.NET TIPS

ヘルプ・ドキュメント(.hxsファイル)をHTMLファイルに変換するには?

デジタルアドバンテージ 遠藤 孝信
2008/04/24

 Visual Studioや.NET Framework SDKのヘルプ・ドキュメントの内容はHTMLで記述されているが、実際にはいくつかのHTMLファイルをまとめたバイナリ形式の.hxsファイルとしてインストールされおり、その閲覧には付属のDocument Explorerなどが必要となる。


Document Explorerで表示するヘルプ・ドキュメント

 .hxsファイルは扱いが楽で検索も速いという利点はあるが、バイナリ形式であるため、独自の検索を行ったり、内容の一部を引用したりして活用するのは困難だ。本稿では、ヘルプ・ドキュメント(.hxsファイル)をHTMLファイルに戻す方法について解説する。

 なお本稿では、開発環境としてVisual Studio 2008がインストールされているものとする。

Visual Studio SDKに含まれるHxComp.exe

 .hxsファイルは、HxComp.exeというヘルプ・ファイルのビルド・ツールを使って逆コンパイルすることにより、元のHTMLファイルに戻すことが可能だ。

 HxComp.exeは、Visual Studio 2008 SDKに付属するツールで、これは以下のリンクより無償でダウンロードできる。

 なお、Visual Studio 2008 SDKをインストールするには、コンピュータにVisual Studio 2008 Standard Edition以上がインストールされている必要がある(Express Editionは不可)。

 ちなみに、Visual Studio 2008の場合には、ヘルプ・ファイル(MSDNライブラリ)は、次のディレクトリに、.hxsファイルとして格納されている。

c:\Program Files\MSDN\MSDN9.0\1041

HxComp.exeの実行方法

 Visual Studio 2008 SDKのインストールが完了すると、HxComp.exeが次のパスに配置されるはずだ。

c:\Program Files\Common Files\microsoft shared\Help 2.0 Compiler\HxComp.exe

 HxComp.exeにより、.hxsファイルを逆コンパイルするには、コマンドプロンプトで次のようにして行う。

HxComp.exe -u <.hxsファイル> -d <展開先ディレクトリ>
HxComp.exeによる.hxsファイルの逆コンパイル

 なお、-dオプションを指定しない場合は、カレント・ディレクトリにファイルが展開される。End of Article

カテゴリ:開発環境&ツール 処理対象:ツール

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
[ASP.NET]ページから生成されたソース・コードを見るには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH