.NET TIPS

画像を回転/反転させるには?[C#、VB]

デジタルアドバンテージ 遠藤 孝信
2007/04/26

 System.Drawing名前空間のImageクラスには、画像(Imageオブジェクト)を90度単位で回転させたり、水平方向あるいは垂直方向に反転させたりするためのRotateFlipメソッドが用意されており、簡単に画像の回転/反転が行える。このメソッドでは、パラメータとしてRotateFlipType列挙体(System.Drawing名前空間)の値(詳しくは後述)を指定するだけだ。

 次のサンプル・プログラムは、カレント・ディレクトリにある画像ファイル「test.jpg」を読み込み、90度時計回りに回転させてから「test90.jpg」というファイル名で保存する。

using System;
using System.Drawing;
using System.Drawing.Imaging;

class ImageRotation {
  static void Main() {
    // 画像の読み込み
    Image img = Image.FromFile("test.jpg");

    // 画像を90度時計回りに回転
    img.RotateFlip(RotateFlipType.Rotate90FlipNone);

    // 画像の保存
    img.Save("test90.jpg", ImageFormat.Jpeg);
  }
}
Imports System
Imports System.Drawing
Imports System.Drawing.Imaging

Class ImageRotation
  Shared Sub Main()
    ' 画像の読み込み
    Dim img As Image = Image.FromFile("test.jpg")

    ' 画像を90度時計回りに回転
    img.RotateFlip(RotateFlipType.Rotate90FlipNone)

    ' 画像の保存
    img.Save("test90.jpg", ImageFormat.Jpeg)
  End Sub
End Class
90度回転させた画像を保存するサンプル・プログラム(上:C#、下:VB)

 なおこのサンプル・プログラムのように、ImageクラスのSaveメソッドを使用して画像をJPEG形式で保存する際には、保存時の再圧縮により(元のJPEG画像より)若干画質が劣化してしまうので注意が必要だ。

RotateFlipType列挙体の値

 RotateFlipType列挙体で定義されている16個の値と、それぞれの値を使用してRotateFlipメソッドにより.NET TIPSのロゴを回転/反転させた場合の画像を以下に示す。


RotateNoneFlipNone

Rotate90FlipNone

Rotate180FlipNone

Rotate270FlipNone

RotateNoneFlipX

Rotate90FlipX

Rotate180FlipX

Rotate270FlipX

RotateNoneFlipXY

Rotate90FlipXY

Rotate180FlipXY

Rotate270FlipXY

RotateNoneFlipY

Rotate90FlipY

Rotate180FlipY

Rotate270FlipY
RotateFlipType列挙体で定義されている16個の値

 RotateFlipType列挙体の値としては16個が定義されているが、例えば、90度回転した画像(Rotate90FlipNone)と、270度回転した後に水平方向および垂直方向に反転させた画像(Rotate270FlipXY)は同一であり、実質的には回転/反転のパターンは8通りしかない(実際、例えばRotateFlipType.Rotate90FlipNoneとRotateFlipType.Rotate270FlipXYには同じ整数値(1)が割り振られている)。

 ちなみに、上記の16個の画像は次のプログラムにより作成したものだ。

// fliptype.cs

using System;
using System.Drawing;
using System.Drawing.Imaging;

class RotateFlipLogo {
  static void Main() {

    string src = "http://www.atmarkit.co.jp"
               + "/fdotnet/dotnettips/index/dotnettips_m.jpg";
    Image img;

    // .NET TIPSのロゴからImageオブジェクトを作成
    using (System.Net.WebClient wc = new System.Net.WebClient())
    using (System.IO.Stream st = wc.OpenRead(src)) {
      img = Image.FromStream(st);
    }

    foreach (string n in Enum.GetNames(typeof(RotateFlipType))) {

      // Imageオブジェクトのコピーを作成
      Image tmpimg = (Image)img.Clone();

      // 「列挙体の値の名前」から「列挙体の値」に変換
      RotateFlipType rft
        = (RotateFlipType)Enum.Parse(typeof(RotateFlipType), n);

      tmpimg.RotateFlip(rft);

      tmpimg.Save(n + ".jpg", ImageFormat.Jpeg);
      tmpimg.Dispose();
    }
    img.Dispose();
  }
}

// コンパイル方法:csc fliptype.cs
.NET TIPSのロゴを回転/反転させて保存するC#のサンプル・プログラム(fliptype.cs)

' fliptype.vb

Imports System
Imports System.Drawing
Imports System.Drawing.Imaging

Class RotateFlipLogo
  Shared Sub Main()

    Dim url As String = "http://www.atmarkit.co.jp" _
                      + "/fdotnet/dotnettips/index/dotnettips_m.jpg"
    Dim img As Image

    ' .NET TIPSのロゴからImageオブジェクトを作成
    Using wc As New System.Net.WebClient()
      Using st As System.IO.Stream = wc.OpenRead(url)
        img = Image.FromStream(st)
      End Using
    End Using

    ' RotateFlipType列挙体の各値の名前を列挙
    For Each n As String _
                In [Enum].GetNames(GetType(RotateFlipType))

      ' Imageオブジェクトのコピーを作成
      Dim tmpimg As Image = CType(img.Clone(), Image)

      ' 「列挙体の値の名前」から「列挙体の値」に変換
      Dim rft As RotateFlipType = _
        CType([Enum].Parse(GetType(RotateFlipType), n) _
          , RotateFlipType)

      tmpimg.RotateFlip(rft)

      tmpimg.Save(n + ".jpg", ImageFormat.Jpeg)
      tmpimg.Dispose()
    Next
    img.Dispose()
  End Sub
End Class

' コンパイル方法:vbc fliptype.vb
.NET TIPSのロゴを回転/反転させて保存するVBのサンプル・プログラム(fliptype.cs)

 このプログラムを実行すると、カレント・ディレクトリに16個のJPEGファイルが作成される。End of Article

カテゴリ:クラス・ライブラリ 処理対象:ビットマップ
使用ライブラリ:Imageクラス(System.Drawing名前空間)
使用ライブラリ:RotateFlipType列挙体(System.Drawing名前空間)

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
画像ファイルを高速に読み込むには?
画像をファイルに保存するには?
より高速にサムネイル画像(縮小画像)を作成するには?
サムネイル画像(縮小画像)を作成するには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH