特集:Windows Phone Marketplace

Windows Phoneアプリ市場の現状を分析する

山口 健太(Windows Phoneブログ「ななふぉ」管理人)
2012/01/27

 Windows Phoneのアプリ・ストアである「Windows Phone Marketplace」には、すでに5万種類以上のアプリが登録されています。Windows Phone端末やZuneソフトウェア、Webブラウザを使ってMarketplaceを検索することはできますが、アプリ数は日々増加しており、その全体像を把握するのはなかなか難しいものです。

 そこで本稿では、Marketplaceに登録されている全てのアプリ情報*1を分析することで、Marketplaceの全体像を明らかにしたいと思います。

*1 分析対象のデータは、Windows Phone Marketplaceから取得し、独自にカウントしたものです。

 なお、記事中では2012年1月20日現在のデータを使用しています。

総アプリ数

 Marketplaceからダウンロードできるアプリは、全部で5万5449個あります。

 これ以外にも、一度登録されて削除されたアプリ、ベータ公開やプライベート公開の仕組みを使って登録されたアプリなど、一般のユーザーではダウンロードできないアプリも存在します。そのため、統計によってはもう少し大きな数字が公表されることもあります。

国・地域別のアプリ数

 Windows Phone Marketplaceは国や地域別に分けられています。例えば米国向けは「en-US」、日本向けは「ja-JP」という識別子で区別されます。この識別子はWindows Live IDと対応しています。

 Windows Phoneには複数のWindows Live IDを設定できますが、最初に設定したLive IDがメインのIDとなります。Windows Phone端末に設定した最初のLive IDが日本のLive IDの場合、その端末には日本向けのアプリしかインストールできません。

 以下に主な国・地域別のアプリ数を示します。

国・地域別: 国・地域別アプリ数

 Marketplaceに存在する5万5449個のアプリのうち、日本のLive IDで使えるアプリは日本向けに公開されている2万9747個に限られます。日本やロシア、台湾など、Windows Phone 7.5で新しく対応した国や地域は、対応アプリ数がやや少ない傾向にあります。しかしその数は日々増加しています。

 以下、日本向けのアプリ2万9747個を対象に、さらに掘り下げた分析をしていきたいと思います。

言語別のアプリ数

 Windows Phoneアプリは、複数の言語に対応することができます。例えば英語と日本語に対応したアプリは、英語版と日本語版両方のユーザー・インターフェイスを備えています。

 アプリが対応する言語は前述した国や地域とは関係なく、独立した要素です。そのため日本向けに公開されているアプリであっても、英語にしか対応していないアプリも少なくありません。

 以下に言語別のアプリ数を示します。

言語別: 言語別アプリ数

 全体の85%以上のアプリが英語をサポートしていることが分かります。

 次に、英語以外の言語別アプリ数を示します。

言語別: 言語別アプリ数(英語以外)

 上位を占めるドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語は、Windows Phone 7のころから対応している言語です。一方、Windows Phone 7.5から対応した新言語の中では、日本語が最大となっています。

 しかし日本語に対応しているアプリは約3%の990個しかありません。日本向けに公開されているアプリの約97%は日本語に対応していないのです。また、990個の日本語対応アプリの一部は、英語を機械翻訳して日本語に対応しています。ネイティブの日本語ユーザーが見て違和感のないレベルの日本語対応という意味では、さらに数が少なくなります。

 このことから、日本語によるWindows Phoneアプリの開発はまだまだ始まったばかりであるといえるでしょう。

カテゴリ別アプリ数

 Windows Phone Marketplaceには17種類のカテゴリが存在し、各アプリは複数のカテゴリに属することができるようになっています。

カテゴリ別: カテゴリ別のアプリ数

 全体の19%に相当する7803個のアプリが「ゲーム」カテゴリに属しています。次に、「エンターテイメント」「書籍&参考資料」「ツール&生産性」「旅行&ガイド」が続きます。

 逆にアプリ数が少ないカテゴリは、「ビジネス」「写真」「パーソナルファイナンス」「子供&家族」「行政&政治」です。これらのカテゴリはまだ開拓の可能性があるといえるでしょう。

無料アプリと有料アプリ

 Windows Phone Marketplaceには、無料のアプリと有料のアプリがあります。

 以下に無料アプリと有料アプリの割合を示します。

無料・有料: 無料アプリと有料アプリの割合

 全体の7割に相当する2万455個のアプリが無料であることが分かります。

 また、Windows Phone Marketplaceの特徴として、有料のアプリを無料で試せる「試用版」機能をアプリに付与することができます。

 以下に有料アプリ9292個のうち、試用版があるかどうかの割合を示します。

無料・有料: 試用版の割合

 試用版のない有料アプリが上回っているものの、全体の半数近くのアプリに試用版機能があることが分かります。

アプリ価格の割合

 Windows Phoneの有料アプリは、開発者が価格を決定できます。しかしこの価格は1円単位で自由に設定することはできません。有料として最も安い価格は90円で、それ以降は115円、135円、180円など、あらかじめ設定された価格から選択する方式となっています。

 以下に有料アプリ9292個を対象に、アプリ価格の割合を示します。

価格別: アプリ価格の割合

 有料アプリ全体のうち、63%に相当する5851個のアプリが最低価格の90円となっています。さらに、200円以下が19%、500円以下が10%となっており、有料アプリ全体の92%が500円以下に、全体の98%が1000円以下に設定されていることが分かります。

 逆に1000円を超えるアプリは228個しかありません。

アプリ・サイズの割合

 Windows Phone Marketplaceに登録できるアプリは、規約により最大で225Mbytesとなっています。

 以下にアプリ・サイズの割合を示します。

サイズ別: アプリ・サイズの割合

 全体の93%のアプリが10Mbytes以下に収まっていることが分かります。アプリを3G回線でダウンロードすることを考慮すれば、できるだけ小さなサイズに収めたいところです。逆に100Mbytesを超えるアプリは1%しかありません。

 ただし、アプリのファイル・サイズと、端末にインストール後のサイズは異なります。例えば「Motorcycle Maniac」というアプリはファイル・サイズが9Mbytesにもかかわらず、Windows Phoneにインストールすると425Mbytesのストレージ容量を消費します。

 このように、225Mbytesというのは圧縮後のファイル・サイズの制限であることが分かります。この制限をうまく活用すれば、より大きなボリュームのアプリやゲームを作ることが可能になるでしょう。

アプリと評価

 Windows Phone Marketplaceのアプリには、ユーザーが5段階による評価とコメントを付けることができます。

 以下にアプリに付いている評価数の割合を示します。

評価別: 評価数の割合

 日本向けアプリ2万9747件のうち、1件以上の評価が付いているアプリは1479個しかありません。つまり、全体の95%のアプリには1件も評価が付いていないことが分かります。また、評価が10件以上付いているアプリは140個で、これは全体の0.5%に相当します。

 次に、5点満点の点数の割合を示します。

評価別: 点数の割合

 最低の1点台となっているアプリは11%しかなく、8割のアプリが3点以上となっています。全アプリの平均点は3.6点となっています。

 最後に、多くの評価が付いているアプリ上位10個を示します。

アプリ名 発行元 点数 評価数
Eメール KDDI CORPORATION
1.33
747
緊急地震速報 ayonglab
3.94
154
Physi Bricks Stiq Joy LLC
4.38
128
mixi mixi, Inc.
1.88
100
rowi [lite] Hidden Pineapple, LLC
3.79
82
Penguin Mike Newman
4.34
79
ソラダスお天気予報 株式会社エムティーアイ
4.35
72
アドレス帳移行 KDDI CORPORATION
2.49
67
懐中電灯アプリ yamac
4.47
64
ニコアプリ(仮) daisuke nomura
3.49
61
評価別: 評価の多いアプリ上位10個

 日本向けアプリで最もたくさんの評価が付いているのはKDDIによる「Eメール」アプリとなっています。

まとめ

 本稿ではWindows Phone Marketplaceを分析することで、アプリ市場の大まかな現状を明らかにしました。今後、アプリを企画・開発するうえでの助けになれば幸いです。end of article



Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH