Visual Studio .NETによるチーム開発事始め

Visual SourceSafeの環境を構築する

一色 政彦
2003/11/15
Page1 Page2 Page3 Page4

■VSSユーザーの登録

 本稿では、3人の開発者「DevA」「DevB」「DevC」をユーザー登録する。なお、これらのユーザーはVSSデータベースごとに登録しなければならないので注意してほしい。このように、VSSデータベースごとにユーザー登録を行うメリットは、プロジェクト単位でユーザーを管理できるようになり、セキュリティが向上することである。

 VSSデータベースのユーザー・アカウントを追加する前に、「VSSデータベースの選択」を行う必要がある。VSSアドミニストレータのメニューから、[ユーザー]―[データベースを開く]を実行して、先ほど作成したVSSベータベース(本稿では「C:\VSS_BlogX」)を開くことで、VSSデータベースを選択できる。

VSSデータベースの選択
  [ユーザー]―[データベースを開く]を実行して[データベースを開く]ダイアログを表示する
  [参照]ボタンを押すと、「データベースの検索」(ファイル参照)ダイアログが表示される
  先ほど作成したデータベース内の「srcsafe.ini」というファイル(この例では「C:\VSS_BlogX\srcsafe.ini」)を開くと、[Visual SourceSafeデータベースの参照]ダイアログが表示される
  [OK]ボタンを押すと、[データベースを開く]ダイアログの[利用可能なデータベース一覧]にデータベース(この例では「VSS_BlogX」)が追加される
  追加されたデータベースを選択する
  [開く]ボタンを押すと、データベースを選択することできる

 VSSデータベースを選択したら、ユーザー登録の作業を行う。VSSアドミニストレータのメニューから、[ユーザー]―[ユーザーの追加]を実行して、ユーザーを追加する。

VSSデータベースへのユーザー登録
  メニュー・バーから[ユーザー]―[ユーザーの追加]を実行して[ユーザーの追加]ダイアログを開く
  [ユーザー名](この例では「DevB」)を入力する
  [パスワード]を入力する
  [読み取り専用]のチェック・ボックスはチェックしない(デフォルト値)。チェックすると、ソース・ファイルの参照のみ可能なユーザーになる
  [OK]ボタンをクリックすると、ユーザー登録が完了する

 なお、VSSのデフォルトの設定では、ユーザー登録の名前をWindowsログオン名と同じ名前にすることで、自動ログオンが可能になる。この場合、パスワードの設定は無視される。ユーザー名が一致するだけでログインできてしまうというセキュリティ上の問題があるので、信頼できるネットワーク以外では自動ログオンの利用はお勧めできない(詳しくは「マイクロソフト サポート技術情報 - 283618 - INFO: Security Considerations When Using Automatic User Login in Visual SourceSafe」(英語)を参照してほしい)。この自動ログオンの設定を無効にするには、VSSアドミニストレータのメニューから、[ツール]―[オプション]を実行して表示されるダイアログの中から、「ネットワーク ログオン ユーザー名を基に自動的にユーザーをログオン」のチェックを外す。

VSSデータベースへの自動ログオン設定
VSSデータベースの自動ログオンは、デフォルトで有効になっているが、前述したようにセキュリティ上の問題があるので、セキュリティを高めるにはこのチェックを外すとよい。
  メニューから[ツール]―[オプション]を実行して[Visual SourceSafe オプション]ダイアログを開く
  [全般]タブを開いて、[ネットワーク ログオン ユーザー名を基に自動的にユーザーをログオン]のチェックを外す
 

 INDEX
  Visual Studio .NETによるチーム開発事始め
  Visual SourceSafeの環境を構築する
    1.Visual SourceSafeのサーバ環境を構築する
    2.Visual SourceSafeデータベースの作成
  3.Visual SourceSafeユーザーの登録
    4.Visual SourceSafeのクライアント環境の構築
 
インデックス・ページヘ  「Visual Studio .NETによるチーム開発事始め」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH