第1回 読者アンケート結果
― 「Java vs. C#」今後のシステム開発を担う言語は? ―

小柴豊
@IT マーケティングサービス担当
2001/04/19


 Insider.NETフォーラムでは、2001年2月から3月にかけて読者アンケートを実施した。第1回目の今回は、Microsoft.NET開発の基本となるC#およびその他の言語について、読者の使用状況/使用意向を中心に伺ってみた。それでは早速その主な結果を紹介しよう。

開発言語の主流は、VBからC#/Javaへ?

 まずさまざまな開発言語の中で、「読者が現在よく使っている言語」を質問したところ、トップ3は 「Basic/Visual Basic」「C/C++」「Java」 の順となった(図1)。一方「今後使ってみたい/興味のある言語」では、 「C#」 および「Java」 への期待が大きい反面、「Basic/VB」 への支持が低下している点が注目される。こうした言語指向の変化は、ソフトウェア開発の焦点が「Windowsアプリケーション」から「Webアプリケーション」へと転換していく時代を示唆しているようにも思われる。

図1 開発言語使用状況/使用意向(複数回答可。数値は全体に対する回答数をパーセント表示したもの)

「Java vs. C#」、それぞれの理由は?

 開発言語について、さらに「今後のシステム開発でもっとも使用頻度が高まると思われる言語」を1つだけ選択してもらったところ、大きく「Java派」と「C#派」に分かれる結果となった(図2)。

図2 今後のシステム開発でもっとも使用頻度が高まると思われる言語

 それでは、上記言語が選択された理由は何だろうか? Java/C# について寄せられた読者のコメントを整理すると、それぞれ以下のような支持構造を持つことが分かった。

Java : マルチプラットフォーム+Java2アーキテクチャ

  • 「プラットフォーム非依存」な特性が、サーバサイド/Webアプリケーション開発における標準となっていく。
  • エンタープライズでのJ2EE, モバイルでのJ2ME が、おのおの開発の現場で立ち上がりつつある。

C# : 既存言語の集大成的構造+.NETビジョンの実現言語

  • VB/C++/Java の欠点を超えた言語設計の魅力
  • Microsoft.NET 環境を実現するために最適な言語

 Javaの特性が現在のサーバサイド/Webアプリ開発という実務トレンドの中で評価されているのに対し、C#は言語構造そのものや.NETという世界観に対して期待されているという状況だ。そもそもC#コンパイラを含む.NET Frameworkがまだベータ段階であるため当然の結果といえるが、今後C#が広く使われていくには、Javaの強みである汎用性にどこまで迫れるかがカギとなりそうだ。

開発ツールは言語に連れ

 次に開発ツールの使用状況/使用意向ついて見てみよう(図3)。言語同様、ここでも「Visual Basic」から「Visual Studio.NET」へという流れが見られると同時に、Java−IDEを代表して「JBuilder」の使用意向が高まっている。

図3 開発ツールの使用状況/使用意向(複数回答可)

Microsoft.NET への興味内容

 最後に、Microsoft.NET の技術仕様や活用法などについて、読者が現在興味を持っていることを見てみよう(図4)。選択肢からのチェックで最も関心が高かったのは「Java と比較した C# プログラミングの要点」。上で見てきたように、この2つの言語の関係は今後も大きな注目を浴びそうだ。

図4 Microsoft.NETの技術仕様や活用法で興味を持っていること(3つまで複数回答可)

 またJava/C#に次いで「XMLSOAPやBizTalk Serverによる異種システム間のデータ交換について」のポイントも高くなっている。1つのプラットフォームによる覇権を目指すよりも、異種システム連携による共存を図るのがB2B時代の現実的な解となるのかもしれない。End of Article

調査概要
調査方法
Insider.NET サイトからリンクした Webアンケート
調査期間
2001年2月13日〜3月12日
有効回答数
130件

関連記事
第2回 読者調査結果発表
連載 C#入門
VB.NET移行の最大のハードルはオブジェクト指向プログラミング
プログラム言語のパラダイムシフト「C#」
 
 「Insider.NET 読者調査結果」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH