.NET Tools

NUnit入門 Test Firstのススメ

(株)ピーデー
川俣 晶
2002/02/23

Page1 Page2 Page3 Page4 Page5

NUnitとは何か?

 「NUnit」は、単体テストの自動実行を支援するためのツールで、Java用のテスト・ツールである「JUnit」を.NET Framework上で利用できるように変更を加えたものである。ちなみに、JUnitのバリエーションはNUnitに限らず、さまざまなプログラム言語に対応したものが作られている。テスト・ツールの1つの定番といってもよい。NUnitはエクストリーム・プログラミングと呼ばれるソフトウェア開発技法と深い関係があるので、関連書籍を読むと、より理解できるだろう。NUnitはSourceForge.net上で、オープン・ソースのソフトウェアとして公開されており、だれでも無料で利用できる。

NUnitの入手先
SourceForge.net
http://sourceforge.net/projects/nunit/

 なお、現在入手できるNUnit 1.10は、残念ながら.NET Frameworkのベータ2ベースのもので、製品版では動作しない。本稿は、Visual Studio .NETベータ2をベースに記述したものである。NUnitが早期にバージョンアップされることを期待している。

 さて、具体的にNUnitとは何をしてくれるソフトなのだろうか。一言でいえば、プログラマーがテスト・プログラムを作成し、それを実行することを支援してくれるものである。つまり、テスト・プログラムは、プログラマー自身が記述しなければならない。「そんな面倒なことやりたくない」「時間がないから無理」といった感想を持った方もいるかもしれないが、その判断はちょっと待っていただきたい。また、筆者が以前短いプログラムの方がよいという説を紹介したことを覚えている方は、短い方がよいならテストも書かない方がよいのではないかと思うかもしれない。しかし、これらはある種の勘違いといえるだろう。なぜなら、テストを書くことは、面倒を取り除き、プログラム開発の時間を短縮し、プログラムを短くすることに役立つからだ。魔法か手品のように思えるかもしれないが、これも1つの真実である。だまされたと思って、ひとつ以下の解説をお読みいただきたい。

関連記事(Insider.NET内)
ソフト開発を成功させる1つの方法
 
関連リンク
NUnitの入手先

関連書籍
XPエクストリーム・プログラミング入門 ソフトウェア開発の究極の手法
(ISBN:4-89471-275-X)
XPエクストリーム・プログラミング導入編 XP実践の手引き
(ISBN:4-89471-491-4)
XPエクストリーム・プログラミング実践記 開発現場からのレポート
(ISBN:4-89471-469-8)
XPエクストリーム・プログラミング実行計画
(ISBN:4-89471-341-1)
 
 

 INDEX
  [.NET Tools]
NUnit入門 Test Firstのススメ
     1.まず環境を準備する
     2.何はさておき、最初にテストを書こう
     3.NUnitを実行する
     4.唐突な仕様変更
 
インデックス・ページヘ  「.NET Tools」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH