連載

プロフェッショナルVB.NETプログラミング

最終回 残されたいくつかのトピック(その3)

(株)ピーデー
川俣 晶
2003/01/18

Page1 Page2 Page3

Sharedコンストラクタ

 クラスの中で、Sharedキーワードを付けたメンバは、インスタンスが作成されなくても存在し、インスタンスの数と関係なく実体は1つだけ存在する。このメンバを初期化するために、Sharedコンストラクタという機能がある。以下はそれを利用した例である。

  1: Public Class A
  2:   Private Shared a(9) As String
  3:
  4:   Shared Sub New()
  5:     Dim i As Integer
  6:     For i = 0 To 9
  7:       a(i) = "オフ"
  8:     Next
  9:   End Sub
 10:
 11:   Public Shared Sub TurnOn(ByVal index As Integer)
 12:     a(index) = "オン"
 13:   End Sub
 14:
 15:   Public Shared Sub Dump()
 16:     Dim i As Integer
 17:     For i = 0 To 9
 18:       Trace.WriteLine(a(i))
 19:     Next
 20:   End Sub
 21: End Class
 22:
 23: Public Class Form1
 24:   Inherits System.Windows.Forms.Form
 25:
 26: …Windows フォーム デザイナで生成されたコード…
 27:
 28:   Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
 29:     A.TurnOn(2)
 30:     A.TurnOn(5)
 31:     A.TurnOn(7)
 32:     A.Dump()
 33:   End Sub
 34: End Class
Sharedなメンバを初期化するためのSharedコンストラクタを使用したサンプル・プログラム13

 これを実行すると以下のようになる。

  1: オフ
  2: オフ
  3: オン
  4: オフ
  5: オフ
  6: オン
  7: オフ
  8: オン
  9: オフ
 10: オフ
サンプル・プログラム13の実行結果

 このソースの中で、4〜9行目がSharedコンストラクタである。このSharedコンストラクタを呼び出すコードはどこにも記述されていない。しかし、Sharedなメンバを参照する前に、自動的にこのコンストラクタは呼び出される。Sharedなメンバを活用する場合には、便利な機能である。

配列の共変性

 配列の共変性について、VB.NETの言語仕様では、以下のように記述されている。

『2つの参照型AとBで、AがBの派生型である場合、型Aから型Bの互換性のある配列への変換が存在します(互換性のある配列とは、ランクおよび型が同じ配列です)。この関係を“配列の共変性”と呼びます。』

 書かれていることは難しいが、実例を見れば分かりやすいだろう。この特徴を使ったサンプル・プログラムを以下に示そう。

  1: Public Class B
  2:   Public n As Integer
  3: End Class
  4:
  5: Public Class A
  6:   Inherits B
  7: End Class
  8:
  9: Public Class Form1
 10:   Inherits System.Windows.Forms.Form
 11:
 12: …Windows フォーム デザイナで生成されたコード…
 13:
 14:   Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
 15:     Dim ar1(9) As A
 16:
 17:     Dim i As Integer
 18:     For i = 0 To 9
 19:       ar1(i) = New A()
 20:       ar1(i).n = i
 21:     Next
 22:
 23:     Dim ar2() As B
 24:     ar2 = ar1
 25:
 26:     For i = 0 To 9
 27:       Trace.WriteLine(ar2(i).n)
 28:     Next
 29:   End Sub
 30: End Class
配列の共変性により、配列を親クラスの配列として扱うサンプル・プログラム1

 これを実行すると以下のようになる。

  1: 0
  2: 1
  3: 2
  4: 3
  5: 4
  6: 5
  7: 6
  8: 7
  9: 8
 10: 9
サンプル・プログラム1の実行結果

 このソース・コードのポイントは、24行目で、クラスAの配列を、クラスBの配列を保持する変数に代入してしまっている点にある。これが可能であるのは、クラスAがクラスBを継承しているためである。クラスAはクラスBとして扱うこともできるので、クラスAの配列は、クラスBの配列として扱うこともできるわけである。

Disposeパターン

 すでに述べたとおり、VB 6と異なり、VB.NETでは確保されたインスタンスが解放されるタイミングは決まっていない。ガベージコレクタが回収しに来た時点で、デストラクタが呼ばれ、資源が解放される。しかし、いつ来るか分からないガベージコレクタを待てない場合もある。資源を解放するタイミングを厳密に指定するために、IDisposableインターフェイスを使う方法がある。以下はIDisposableインターフェイスを実装した例である。

  1: Public Class A
  2:   Implements IDisposable
  3:
  4:   Public Sub New()
  5:     Trace.WriteLine("初期化")
  6:   End Sub
  7:
  8:   Public Sub SomeProcess()
  9:     Trace.WriteLine("クラスを用いた何かの処理")
 10:   End Sub
 11:
 12:   Sub Dispose() Implements IDisposable.Dispose
 13:     Trace.WriteLine("終了処理")
 14:   End Sub
 15: End Class
 16:
 17: Public Class Form1
 18:   Inherits System.Windows.Forms.Form
 19:
 20: …Windows フォーム デザイナで生成されたコード…
 21:
 22:   Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
 23:     Dim instance As New A()
 24:     Try
 25:       instance.SomeProcess()
 26:     Finally
 27:       instance.Dispose()
 28:     End Try
 29:   End Sub
 30: End Class
IDisposableインターフェイスを実装したサンプル・プログラム1

 これを実行すると以下のようになる。

 1: 初期化
 2: クラスを用いた何かの処理
 3: 終了処理
サンプル・プログラム1の実行結果

 IDisposableインターフェイスを使っていると、そのクラスがいったいどのような継承関係を持った何をするクラスかに関係なく、使い終わったらDisposeメソッドを呼び出せば正しく資源の解放が行われることが分かる。実際に、MSDNライブラリで“Dispose”というキーワードで検索すると、クラス・ライブラリの非常に多くのクラスが、このメソッドを実装していることが分かるだろう。興味のある方は、MSDN Libraryの「アンマネージ リソースをクリーンアップするためのFinalizeおよびDisposeの実装」というトピックを読むとよいだろう。


 INDEX
  連載 プロフェッショナルVB.NETプログラミング
  最終回 残されたいくつかのトピック(その3)
    1.オーバーロード/Protectedアクセス/継承を禁止するNotInheritable
  2.Sharedコンストラクタ/配列の共変性/Disposeパターン
    3.クラス・ライブラリの概要
 
「プロフェッショナルVB.NETプログラミング」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH