連載

テラリウム徹底攻略ガイド

第2回 生物プログラミング始めの一歩


デジタルアドバンテージ
2002/05/09
改訂版はこちら(2003/05/10)


テラリウムサロン
テラリウムに関するご質問やご意見はこちらへ

テラリウム・サーバの設定変更

 前回は、テラリウムのインストールと、ゲームを始める前の基本的なセッティングについて説明した。今回はいよいよ、5月1日より公開された日本のテラリウム・サーバに接続してみよう。まずはこのサーバに接続するようにテラリウム・アプリケーションの設定を変更する。

 次の画面はテラリウム・アプリケーションを実行中の画面である。接続するサーバを変更するには、まずテラリウムの画面を右クリックし、表示されるメニューから[Game Settings]を実行する()。

接続するサーバを変更する
これには、テラリウム・アプリケーションの実行画面上でマウスを右クリックし、表示されるショーカット・メニューの[Game Settings]を実行する。
  サーバを変更するにはこれを実行する。

 これにより、[Terrarium Game Settings]ダイアログ・ボックスが表示される。ここで[Server]ボタンをクリックすると、次のようなサーバ設定画面となる。

[Terrarium Game Settings]ダイアログ
接続するサーバの指定や、ファイアウォール・サポートの有無などを指定する。
  接続したいサーバのURLをここに指定する。
  ファイアウォールやNATの環境ではこれをチェックする。

 ここで[Server URL]に、「テラリウム プログラミング コンテストの参加方法(マイクロソフトの解説ページ)」でも発表されている日本のテラリウム・サーバのURLである、

http://www.terrarium.jp/terrarium

を入力して、[Accept Changes]ボタンをクリックする。これで設定変更は完了だ。いったんテラリウム・アプリケーションを終了して、再度起動すれば日本のテラリウム・サーバに接続された状態でゲームが始まる。

 ところで、うえのゲーム画面は、前回の記事中の画面(4月末時点)から約1週間が経過した、米国のテラリウム・サーバへの接続している画面である。すごい勢いで増えていた「cmboarシリーズ(cmboar01〜cmboar14ぐらいまで)」だったが、ついに全米トップ10をcmboarシリーズだけで占拠してしまったようだ。この画面でも動物はcmboarシリーズだけになってしまっている。

飼育器事情の読み方

 さて、日本のサーバに接続してからしばらくすると、ゲーム画面は次のようになった。画面上部にある「Animals: 111」()の表示より、このマシンで動作しているテラリウムのフィールドには111匹の動物が生息していることが分かる。またその下の「Peers: 92」()は、この瞬間に全国で92台のマシンがテラリウム・サーバに接続していることを示している。

日本のサーバに接続したテラリウム・アプリケーション
すでに数多く繁栄している生物がいるようだ。
  フィールド内に生息する生物の数。
  テラリウム・サーバに接続しているアプリケーションの数。
  ここをクリックしてタブを切り替える。
  [Trace Window]と[Population Statistics]のウィンドウを開く。
  [Property Sheet]ウィンドウを開く。

 画面からは、「tabata_02」という名前の「アリ」がたくさんいるように見えるが、111匹のうちどのくらいがこの「tabata_02」なのだろうか。これを調べるためには、まず画面の左下隅の飼育器の部分()をクリックしてタブを切り替える。飼育器とはまさに「Terrarium」のことだ。

 5つ並んでいる正方形のボタンのうち、右端のボタン()をクリックすると、[Trace Window]と[Population Statistics]の2つの子ウィンドウが開く。[Trace Window]ウィンドウは、生物プログラムをトレースするときに、デバッグ情報を表示するためのウィンドウだ。これについてはプログラミングの解説時に説明するとしよう。もう1つの[Population Statistics]ウィンドウ(下図)で、現時点でフィールド上に存在する生物の統計情報を確認できる。なおこのウィンドウは自動では更新されないため、適時、画面右端にある[Refresh]ボタンをクリックして、リストを更新する必要がある。

[Population Statistics]ウィンドウ
現時点でフィールド上に存在する生物の統計情報を確認できる。

 このリストのPopulatioの列から、tabata_02は現在56匹存在しているということが分かる。以下、表の各列は次のような生物の数を表している。

意味
Populatio 現時点でフィールドに存在する生物の数
Births 生まれた数
Starved 餓死した数
Old Age 寿命で死亡した数
Killed 殺された数
Sick 病死した数
Errors プログラムのエラーのために死亡した数
Timeouts プログラムで記述した処理に時間がかかりすぎて死亡した数
Security Violations プログラムがセキュリティ違反を起こしたため死亡した数
Teleported Here テレポートしてきた数
Teleported Away テレポートしていった数
[Population Statistics]ウィンドウの各列の意味

 フィールド上に生物が姿を現したり、消したりする原因は、この表にあるうちのいずれかに当てはまる。この表からは、自分が作成した生物がちゃんと子供を生んでいるか、すぐに絶滅する場合の主原因は何か、などを知ることができる。

 ついでにここで、各生物の個々の状態を見る方法も説明しておこう。まずフィールド上で生物をマウスでクリックすることにより、その生物が持っているエネルギーと、ほかの生物の攻撃によって受けたダメージをグラフで見ることができる。次の拡大図にあるように、生物の左右にある緑のグラフと赤のグラフがそれだ。移動や攻撃でエネルギーは減っていき、緑のグラフの長さがなくなると生物は死ぬ。また、受けたダメージが蓄積して赤のグラフが最下部まで達しても生物は死ぬ。

生物のエネルギーとダメージ
緑のグラフが生物のエネルギーを示し、赤のグラフが生物が受けたダメージを示す。

 生物に関するより詳細な情報は、[Population Statistics]ウィンドウを開くボタンの左隣にあるボタン()をクリックすると表示される[Property Sheet]ウィンドウで調べることができる。これにはフィールド上で選択された生物に関するプロパティが表示されている。

[Property Sheet]ウィンドウ
フィールド上で選択された生物に関するプロパティが表示される。

 それぞれの値が何を示しているかは、リファレンス・マニュアルである「Terrariumオブジェクトモデル」のページ上で検索していただきたい。

 

 INDEX
  [連載]テラリウム徹底攻略ガイド
  第2回 生物プログラミング始めの一歩
   飼育器事情の読み方
     Ecosystemトップ10
     生物プログラミング始めの一歩
     Terrariumモードでのテスト
 
インデックス・ページヘ  「連載  テラリウム徹底攻略ガイド」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH