特集

NetDictionaryで始める
Webサービス・プログラミング
第2回 Visual Studio .NETで作るWebサービス・クライアント

― Webサービスを利用するプログラム開発をステップ図解する ―


デジタルアドバンテージ
2001/09/29


 前回は、コンピュータ用語事典であるInsider’s Computer Dictionary(以下ICD)やNetDictionaryプロジェクトとは何かについて説明した。第2回目の今回は、現在公開中のICD Webサービスを利用したアプリケーションをVisual Studio .NET(以下VS .NET)で作るための方法をご紹介しよう。最初なので、最も単純なサンプル・プログラムを例にとり、開発の各ステップを画面などを交えながら丁寧に解説していく。掲載した画面を見れば、VS .NETを使ったプログラム開発に詳しくないプログラマでも、Webサービス・クライアント開発の実際を肌で感じることができるだろう。VS .NET日本語ベータ2の配布が雑誌の付録などでも大々的に開始されたため、これを入手された読者も少なくないはずだ。この記事を機会に、ぜひともWebサービスを使うプログラム開発にチャレンジしていただきたい。

 今回作成するのは、次のような画面を持つWindowsアプリケーションだ。調べたい単語を入力してボタンをクリックすれば、その意味が表示される。用語辞典であるICD Webサービスを利用したクライアントの、最も素直な実装といえるだろう。

今回作成するアプリケーションの実行画面
最も単純なコンピュータ用語検索プログラム。上のテキスト・ボックスに調べたい単語を入力して[button1]ボタンをクリックすれば、その意味が表示される。
  調べたい単語を入力する。
  ボタンをクリックして検索を開始する。
  単語が登録されていれば、ここにその意味が表示される。


 

 INDEX
  [特集]NetDictionaryで始めるWebサービス・プログラミング
第2回 Visual Studio .NETで作るWebサービス・クライアント
    1.ICD Webサービスを試す
    2.見出し語を検索する
    3.単語の意味を取得する
    4.Visual Studio .NETを起動する
    5.GUIを作成する
    6.Web参照を追加する
    7.追加されたWeb参照とプロキス・クラス
    8.ネームスペースの指定を追加する
    9.イベント・ハンドラを記述する
    10.アプリケーションを実行する
 
 特集 : NetDictionaryプロジェクト


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH