連載 .NETでWindowsアプリを作ろう

第1回 Google画像検索アプリを作ろう

デジタルアドバンテージ 遠藤 孝信
2005/06/25
Page1 Page2 Page3

Google用プラグインの作成

 Googleの下調べが終わり、必要なモジュールもそろったところで、実際にGoogle用プラグインをコーディングしていきましょう。

 ここではVS.NETをいったん閉じるか、あるいはもう1つVS.NETを起動して、まずGoogle用プラグインの新しいプロジェクト「WISGoogle」を作ります。プラグインとなるDLLファイルを作成するので、新しいプロジェクトではテンプレートとして「クラス ライブラリ」を選択します。

 プラグインは、先ほど作成したWebImageクラスとIWebImageインターフェイスに基づいてコーディングを行うため、プロジェクトの準備が出来たら、先ほど作成したDLLファイルをWISGoogleプロジェクトの参照設定に追加します。これはソリューション・エクスプローラでWISGoogleプロジェクト内にある[参照設定]を右クリックし、[参照の追加]で先ほど作成したWebImageLib.dllを指定します。

 さらにURLエンコーディング用のHttpUtilityクラス(System.Web名前空間)が含まれている.NETのコンポーネントである「System.Web.dll」も参照設定が必要となります(クラス・ライブラリ作成用のテンプレートでは、デフォルトではこのコンポーネントは参照設定されていません)。

 では、コードを書いていきましょう。クラス名はGoogleImageクラスとします。このクラスは自動作成されているファイル「Class1.cs」を「GoogleImage.cs」にリネームして記述します。

 GoogleImageクラスでは次の2つのフィールドによりオブジェクトの内部状態を管理します(VB.NET版では_hasNextと_currentPage)。

  • hasNext:次のページが存在するかどうかを示すbool値
  • currentPage:現在の検索結果ページのページ番号

 hasNextフィールドは1ページを取得したときに「次へ」のリンクがあればtrueに、なければfalseにセットされます。currentPgaeフィールドは、GetImagesメソッドにより取得対象となるページを示すものです。

 Web検索を行い、その結果をWebImageオブジェクトの配列として返すGetImagesメソッドの内部は大まかには次のようになります(全リストは冒頭で紹介したダウンロード用のプロジェクトか、リスト脚注にあるGoogleImage.csあるいはGoogleImage.vbを参照してください)。

static Encoding sjisEnc = Encoding.GetEncoding("Shift_JIS");
string url = "http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q={0}&start={1}&filter=0&safe=off";

public WebImage[] GetImages(string query)
{
  ArrayList images = new ArrayList();
  if (query != "")
  {
    string html = readPage(
      String.Format(url, System.Web.HttpUtility.UrlEncode(query, sjisEnc), currentPage * 20));

      ……略……
      文字列htmlを解析して必要なURLを切り出し、
      すべてArrayListコレクションに追加していく

      images.Add(new WebImage(small, large, page));
      ……略……

    // 「次へ」のリンク・テキストをチェック
    hasNext = html.IndexOf("<span class=b><b>次へ</b></span>") == -1 ? false : true;
  }
  // 配列に変換
  return (WebImage[])images.ToArray(typeof(WebImage));
}
Shared sjisEnc As Encoding = Encoding.GetEncoding("Shift_JIS")
Dim url As String = "http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q={0}&start={1}&filter=0&safe=off"

Public Function GetImages(ByVal query As String) As WebImageLibVB.WebImage() Implements WebImageLibVB.IWebImage.GetImages
  Dim images As New ArrayList
  If query <> "" Then
    Dim html As String = readPage( _
      String.Format(url, System.Web.HttpUtility.UrlEncode(query, sjisEnc), _currentPage * 20))

      ……略……
      文字列htmlを解析して必要なURLを切り出し、
      すべてArrayListコレクションに追加していく

      images.Add(New WebImage(small, large, page))
      ……略……

    ' 「次へ」のリンク・テキストをチェック
    If html.IndexOf("<span class=b><b>次へ</b></span>") = -1 Then
      _hasNext = False
    Else
      _hasNext = True
    End If
  End If
  ' 配列に変換
  Return CType(images.ToArray(GetType(WebImage)), WebImage())
End Function
IWebImageインターフェイスのGetImagesメソッドの実装の概略(上:C#、下:VB.NET)

 readPageメソッドは、指定されたWebページを読み取ってHTMLデータを文字列として返します(これについては「.NET TIPS:WebClientクラスでWebページを取得するには?」を参照)。

 ここでは、readPageメソッドにより読み込んだ検索結果ページを解析し、必要なURLを切り出して、順にコレクションに追加していきます。そしてそれをWebImageクラスの配列に変換して返します。また、「次へ」のリンク文字列の有無をチェックしてhasNextフィールドを設定します。

 MoveNextメソッドでは、次のページがあればcurrentPageフィールドを1進め、なければ何もしません。GetImagesメソッドを呼び出して検索結果を取得し、次にこのメソッドを呼び出してfalseが返ってくれば、それ以上は検索結果がないことになります。

public bool MoveNext()
{
  if (hasNext)
  {
    currentPage++;
  }
  return hasNext;
}
Public Function MoveNext() As Boolean Implements WebImageLibVB.IWebImage.MoveNext
  If _hasNext Then
    _currentPage = _currentPage + 1
  End If
  Return _hasNext
End Function
IWebImageインターフェイスのMoveNextメソッドの実装(上:C#、下:VB.NET)

 Nameプロパティは、単にメイン・ウィンドウのコンボボックスに表示される表示名を返すだけです。

public string Name
{
  get { return "Google"; }
}
Public ReadOnly Property Name() As String Implements WebImageLibVB.IWebImage.Name
  Get
    Return "Google"
  End Get
End Property
IWebImageインターフェイスのNameプロパティの実装(上:C#、下:VB.NET)

 Resetメソッドはオブジェクト内部の状態を初期化するメソッドです。このクラスのコンストラクタでは、このResetメソッドを呼び出してフィールドを初期化します。

public void Reset()
{
  hasNext = false;
  currentPage = 0;
}
Public Sub Reset() Implements WebImageLibVB.IWebImage.Reset
  _hasNext = False
  _currentPage = 0
End Sub
IWebImageインターフェイスのResetメソッドの実装(上:C#、下:VB.NET)

 ほかのメソッドやプロパティについてはソース・コードを参照してください。WISGoogleプロジェクトをビルドするとGoogle用プラグインであるWISGoogle.dllが出来上がります。

■Google用プラグインのテスト

 以上で完成ですが、このままではつまらないので、次のような簡単なテスト・クラス(GoogleTestクラス)を追加して、実際に動かしてみましょう。このクラスはGoogleImageクラスと同じファイルに記述します。

public class GoogleTest
{
  static void Main()
  {
    string query = "c#";
    IWebImage google = new GoogleImage();
    do
    {
      foreach (WebImage wi in google.GetImages(query))
      {
        Console.WriteLine(google.CurrentPage);
        Console.WriteLine(wi.SmallImageURL);
        Console.WriteLine(wi.LargeImageURL);
        Console.WriteLine(wi.DetailPageURL);
      }
    } while (google.MoveNext());
  }
}
Public Class GoogleTest
  Shared Sub Main()
    Dim query As String = "c#"
    Dim google As New GoogleImage

    Do
      For Each wi As WebImage In google.GetImages(query)
        Console.WriteLine(google.CurrentPage)
        Console.WriteLine(wi.SmallImageURL)
        Console.WriteLine(wi.LargeImageURL)
        Console.WriteLine(wi.DetailPageURL)
      Next
    Loop Until google.MoveNext() = False
  End Sub
End Class
Google用プラグインをテストするためのコード(上:C#、下:VB.NET)

 そして、プロジェクトのプロパティを開き、次の画面のように「出力の種類」を、[クラス ライブラリ]から[Windowsアプリケーション]に一時的に変更します。そして実行すれば、このMainメソッドのWriteLineメソッドによる出力がVS.NET内の[出力]ウィンドウに表示されます。

プロジェクトのプロパティ(画面はC#の場合)
コードにMainメソッドを追加し、「出力の種類」を[クラス ライブラリ]から[Windowsアプリケーション]に変更することによりEXEファイルが作成され、単体で実行できるようになる。またVS.NETでは、出力の種類を[Windowsアプリケーション]にすると、コンソール画面への出力はVS.NETの[出力]ウィンドウに出力される。

 [出力]ウィンドウには画像やページのURLがだらだらと表示されれば成功です。各URLは、[CTRL]キーを押しながらマウスで左クリックすれば、VS.NET内に画像やページが表示され、それらが正しいリンク先となっているかを確認できます。

Google用プラグインのテスト実行結果
[出力]ウィンドウには画像やページのURLが表示されていく。この画面はその1つを[CTRL]キーを押しながらマウスで左クリックし、URLが示す画像を表示したところ。

 今回はGoogle用プラグインを作成しましたが、同様の手順によりIWebImageインターフェイスを実装したクラスを作成すれば、別の検索サイトに対応したプラグインも作成可能です。このようにして作ったDLLファイルは、実行ファイルのみのzipファイルに含まれているWebImageSearch.exeのあるディレクトリにコピーすれば、アプリケーション(WebImageSearch.exe)から使えるようになるはずです。時間があったら試してみてください。

 さて次回は、拡大/縮小可能なサムネイル画像を並べて表示する、本アプリケーションのコアともいえる「サムネイル・ビューア・コントロール」を作成します。これはほかのアプリケーションでも流用できるように独立したコントロールにする予定です。お楽しみに。End of Article


 INDEX
  .NETでWindowsアプリを作ろう
  第1回 Google画像検索アプリを作ろう
    1.Web画像検索ツール「WebImageSearch」
    2.Web画像用のWebImageクラスの作成
  3.Google用プラグインの作成
 
インデックス・ページヘ  「.NETでWindowsアプリを作ろう 」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH