連載:〜ScottGu氏のブログより〜

ASP.NET MVC 2(リリース候補版2)が利用可能に

Scott Guthrie 著/Chica
2010/02/10

 本記事は、Microsoftの本社副社長であり、ASP.NETやSilverlightなどの開発チームを率いるScott Guthrie氏のブログを翻訳したものです。氏の許可を得て転載しています。
【元記事】 ASP.NET MVC 2 (Release Candidate 2) Now Available (2010/02/05)

[ブログに加え、現在Twitterを使って簡単な更新やリンク共有を行っています。twitter.com/scottguで、私をフォローしてください。]

 本日(2010/02/05)の夕方、ASP.NETチームがVS 2008/.NET 3.5用のASP.NET MVC(RC2、リリース候補版2)を出荷しました。それは、ここからダウンロードできます。

 ASP.NET MVC 2のRC2リリースは、12月に出荷した最初のASP.NET MVC 2 RCビルドのフォローアップです。これには、多くのバグ修正、パフォーマンス改善、いくつかの最終的なAPI、動作の追加や変更などが含まれています。以下は、RC1とRC2リリース間でのいくつかの変更です(詳細は、リリース・ノートを読んでください)。

  • 新しいASP.NET MVC 2の検証機能では、現在、入力検証の代わりにモデル検証が行われています(つまり、モデル・バインディングを使用したときは、単純にモデルの変更された値だけの検証ではなく、すべてのモデル・プロパティが検証されているということです)。この動作の変更は、コミュニティからの広いフィードバックが元になっています。
  • 新しい強く型付けされたHTML入力ヘルパーは、現在ArrayやCollectionのインデックスを参照するラムダ式をサポートしています。つまり、Html.EditorFor(m=>m.Orders[i])のようなコードを書くと、“name”属性にインデックス(例:最初の要素に対してはOrders[0])が含まれ、“value”に適切な値が含まれているHTML<input>要素を出力できます。
  • 新しくテンプレート化されたHtml.EditorForヘルパー・メソッドとHtml.DisplayForヘルパー・メソッドは単純なプロパティを自動的にスキャフォールドします(デフォルトでは複雑なサブ・プロパティを描画しません)。これにより、自動でスキャフォールドされたフォームの生成が簡単になりました。このサポートについては今後のブログ投稿でカバーする予定です。
  • クライアント・スクリプト検証メッセージ要素の“id”属性は、現在よりクリーンになっています。RC1のときには、form0_プレフィックスがありましたが、現在は単純に入力フォーム要素名にvalidationMessageという文字列を付けたものがIDの値になります(例:unitPrice_validationMessage
  • Html.ValidationSummaryヘルパー・メソッドはオプションでブール型のパラメータを取り、それによりモデル・レベルの検証メッセージだけを表示するのか、もしくはプロパティ・レベルの検証メッセージも同時に表示するのかどうかを管理できるようになりました。これにより、UIの中での検証メッセージの表示方法に対して、より多くのUIカスタマイズのオプションが提供されます。
  • デフォルトのASP.NET MVC Webアプリケーションのプロジェクト・テンプレートで作成されるAccountControllerクラスが、よりクリーンになりました。
  • Visual StudioはコントローラおよびDeleteビュー内のDeleteアクション・メソッドに対して、スキャフォールディング・サポートを行っています(前からデフォルトのT4テンプレートがこれをサポートしていないのは変だと、いつも思っていました)。
  • jQuery 1.4.1がデフォルトで新しいASP.NET MVC 2プロジェクトにも含まれるようになり、「-vsdoc」ファイルが含まれているので、それに対するVisual StudioのドキュメトIntelliSenseが提供されます。
  • RC2リリースでは、いくつかの大幅なパフォーマンス・チューニングによる改善がなされています(例:強く型付けされたHTMLヘルパーがベースのラムダ式は非常に速くなりました)。

 本日のRC2リリースはVS 2008および.NET 3.5でのみ動作します。VS 2010 RC(誰でもダウンロードできる予定です)は間もなくリリース予定です。それには、ビルトインのASP. NET MVC 2サポートが含まれています(別でのダウンロードは必要ありません)。

 Hope this helps,

 Scott

 P.S. ASP.NET MVC RC2リリースのソース・コードは(それに付属するMVC Futuresライブラリと一緒に)ここからダウンロードできます。ASP.NET MVC 2についてのより詳細については、現在私が取り組んでいるASP.NET MVC 2ブログ・シリーズで確認できます。End of Article

   
 
インデックス・ページヘ  「〜ScottGu氏のブログより〜」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH