.NET TIPS

MSDNサブスクリプションで新製品を超高速にダウンロードするには?

デジタルアドバンテージ 遠藤 孝信
2009/08/13

 .NET開発者にとってはすでにおなじみだと思われるが、最新の開発ツールやOSを、店頭などよりも早期に、ネットワーク経由で入手できる「MSDNサブスクリプション」という有償サービスがある。先日(2009年8月12日)にはWindows 7の日本語版が公開され、このサービスによりさっそくダウンロードされた方も多いはずだ。


図1 MSDNサブスクリプションのダウンロード・ページ
最新の開発ツールやOSをダウンロードできる。

 しかし、Windows 7などのような“大物”ソフトウェアの場合、特に公開初日などではアクセスが集中するためか、ダウンロードに非常に時間がかかることがある。

 このMSDNサブスクリプションでは、ソフトウェアのダウンロードは通常「File Transfer Manager」というダウンロード・ツールによって行うが*、8月12日に筆者がWindows 7をダウンロードしようとしたところ、ダウンロード速度は20〜100Kbytes/秒程度にしかならず、これでは2Gbytes超のISOファイルをダウンロードするのに10時間近くかかることになる(図3の左上を参照)。

* File Transfer Managerは、MSDNサブスクリプションで初めてダウンロードを行う際に、自動的にインストールが開始される。

Akamai Download Managerによるダウンロード

 上記のように、File Transfer Managerでのダウンロードに時間がかかる場合には、「トップ ダウンロード」のページを試してみるとよい。ページの左上のメニュー部分に、このページへのリンクがある(図2の赤枠部分)。


図2 MSDNサブスクリプションの「トップダウンロード」ページ
赤枠のリンクをクリックするとトップダウンロードに移動できる。アクセス量が多いと思われる新製品がここに用意される。

 このページ上部に「トップ ダウンロードでは、新しく利用可能になった特定のダウンロードが表示され、提供開始時のアクセス量の多い製品のダウンロードをサポートしています。ダウンロードの要求のピークを越えた後は、MSDN サブスクライバ ダウンロードからご利用いただけます。」とあるように、ここにはアクセスが特に集中しているソフトウェアのダウンロード用のリンクが用意されている。

 各リンクをクリックすることによりダウンロードが開始するのだが、このページからダウンロードする場合には、File Transfer Managerではなく、「Akamai Download Manager」という異なるダウンロード・ツールが実行される(図3の下)。

 そしてこちらでは、File Transfer Managerで30Kbytes/秒程度のときでさえも、1〜4Mbytes/秒もの速度でダウンロードが可能なようだ(実際、2.3GbytesのWindows 7のISOファイルを8分間でダウンロードできた)。


図3 Akamai Download Managerによるダウンロード
ダウンロード速度を比較するために、同じISOファイルを、File Transfer Manager( )とAkamai Download Manager( )の両方で同時にダウンロードしている。Akamai Download Managerの方が50〜100倍近い速度が出るようだ。
  File Transfer Manager
  Akamai Download Manager
  にある[Details]ボタンで開くダウンロードについての詳細画面

 ちなみにAkamaiとは、世界中に配置したサーバと高速ネットワークによりコンテンツ配信を行っている企業で、MSDNサブスクリプションのコンテンツ(ファイル)はAkamaiを利用して配信しているようである。

 あまり知られておらず、まだ利用者が少ないために高速なだけかもしれないが、通常のダウンロードでは待ちきれないという場合には試してみてほしい。End of Article

カテゴリ:開発環境&ツール 処理対象:ツール

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
ファイルのダウンロードをレジューム(再開)するには?
ファイル・ダウンロード時の最大同時接続数を変更するには?
ファイルをダウンロードさせるには?[JavaScript]
サーバにより指定されたファイル名でファイルをダウンロードして保存するには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH