RssReader_vb.aspx.vb)

 ユーザー・コントロールにプロパティを追加する方法については、「TIPS:[ASP.NET]ユーザー・コントロールで属性を設定するには?」をご参照いただくとして、本稿ではWebパーツ固有の構文について注目してみよう。

 PropertyGridEditorPartコントロールで編集可能なプロパティを定義するには、プロパティ宣言の先頭に、以下の属性を追加する必要がある。

属性 概要
Personalizable パーソナライズが可能か
WebBrowsable PropertyGridEditorPartコントロールで編集可能か
WebDisplayName PropertyGridEditorPartコントロール上で表示されるラベル
WebDescription カスタム・プロパティの説明(ラベルをポイントしたときに表示されるツールチップ)
PropertyGridEditorPartコントロールに関係する属性

 WebDisplayName属性、WebDescription属性については省略しても構わない。WebDisplayName属性が省略された場合、PropertyGridEditorPartコントロールはプロパティ名をラベルとして表示する。

2. ページにPropertyGridEditorPartコントロールを追加する

 あとは、前掲のTIPS」で作成したWebParts_cs.aspx/WebParts_vb.aspxファイルに対して、以下の図の要領でサーバ・コントロールを追加する。

Webフォーム(C#:WebParts_cs.aspx/VB:WebParts_vb.aspx)のフォーム・レイアウト
WebParts_cs.aspx/WebParts_vb.aspxファイルに対して、PropertyGridEditorPartコントロールを追加する。
  PropertyGridEditorPartコントロールを配置。

 PropertyGridEditorPartコントロールは、ユーザー・コントロールで設定されたカスタム・プロパティのデータ型を基に自動的に適切な入力コントロールをレンダリングするので、特別な設定は必要ない。

 プロパティのデータ型と出力される入力コントロールの対応関係は以下のとおり。

データ型 出力されるコントロールの種類
String、Int、Float、DateTime TextBox
Boolean CheckBox
Enum DropDownList
プロパティのデータ型と出力される入力コントロールの対応(PropertyGridEditorPartコントロール)

 以上を理解したら、さっそくサンプル・アプリケーションを実行してみよう。編集モードに切り替えると、カスタム・プロパティ編集画面が表示される。

 デフォルトでは、あらかじめ設定されたInsider.NETのRSSフィードが表示されているはずなので、ここでは、編集画面からWindows Server InsiderのRSSフィードを指定してみよう。

プロパティ編集画面からWindows Server InsiderのRSSフィードを指定
プロパティ編集画面の編集内容が反映される

 上図のように、プロパティの変更に従ってRSSフィードの内容が更新されれば成功だ。End of Article

利用可能バージョン:.NET Framework 2.0のみ
カテゴリ:Webフォーム 処理対象:WebPartsパーツ
使用ライブラリ:PropertyGridEditorPartコントロール
関連TIPS:[ASP.NET]WebPartsコントロールでページ内のコンテンツを編集/再配置するには?
関連TIPS:[ASP.NET]ユーザー・コントロールでパーソナライズ可能なWebパーツを作成するには?
関連TIPS:[ASP.NET]ユーザー・コントロールで属性を設定するには?
 
この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
[ASP.NET]ユーザー・コントロールでパーソナライズ可能なWebパーツを作成するには?
[ASP.NET]WebPartsコントロールでページ内のコンテンツを編集/再配置するには?
[ASP.NET]WebPartsコントロールでパーソナライズ・ページを構築するには?
[ASP.NET]DeclarativeCatalogPartコントロールでコンテンツ・カタログを定義するには?
[ASP.NET]ImportCatalogPartコントロールでパーツ情報をページにインポートするには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH