特集:Silverlight 2

Deep Zoomプログラミング

デジタルアドバンテージ 岸本 真二郎
2009/01/30
Page1 Page2 Page3

 2008年10月にSilverlight 2がリリースされ、Silverlight SDKやVisual Studio用のツールの提供も始まったことで、Silverlight 2の開発が身近になっている。Silverlight 2ではロジックの記述をC#やVisual Basic(VB)で行えるため、特にWindowsプログラマーにとっては、ソリューションの選択肢が広がったことになる。

 Silverlight 2では、アプリケーション作成の際にさまざまなコンポーネントが利用できるが、この中には、「Deep Zoom」と呼ばれる画像表示用コントロールが含まれている。Deep Zoomを使ったSilverlight 2アプリケーションをWebページに埋め込むと、次に示すように、Webページ上で簡単に画像を拡大/縮小できるようになる。

Microsoft Silverlight を取得
今回作成したSilverlight 2アプリケーション
これは単なる画像ファイルではなく、Silverlight 2アプリケーションである。実際にマウスを使って、この場で操作できる。ボタンをクリックしたり、画像をマウスでドラッグしたりしてほしい。

 この画像は、「.NET TIPS:Visual Studioのキーバインド(キーボード・ショートカット)を一覧するには?」で紹介しているVisual Studioのショートカット・キーのポスターだが、A3サイズで印刷しても小さくて見づらいほどの細かな内容である(元はPDFファイルだが、4610ピクセル×3458ピクセルのビットマップ・ファイルに変換したものをDeep Zoomを使って表示している)。

 これはC#のショートカット・キー一覧だが、よく見ていただくと、ポスターの右下にはVB用のポスターが配置されており、この部分を拡大することでVBのショートカット・キー一覧も確認できる。

 もう1つ、次の画像はSilverlight 2のポスターをDeep Zoomを使って表示している。これは、後述するDeep Zoom Composerというツールで生成したSilverlight 2アプリケーションだ。

Get Microsoft Silverlight
Deep Zoom Composerで生成したSilverlight 2アプリケーション
マウスの左ボタンをクリックするとズームイン、[Shift]キーを押しながらマウスの左ボタンをクリックするとズームアウトする。マウスのホイールでもズームイン/ズームアウトが可能。

 ほかにも、Deep Zoomを使用した例としては、ハードロック・カフェのサイトが有名だ。どんどん画像を拡大しても鮮明な画像が表示されるのに驚かされる(The Beatlesのポール・マッカートニーが送った封筒の切手の部分がさらに拡大できるところに注目)。

 本稿では、このDeep Zoomを使ったプログラミングの概要を紹介する。

Deep Zoomの特徴

 Deep Zoomの特徴は何といっても、拡大を繰り返しても画像が鮮明に表示される点である。さらに、高解像度の画像を表示していても、Webブラウザの処理が重くならない点も重要だ。この2つがDeep Zoomの大きな特徴である。

■画像を事前に分割し、最適な解像度の画像を動的に読み込む

 とはいっても、Deep Zoomが画像を表示する仕組みは、原理的にはそれほど難しいものではない。Deep Zoomでは、表示する画像について、あらかじめ縮小率の異なる複数の画像を用意する。そして、リクエストされたスケールに応じて最適な画像をダウンロードして表示している。

 Deep Zoomではこれを「イメージ・ピラミッド」と呼んでいるが、これに含まれる画像には、最も大きな縮小率(1ピクセル×1ピクセル)からオリジナルの画像(100%)まで、複数の画像が含まれている。

 さらに、それぞれの縮小率の画像について、縦もしくは横幅が256ピクセルを超えるものは、256ピクセルx256ピクセル(タイル)で分割されている。これにより、必要最小限のデータのみをダウンロードして表示することができ、画像表示までの時間が短縮されるわけだ。


Deep Zoomでの画像の分割処理(イメージ・ピラミッド)
Deep Zoomでは、256ピクセル四方の領域に分割された、縮小率の異なる複数の画像が使用される。

 上記のショートカット・キーのポスターの場合では、後述するDeep Zoom Composerにより、17種類の縮小率で処理された画像が生成されている。分割された画像が格納されているフォルダを見ると、実際に分割されている様子が分かる。


Deep Zoom用画像フォルダの内容(一部)
それぞれの縮小率ごとにフォルダが分けられ、その中に分割された画像が格納されている。

 では次に、Deep Zoom Composerを使ったイメージ・ピラミッドの生成方法について解説しよう。

 

 INDEX
  Silverlight 2
  Deep Zoomプログラミング
  1.Deep Zoomの特徴
    2.Deep Zoom Composerを使ったイメージ・ピラミッドの生成
    3.ユーザー・インターフェイスは自分で記述する必要がある


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH