連載:〜ScottGu氏のブログより〜

いくつかのVS 2010 RCの更新(IntelliSenseおよびWebデザイナ修正のパッチを含む)

Scott Guthrie 著/Chica
2010/03/10

 本記事は、Microsoftの本社副社長であり、ASP.NETやSilverlightなどの開発チームを率いるScott Guthrie氏のブログを翻訳したものです。氏の許可を得て転載しています。

[ブログに加え、現在Twitterを使って簡単な更新やリンク共有を行っています。twitter.com/scottguで、私をフォローしてください。]

 Visual Studio 2010の出荷に向けて、前進し続けています。リリース候補版をダウンロードしてお試しいただいたすべての方、そして特にフィードバックをお送りいただいた、あるいは問題点をご報告いただいた方へ大きな感謝の意を述べたいと思います。そのデータは、最終リリースを出荷する前に、残っているバグを見つけ出し、修正する手助けとなる貴重なものでした。

 先月、VS 2010 RCに対してリリースした、IntelliSenseのクラッシュ問題を修正するパッチについてのブログ投稿をしました。先週には、2つの追加パッチをリリースしており、ダウンロードしてVS 2010 RCへ適用できます。これらは、これまでに人々が遭遇した、ほかの2つの共通の問題点をすぐに修正するものです。

ツールチップの起動および識別子上へマウスを移動したときのクラッシュを修正するパッチ

 Visual Studioチームは最近2つ目のパッチをリリースしました。これはツールチップが表示されたときに発生するいくつかのクラッシュを修正します。一番多いのは、QuickInfoツールチップを表示させるために識別子上にマウスを移動したときです。

 このブログ投稿から、この問題点についての詳細が確認でき、ここからそのパッチをダウンロードして適用できます。

Webフォーム・デザイナが自動生成のデザイナ・ファイルへコントロールを正確に追加できない問題点を修正するパッチ

 Visual Web Developerチームは最近、.aspxファイルと関連している.designer.csファイルへWebコントロールを正確に追加できない、つまり、それらがコードビハインド・ファイルに対してプログラムを出力できないという問題点を修正するパッチをリリースしました。

 この問題点は、“コードビハインドでコントロールが認識されない”、または“既存の.aspxファイルを修正して.aspx.designer.(vbおよびcs)ファイルが生成されると、コントロールがなくなっている”、または“Ajax Control ToolkitのTabContainerおよび<asp:createuserwizard>コントロール内にコントロールが埋め込めない”などと表現されていることがよくあります。

 ここからこの問題点についての詳細が確認でき、ここからそれを修正するパッチをダウンロードできます。

Windows XP、Vista、Win Server 2003/2008システムにおけるIntelliSenseおよびIDEの遅延の原因

 優れたマシン上で起動しているにもかかわらず、VS 2010上で入力したり、IntelliSenseを使用したりしたときに、ものすごく遅くなるという報告をしているユーザーを、この数カ月間ときどき見かけました。この原因を突き止めるのには時間がかかりましたが、最新バージョンのUIA(Windowsの自動化)コンポーネントがインストールされていないマシンが共通する犯人であることが分かりました。

 UIA 3がWindows 7で出荷されており、これはXPやVista上でWindowsアップデートのパッチとして推奨されています(私たちのマシンはすべての推奨されるアップデートがパッチとして適用されているため、テストでこの問題に遭遇できなかったのです)。多くのシステム(特にXP上)では、自動的に推奨アップデートがインストールされないので、古いバージョンのUIAが起動されます。これは、大きなリストを表示するとき(例えば、IntelliSenseの利用時)に、VS 2010エディタでの大きなパフォーマンスの低下につながります。

 もし、Windows XP、Vista、Windows Server 2003または2008上で起動されていて、エディタまたはIDEでパフォーマンスの問題にあった場合は、無償のUIA 3更新をインストールしてください。これは、このページからダウンロードできます。そのページでスクロールダウンしていけば、各OSのバージョンへの直接リンクが見つかります。

 ご注意いただきたいのですが、UIA 3がインストールされていなくても大きなパフォーマンス問題にはならないように、VS 2010の最終リリースへ向けて改善を行っており、また、もしUIA 3がインストールされていない、またはアクセシビリティが有効になっている場合には、IDE内でそれを知らせるメッセージの追加も行っています。

WPF 4およびVS 2010での文字描画の改善

 最近、WPF 4にいくつか素晴らしい変更を行っており、VS 2010/.NET 4のリリース候補版にあった文字の明瞭(めいりょう)さ、および鮮明さを改善しています。特にこれらの変更は、暗い背景に明るい色の文字を使った場合のシナリオを改善します。

 これらの改善点の詳細については、WPFチームのブログ投稿で確認できます。これらの変更はVS 2010と.NET 4の最終リリースで行われます。

 Hope this helps,

 ScottEnd of Article

   
 
インデックス・ページヘ  「〜ScottGu氏のブログより〜」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH