.NET TIPS

DataGridViewコントロールで右クリックによるセル選択を可能にするには?[2.0のみ、C#、VB]

デジタルアドバンテージ 遠藤 孝信
2007/01/12

 DataGridViewコントロールでは、マウスの右クリックには何の操作も割り当てられていない(設定によりコンテキスト・メニューを表示させることは可能)。本稿では右クリックによりセルを選択可能にする方法を紹介する。

DataGridViewコントロールのCellMouseClickイベント

 DataGridViewコントロールでセルがクリックされたときには、Controlクラスで定義されている標準的なMouseClickイベントに加えて、CellMouseClickイベントが発生する。CellMouseClickイベントでは、イベントのパラメータとしてクリックされたセルの行番号と列番号が取得でき、クリックされているセルに簡単にアクセスできる。

 以下のサンプル・プログラムでは、CellMouseClickイベントのイベント・ハンドラにおいて、クリックされたセルの選択状態(セルのSelectedプロパティの値)を反転させている。これにより、未選択のセルは選択状態に、すでに選択されているセルは非選択の状態にしている。

 デフォルトでは、複数のセルを選択するには[Ctrl]キーを押しながら左クリックする必要があるが、このサンプル・プログラムではそれを右クリックのみで行うことができるようになっている。

// dgvrightclick.cs

using System;
using System.Drawing;
using System.Drawing.Imaging;
using System.Windows.Forms;

public class MyForm : Form {

  DataGridView dgv;

  // フォームのLoadイベント・ハンドラ
  void MyForm_Load(object sender, EventArgs e) {
    // データソースとして画像デコーダ一覧を使用
    dgv.DataSource = ImageCodecInfo.GetImageDecoders();
  }

  // DataGridViewのCellMouseClickイベント・ハンドラ
  void dgv_CellMouseClick(object sender, DataGridViewCellMouseEventArgs e) {

    // 右ボタンのクリックか?
    if (e.Button == MouseButtons.Right) {

      // ヘッダ以外のセルか?
      if (e.ColumnIndex >= 0 && e.RowIndex >= 0) {

        // 右クリックされたセル
        DataGridViewCell cell = dgv[e.ColumnIndex, e.RowIndex];
        // セルの選択状態を反転
        cell.Selected = !cell.Selected;
      }
    }
  }

  // フォームのコンストラクタ
  public MyForm() {
    dgv = new DataGridView();
    dgv.Dock = DockStyle.Fill;
    dgv.CellMouseClick += new DataGridViewCellMouseEventHandler(dgv_CellMouseClick);
    this.Controls.Add(dgv);
    this.Size = new Size(480, 240);
    this.Load += new EventHandler(MyForm_Load);
  }
}

class Program {
  [STAThread]
  static void Main() {
    Application.Run(new MyForm());
  }
}

// コンパイル方法:csc dgvrightclick.cs
右クリックでセルの選択を行えるC#のサンプル・プログラム(dgvrightclick.cs)

' dgvrightclick.vb

Imports System
Imports System.Drawing
Imports System.Drawing.Imaging
Imports System.Windows.Forms

Public Class MyForm
    Inherits Form

  WithEvents Dim dgv As DataGridView

  ' フォームのLoadイベント・ハンドラ
  Sub MyForm_Load(sender As Object, e As EventArgs) Handles MyBase.Load
    ' データソースとして画像デコーダ一覧を使用
    dgv.DataSource = ImageCodecInfo.GetImageDecoders()
  End Sub

  ' DataGridViewのCellMouseClickイベント・ハンドラ
  Sub dgv_CellMouseClick(sender As Object, e As DataGridViewCellMouseEventArgs) Handles dgv.CellMouseClick

    ' 右ボタンのクリックか?
    If e.Button = MouseButtons.Right Then

      ' ヘッダ以外のセルか?
      If e.ColumnIndex >= 0 And e.RowIndex >= 0 Then

        ' 右クリックされたセル
        Dim cell As DataGridViewCell = dgv(e.ColumnIndex, e.RowIndex)
        ' セルの選択状態を反転
        cell.Selected = Not cell.Selected
      End If
    End If
  End Sub

  ' フォームのコンストラクタ
  Public Sub New()
    dgv = New DataGridView()
    dgv.Dock = DockStyle.Fill
    Me.Controls.Add(dgv)
    Me.Size = new Size(480, 240)
  End Sub
End Class

' コンパイル方法:vbc /main:MyForm dgvrightclick.vb
右クリックでセルの選択を行えるVBのサンプル・プログラム(dgvrightclick.vb)

 ここではコードを簡便にするために、.NETで利用可能な画像のデコーダ一覧をデータソースとして使用している。画像のデコーダについては「TIPS:画像を読み込むには?」を参照してほしい。

 CellMouseClickイベント・ハンドラの第2パラメータの型であるDataGridViewCellMouseEventArgsクラス(System.Windows.Forms名前空間)は、MouseClickイベントのパラメータであるMouseEventArgsクラス(System.Windows.Forms名前空間)の派生クラスである。このクラスでは、マウスの位置やクリックされたボタンの種類を返すプロパティに加えて、クリックされたセルの行番号と列番号を返すRowIndexプロパティとColumnIndexプロパティが追加されている。なお、行ヘッダや列ヘッダのセルがクリックされた場合には、これらのプロパティは-1となる。End of Article

利用可能バージョン:.NET Framework 2.0のみ
カテゴリ:Windowsフォーム 処理対象:DataGridViewコントロール
使用ライブラリ:DataGridViewコントロール
使用ライブラリ:DataGridViewCellMouseEventArgsクラス(System.Windows.Forms名前空間)
使用ライブラリ:MouseEventArgsクラス(System.Windows.Forms名前空間)

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
DataGridViewコントロールで特定の値のセルを強調表示するには?
DataGridViewコントロールでセル選択を行単位のみで行うようにするには?
[ASP.NET]DataGridコントロールのヘッダーを結合するには?
DataGridコントロールでクリックされたセルの位置を取得するには?
DataGridViewコントロールで選択されている行やセルを調べるには?[2.0のみ、C#、VB]
DataGridViewコントロールで複数のセルや行の選択を禁止するには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH