Web Matrixで始めるWebアプリ・プログラミング

第3回 Web MatrixでWebアプリケーションを開発しよう

山田 祥寛
2004/02/25

Page1 Page2 Page3 Page4

(3)Webサービスのクライアント・プログラムを作成する

 クライアント・プログラムというと、どうもWindowsフォームで作成したスタンドアロン・アプリケーションがまずイメージされるようであるが、「クライアント」とはあくまでサービスの利用者のことであり、ここではWindowsフォームでもWebフォーム・ページでも構わない。本項では、せっかくASP.NET+Web Matrixを使用しているのだから、クライアントもWebフォーム・ページで作成してみよう。あるサイトAで提供されているWebサービスを、別のサイトBが利用するようなイメージである。

 さて、Webサービスは、Webフォーム・ページから直接にアクセスすることはできない。Webフォーム・ページにアクセスするためのクラスをあらかじめ用意する必要がある。これを「Webサービスのプロキシ・クラス」と呼ぶ(いわゆるWebサービスにアクセスするための代理人[Proxy]であり、Webサービス呼び出しの中継を行ってくれる)。

 しかし、ここでもまた、Web Matrixは便利なツールを用意してくれている。メニュー・バーの[Tools]−[WebService Proxy Generator]から「XML Web Service Proxy Generator」を利用することで、何らコーディングの必要なく、Webサービスにアクセスするために必要なプロキシ・クラスを自動生成してくれるのだ。

[XML Web Service Proxy Generator]ダイアログ
ここで必要な情報を入力するだけで、Webサービスに接続するためのプロキシ・クラスを自動生成することができる。

 各項目には、以下の内容を入力してほしい。

項目 設定値
WSDL URL http://localhost:81/composer.asmx?WSDL
Namespace Wings
Language Visual Basic .NET
Output Directory D:\asp.net\webmatrix(アプリケーション・ルート)
Source File ComposerProxy.vb
Generate Assembly ComposerProxy.dll
[XML Web Service Proxy Generator]ダイアログでの設定値

 [WSDL URL]には、(2)で確認したWSDLのURLを指定すればよい。一般的には「〜.asmx?WSDL」の形式で呼び出すことができるのは、容易に推定できるはずだ。

 [Generate]ボタンをクリックすると、プロキシ・クラスの生成が始まる。特に完了のダイアログなどは出ないので、処理が完了したら、[Cancel]ボタンで[XML Web Service Proxy Generator]ダイアログを閉じる。アプリケーション・ルート配下に「ComposerProxy.vb」が、「アプリケーション・ルート\bin」フォルダ配下に「ComposerProxy.dll」がそれぞれ出力されていれば成功だ。「ComposerProxy.vb」は「ComposerProxy.dll」のソース・ファイルであり、ここでプロキシ・クラスが定義されている。このソース・ファイルは実際の動作には必要ないものであるが、学習用に一度眺めてみるとよいだろう。

(4)Webフォーム・ページを作成する

 最後に、このプロキシ・クラスを介してWebサービスにアクセスするWebフォーム・ページを構築すればよい。新規にwebService.aspxを作成し、以下図のように、サーバ・コントロールを配置してみよう。配置するコントロールと最初に設定しておくべきプロパティの組み合わせは、以下の表のとおり。

コントロール プロパティ
TextBox (ID) txtNam
Button (ID) btnSrch
  Text 検索
Label (ID) lblResult
Text △(ブランク)
webService.aspx上に配置するコントロールのプロパティ
 
webService.aspxのフォーム・デザイン

 コントロールの配置ができたら、例によって、実際にユーザーからのアクションを受け取ったときの処理内容を記述してみよう。ここでは[検索]ボタンをクリックしたら、TextBoxコントロールの内容をキーにWebサービスで検索処理を行い、その結果をLabelコントロールに反映させることとする。

 フォーム・デザイナ上からButtonコントロールをダブル・クリックすると、コード・エディタ([Code]モード)が開き、btnSrch_Clickイベント・プロシージャにカーソルがセットされているはずだ。これに対して、以下のようなコードを追記すればよい。

Sub btnSrch_Click(sender As Object, e As EventArgs)
  Dim objSrv As New Wings.ComposerSearch()
  lblResult.Text=objSrv.GetWorks(txtNam.Text)
End Sub
btnSrch_Clickイベント・プロシージャの記述
プロキシ・クラスであるWings.ComposerSearchクラスのインスタンスを作成し、GetWorksメソッドによりWebサービスを呼び出している。

 Wings.ComposerSearchは、プロキシ・クラスの完全修飾名(名前空間+クラス名)だ。[All]タブで、@Importディレクティブを使って以下のように記述してもよい。

<%@ Page Language="VB" %>
<%@ import Namespace="Wings" %>
<script runat="server">
Sub btnSrch_Click(sender As Object, e As EventArgs)
  Dim objSrv As New ComposerSearch()
  lblResult.Text=objSrv.GetWorks(txtNam.Text)
End Sub
</script>
  ……後略……
@Importディレクティブを使用した場合のbtnSrch_Clickイベント・プロシージャの記述
あらかじめ@Importディレクティブで名前空間を指定しておけば、プロキシ・クラスに名前空間を付けて記述する必要がなくなる。

 いずれにせよ、ここではプロキシ・クラスのインスタンス(オブジェクト)を作成しさえすれば、提供されているWebサービスに対して、それがあたかもローカル環境上にあるクラス・ライブラリであるかのようにアクセスできる。クラス名はWebサービスのクラス名、名前空間は先ほどの[XML Web Service Proxy Generator]ダイアログで指定したものだ。失念してしまった場合には、生成されたソース・コードComposerProxy.vbの内容を確認すること。以下のようなコードを見つけられるはずである。

  ……前略 ……
Namespace Wings
  ……中略 ……
  Public Class ComposerSearch
    Inherits System.Web.Services.Protocols.SoapHttpClientProtocol
自動生成されたソース・ファイルComposerProxy.vbの一部
プロキシ・クラスの名前空間やクラス名を忘れてしまった場合には、このソース・ファイルを見ればよい。

 動作確認は、先ほどと同様に「Web Matrixサーバ」を起動することで行うことができる。本節冒頭でも示したように、テキスト・ボックスから入力した作曲者名に対応して、代表作品がラベル上に表示されれば成功だ。

まとめ

 今回は基本的なサーバ・コントロールを使用して、Web Matrixを利用したASP.NETアプリケーション構築のおおよその流れを、データベース連携アプリケーション、Webサービスを例に解説した。もちろん、これはASP.NETが提供するさまざまな機能のほんの一部であるにすぎない。DataGridコントロールを利用したテンプレート1つとっても、Web Matrixにはまだまだ多くのものが用意されているし、ほかにも、ユーザー入力の検証を行う「検証コントロール」や月ごとのカレンダー、XSLT変換を行う「リッチコントロール」などなど、基本的な事項だけでも目白押しである。

 しかし、本稿ではWeb Matrixというツールの特性を紹介することに主眼を置くため、この辺りについては割愛することにしたい。逆にいうと、本稿で述べたポイントに注意しさえすれば、あとは、Web MatrixでもほとんどVisual Studio .NETと同じ感覚で開発を行うことができるということだ。そのほかのさまざまなコントロールの使用例については、拙稿「ASP.NETで学ぶVisual Studio .NETの魅力」などを参考にしていただければと思う。

 さて次回は、Web Matrixが独自に実装する特徴的な機能について詳述する。なるほどWeb Matrixは「コード補完機能がない」「デバッグ機能がない」など、機能的にVisual Studio .NETに劣る面もあるが、一方でこの欠点を補って余りある独自の機能も備えている。これらをうまく利用することで、Visual Studio .NET同様、あるいはそれ以上の開発生産性を享受することも可能であろう。どうぞお楽しみに。End of Article


 INDEX
  Web Matrixで始めるWebアプリ・プログラミング
  第3回 Web MatrixでWebアプリケーションを開発しよう
    1.データベース連携アプリケーションの開発
    2.データベースへの接続設定を行う
    3.XML Webサービスの活用
  4.Webサービスのクライアントを作成する
 
追加情報
【2004/02/24】「ASP .NET Web Matrix 0.6 日本語版」が公開されました。詳細については「ASP.NET デベロッパー センター」を参照してください。
(編集部)

更新履歴
【2004/03/03】本ページの表「webService.aspx上に配置するコントロールのプロパティ」で、[コントロール]=「Text」/[プロパティ]=「検索」/[値]=「」となっている個所がありましたが、これは[コントロール]=「Button」/[プロパティ]=「Text」/[値]=「検索」の誤りでした。お詫びして訂正させていただきます。 
   
インデックス・ページヘ  「Web Matrixで始めるWebアプリ・プログラミング」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH