.NET Tools

Visual Studio .NETで自作プログラムにセットアップ機能を付ける

(株)ピーデー
川俣 晶
2002/12/05

Page1 Page2 Page3 Page4 Page5

自作プログラム完成したらセットアップ機能も作ろう

 渡悟幸秀こと通称ワタソン君*1は、ようやく買い求めたVisual Studio .NET(以下VS.NET)を使って、ついに最初のプログラムを完成させた。題して、「マイハロー」。自分の名前を登録しておくと、そのソフトを開くたびに、名前を付けて「ハロー」と表示してくれるという優れものだ……とワタソン君は自負していた。

*1 拙著『API散歩道(ソフトバンク発行)』など、筆者の原稿にしばしば登場する、あのワタソン君である。
 
ワタソン君がVS.NETで作ったプログラム「マイハロー」の実行画面

 さっそく、このすごいプログラムを会社の同僚に試してもらおうと思ったのだが……。「任意のフォルダに、MyHello.exeをコピーして……」と説明を始めると、すぐに「そんな難しいこと分からないよ。セットアップしたら使えるようにして」と言われてしまった。マイハローを作るだけで、こんなに苦労したのに、この上、セットアップまで作るのは大変すぎる、とワタソン君はショックを受けてしまった。

 だが心配は要らない。VS.NETでは、セットアップの作成機能が開発環境に統合されているので、決して大変な作業ではないのだ。ここでは、ワタソン君のマイハローにセットアップ機能を付けてみよう。

 話を始める前に、前提条件を確認しよう。まず、セットアップ対象となるプログラムはすでに完成しているとする。VS.NETのプロジェクトとして作成されていて、このプログラムだけを含むソリューションが作成されているとしよう。つまり、ソリューション・エクスプローラで見ると、ソリューション‘MyHello'の下に、プロジェクト‘MyHello'だけが存在している状態だ。

セットアップ対象となるプログラム完成時のVS.NET
ソリューション・エクスプローラで見ると、ソリューション‘MyHello'の下に、プロジェクト‘MyHello'だけが存在している状態になっている。

 そのほか、アイコンもデザイン済み(32×32と16×16の両方)で、添付ドキュメント(readme.htm)も作成済みとしよう。

 

 INDEX
  [.NET Tools]
Visual Studio .NETで自作プログラムにセットアップ機能を付ける
     1.ソリューションにセットアップのプロジェクトを追加する
     2.セットアップをビルドする
     3.セットアップを仕上げる(1) - 製品名の変更とスタート・メニューの作成 -
     4.セットアップを仕上げる(2) - スタート・メニューのアイコン修正 -
 
インデックス・ページヘ  「.NET Tools」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH