連載:VSTSの単体テスト機能は本当に使えるのか?

第2回 アジャイル開発者から見たVSTSテスト機能

太陽システム株式会社 中西 庸文
Microsoft MVP 2006 - Solutions Architect)
2006/09/20

NUnitからVSTSのテスティング・フレームワークへの移行

 ここまでで、Learning Testを通じてVSTSのテスティング・フレームワークとNUnitのアサーションを比較した。それぞれのテスティング・フレームワークにおいて独自のアサーションが存在するものの、共通するアサーションにおいては一部を除いてそのメソッド・シグネチャはまったくといっていいほど同じであることが判明した。

 VSTSのテスティング・フレームワークとNUnitの単体テストの記述方法を比較して目立って異なる点といえば、テスト・クラスやテスト・メソッドなどの属性名が異なることと、VSTSのテスティング・フレームワークには、単体テストに関する情報が取得できるTestContextクラスや、単体テストのタイムアウト期限が設定できるTimeout属性などが用意されていることぐらいだろう。。

 このあたりに注意すればNUnitからVSTSのテスティング・フレームワークへの移行はそう難しいものではないことがお分かりいただけるのではないだろうか。

まとめ

 今回は、アジャイル開発の基本スキルとVSTSでのアジャイル開発の実践について説明した。また、VSTSの単体テストとNUnitとの比較を行い、VSTSの単体テストの問題点と解決策を示すとともに、Learning TestによってVSTSのテスティング・フレームワークのアサーションを学習した結果として、NUnitからVSTSの単体テストへの移行がそれほど困難なものではないことを示唆した。

 アジャイル開発者から見てもVSTSの単体テストを用いたテスト駆動開発が有効なものであり、VSTSが使用できる環境があれば、NUnitからの移行を検討してもよいのではないかという結論に至った。

 ただ残念なことに、テスト記述方法の比較を行っただけでは.NETでのテスト駆動開発の定番ツールとなっているNUnitからVSTSの単体テストへ移行するだけの十分な根拠は得られなかった。どうやらVSTSでしか実現することができない単体テスト機能について、さらに検証してみる必要がありそうだ。

 次回は、VSTSの単体テスト機能で注目すべきデータ・ドリブン単体テストやASP.NET単体テストについての解説を行う予定である。End of Article

中西 庸文

1998年 太陽システム株式会社入社。Microsoft MVP for Visual Developer - Solutions Architect。.NETでのアジャイル開発の促進活動に従事。現在はVS 2005におけるアジャイル開発のベスト・プラクティスを模索中。

Blog(http://d.hatena.ne.jp/NAgiler/
VB&C#デザインパターンINETA Japan 加盟コミュニティ)を運営中。
 

 INDEX
  VSTSの単体テスト機能は本当に使えるのか?
  第2回 アジャイル開発者から見たVSTSテスト機能
    1.VSTSにおけるアジャイル開発の実践
    2.VSTSの単体テストとNUnitとの比較(1)
    3.VSTSの単体テストとNUnitとの比較(2)
    4.VSTSの単体テストとNUnitとの比較(3)
  5.NUnitからVSTSのテスティング・フレームワークへの移行
 
インデックス・ページヘ  「VSTSの単体テスト機能は本当に使えるのか?」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH