特集:Windows Azure Webサイト入門

新規サイトが素早く立ち上げられるWindows Azure Webサイト

株式会社 pnop 亀渕 景司
2012/07/26
Page1 Page2 Page3

Webアプリケーションの管理

モニタリング

 管理ポータルの[Dashboard]ページおよび[Monitor]ページでは、(次の画面のように)WebサイトのCPU使用率やリクエスト数などを参照できる。

図19 Webサイトのモニタリング

 また、HTTP 404エラーの数などのモニタ項目を追加して、表示させることも可能だ(次の画面を参照)。

図20 モニタ項目の追加
表示させるモニタ項目を追加しているところ。
  [Add Metrics]メニューを選択する。
  一覧からモニタ対象の項目のチェックボックスをOn/Offして設定する。

 いずれにせよWebサイトでは、クラウド・サービスのWebロールと異なり、Windows上で取得できるような詳細なパフォーマンスなどは取得できないので注意が必要だ。

設定とスケール

 Webサイトに関する設定変更やスケールイン/アウトは管理ポータルから行える。

 設定変更を行う[Configure]ページでは、Webサイトに関する以下の設定が可能だ。

.NET Framework Version 使用する.NET Frameworkのバージョンを「v2.0」または「v4.0」から選択
PHP Version PHP 5.3のOn/Off
Hostnames サイトのURL(カスタムのホスト名は予約インスタンスのみで設定可能)
Web Server Logging WebサーバのログのOn/Off
Detailed Error Message 詳細なエラー・メッセージのOn/Off
Failed Request Tracing 失敗した要求のトレース・ログのOn/Off
App Settings Web.configファイルの<AppSettings>要素に該当する設定
Connection Strings Web.configファイルの<ConnectionStrings>要素に該当する設定
Default Documents Web.configファイルの<defaultDocument>要素に該当する設定
表3 設定可能項目一覧

 Webサイトでは、アプリケーション固有の設定や接続文字列など、Web.configファイルを直接編集しなくても、管理ポータル上から編集できるようになっている。

 [Scale]ページ(次の画面を参照)では、Webサイトのインスタンス数の増減や、共有インスタンス/予約インスタンスの切り替えなどが行える。

図21 スケール設定
[Scale]ページで各種設定をしているところ。
  [Web Site Model] …… Webサイトの設定を「Shared」(共有インスタンス)もしくは「Reserved」(予約インスタンス)に変更できる。
  共有インスタンス時のインスタンス数を設定できる([Web Site Model]が「Shared」の場合のみ有効)。
  予約インスタンス時のインスタンス・サイズを一覧から選択できる([Web Site Model]が「Reserved」の場合のみ有効)。
  予約インスタンス時のインスタンス数を設定できる([Web Site Model]が「Reserved」の場合のみ有効)。

 インスタンス数はスライダで簡単に増減が可能だ。なお予約インスタンスに変更すると、全インスタンスが予約インスタンスに移行するので注意が必要だ。

ログ

 Webサイトに関するログはFTP経由でアクセスすることができる(FTPアクセスについては、前述のFTPによる配置の項を参照)。

 「ftp://*.ftp.azurewebsites.windows.net/LogFiles/」フォルダにアクセスすることで、Webサイトのアクセス・ログのほか、エラー・ログやGitのトレース・ログなどを参照可能だ。

*注意: HTTPに関するログを出力するには、あらかじめ[Configure]ページにてログ出力を有効化しておく必要がある。

Webサイトの削除

 Webサイトを削除するには[Dashboard]ページから[Delete]メニューを選択する。関連付けされたリソース(例えばMySQLサービスなど)が存在する場合は、次のような確認ダイアログが表示されるので、併せてそれも削除することが可能だ。

図22 Webサイトの削除確認ダイアログ
関連付けされたリソース(例えばMySQLサービスなど)が存在する場合は、併せてそれも削除することが可能だ。
  [Delete]メニュー …… Webサイトを削除する場合に選択する。
  Webサイトに関連付けされているリソースも同時に削除する場合、対象リソースにチェックを付ける。

*補足: リソースの関連付けは新管理ポータルで追加された機能だ。新管理ポータルではWindows AzureストレージやSQL Databaseなど1つのシステム/アプリケーションに関連するリソースをまとめて把握することが可能になっている。

まとめ

 これまでのWindows Azureクラウド・サービスと比べ、一段とPaaS度が増したWebサイト、いかがだっただろうか。

 マルチテナントによる制限事項も多々あるが、GitやTFSによる継続的デプロイメントの実現や管理対象の矮小化(わいしょうか)など、Webアプリケーションのホストとしては申し分ない環境だ。ぜひこの機会に存分に評価し、皆さまのサービスに活用していただければ幸いだ。end of article

 

 INDEX
  [特集]Windows Azure Webサイト入門
  新規サイトが素早く立ち上げられるWindows Azure Webサイト
    1.Windows Azure Webサイトの概要/Webロールとの比較/新規作成
    2.Webアプリケーションの開発と配置/WebMatrix 2の利用
  3.Webアプリケーションの管理


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH