.NET TIPS

DataGridViewコントロールで行の削除時に確認を行うには?[2.0のみ、C#、VB]

デジタルアドバンテージ 遠藤 孝信
2007/02/22

 DataGridViewコントロールでは、行を選択して[Delete]キーを押すだけで行を削除できる。本稿ではこの際に確認メッセージを表示する方法について解説する。

 次の画面は、行の削除時にメッセージボックスを表示して、削除の確認を行っている例だ。


行の削除時に確認メッセージを表示するDataGridViewコントロール
行を選択し[Delete]キーを押すとメッセージボックスが表示される。ここで[いいえ]を選択すると削除処理はキャンセルされる。

 DataGridViewコントロールでは、行が削除されようとしたときにはUserDeletingRowイベントが発生する。よって、このタイミングで確認のメッセージボックスを表示すればよい(複数の行が選択されて[Delete]キーが押された場合には、選択されている各行についてUserDeletingRowイベントが発生する)。

 また、UserDeletingRowイベント・ハンドラでは、メソッドの第2パラメータで渡されるDataGridViewRowCancelEventArgsオブジェクト(System.Windows.Forms名前空間)のCancelプロパティをtrueに設定することによって、行の削除をキャンセルできる。

 以下に、行の削除時に確認メッセージを表示するサンプル・プログラムを示す。上記のDataGridViewコントロールの画面はこれを実行したときのものだ。

// dgvconfirm.cs

using System;
using System.Drawing;
using System.Windows.Forms;

public class MyForm : Form {

  DataGridView dgv;

  // DataGridViewのUserDeletingRowイベント・ハンドラ
  void dgv_UserDeletingRow(object sender, DataGridViewRowCancelEventArgs e) {
    if (MessageBox.Show(
        "実行しますか?",
        "行の削除",
        MessageBoxButtons.YesNo) == DialogResult.No) {
      e.Cancel = true; // 削除をキャンセル
    }
  }

  // フォームのLoadイベント・ハンドラ
  void MyForm_Load(object sender, EventArgs e) {
    dgv.ColumnCount = 3;
  }

  // フォームのコンストラクタ
  public MyForm() {
    dgv = new DataGridView();
    dgv.Dock = DockStyle.Fill;
    dgv.UserDeletingRow += new DataGridViewRowCancelEventHandler(dgv_UserDeletingRow);
    this.Controls.Add(dgv);
    this.Size = new Size(480, 240);
    this.Load += new EventHandler(MyForm_Load);
  }
}

class Program {
  [STAThread]
  static void Main() {
    Application.Run(new MyForm());
  }
}

// コンパイル方法:csc dgvconfirm.cs
行の削除時に確認を行うC#のサンプル・プログラム(dgvconfirm.cs)

' dgvconfirm.vb

Imports System
Imports System.Drawing
Imports System.Windows.Forms

Public Class MyForm
    Inherits Form

  WithEvents Dim dgv As DataGridView

  ' DataGridViewのUserDeletingRowイベント・ハンドラ
  Sub dgv_UserDeletingRow(sender As Object , e As DataGridViewRowCancelEventArgs) Handles dgv.UserDeletingRow
    If MessageBox.Show( _
      "実行しますか?", _
      "行の削除", _
      MessageBoxButtons.YesNo) _
        = System.Windows.Forms.DialogResult.No Then
      e.Cancel = True ' 削除をキャンセル
    End If
  End Sub

  ' フォームのLoadイベント・ハンドラ
  Sub MyForm_Load(sender As Object, e As EventArgs) Handles MyBase.Load
    dgv.ColumnCount = 3
  End Sub

  ' フォームのコンストラクタ
  Public Sub New()
    dgv = New DataGridView()
    dgv.Dock = DockStyle.Fill
    Me.Controls.Add(dgv)
    Me.Size = new Size(480, 240)
  End Sub
End Class

' コンパイル方法:vbc /main:MyForm dgvconfirm.vb
行の削除時に確認を行うVBのサンプル・プログラム(dgvconfirm.vb)

 DataGridViewCellFormattingEventArgsオブジェクトのRowプロパティからは、ユーザーにより削除されようとしている行を取得することもできる。これを利用して、確認メッセージに行の内容も表示するようにすれば、ユーザーによる削除ミスをより減らすことができるだろう。End of Article

利用可能バージョン:.NET Framework 2.0のみ
カテゴリ:Windowsフォーム 処理対象:DataGridViewコントロール
使用ライブラリ:DataGridViewコントロール
使用ライブラリ:DataGridViewRowCancelEventArgsクラス(System.Windows.Forms名前空間)

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
[ASP.NET]DataGridコントロールの削除ボタンで確認メッセージを表示するには?
[ASP.NET]DataGridコントロールに削除ボタンを追加するには?
DataGridViewコントロールで行番号を表示するには?
[ASP.NET]DataGridコントロールですべての行にアクセスするには?
[ASP.NET]DataGridコントロールのヘッダーを複数行にするには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH