連載:〜ScottGu氏のブログより〜

新しいASP.NETのチャート・コントロール:<asp:chart runat="server"/>

Scott Guthrie 著/Chica
2008/12/02

 本記事は、Microsoftの本社副社長であり、ASP.NETやSilverlightなどの開発チームを率いるScott Guthrie氏のブログを翻訳したものです。氏の許可を得て転載しています。

 Microsoftは素晴らしくて新しいASP.NET用のサーバ・コントロール − <asp:chart /> − を先日リリースしました。これは無償で、ASP.NET 3.5上で使用でき、ブラウザでリッチなチャートを利用可能にします。

 インストールすると、<asp:chart />コントロールはツールボックスの“データ”タブの下に表示され、標準のサーバ・コントロールとして、すべてのASP.NETページ上で簡単に宣言できます(図1)。


図1

 <asp:chart />はリッチなチャート − 円グラフ、エリア・グラフ、範囲グラフ、点グラフ、円状グラフ、積層型グラフ、データ分布図、AJAX対応グラフ、ドーナツ・グラフなど − を各種サポートしています。コントロールの宣言内で静的にチャートのデータを宣言することも、動的にそれをデータバインドしてひも付けることもできます。実行時には、サーバ・コントロールは画像を生成し(例えば.PNGファイルなど)、それは、<asp:chart />コントロールから出力される<img/>要素を使用して、クライアントのHTMLページから参照されます。サーバ・コントロールはチャート画像をキャッシュするか、またはそれを永続的にディスクに保存する機能をサポートしています。ほかのサーバ・ソフトウェアをインストールする必要はなく、標準のASP.NETで動作します。

 <asp:chart />の使用方法を理解するために、Microsoft Chart Controls サンプル・プロジェクトのダウンロードをお勧めします。これにはローカルで実行可能な200を超えるASP.NETのサンプル・ページが含まれています。実際の動きを確認するにはVS 2008でWebプロジェクトを開いて起動するだけです。そして、それぞれの.aspxソースを開けば実装方法が確認できます。

 以下の例(Chart Types→Line Charts→3D Line and Curve Chartsの配下)では、線、スプライン、ステップラインのチャートが実行された様子を示しています(図2)。


図2

 以下の例(Chart Types→Pie and Doughnut Chartsの配下)では、円グラフと3Dドーナツ・グラフのオプションの種類を示しています(図3)。


図3

 以下の例(Chart Types→Advanced Financial Chartsの配下)では、いくつかのグラフやチャートの例を示しています(図4)。


図4

 上記のサンプルに加え、より詳細を確認するためには、Microsoft Chart Control ドキュメントをダウンロードしていただくか、またはChart Controls フォーラムでご質問していただくことも可能です。

 標準のASP.NETツールキットに便利(かつ無償)な機能が追加されましたので、さらにリッチな表現やデータのワークフロー・シナリオをASP.NETアプリケーションに簡単に追加できるようになるはずです。

 Hope this helps,

 ScottEnd of Article

   
 
インデックス・ページヘ  「〜ScottGu氏のブログより〜」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH