Web Matrixで始めるWebアプリ・プログラミング

第4回 Web Matrix独自のサーバ・コントロールの活用

山田 祥寛
2004/03/13

Page1 Page2 Page3

拡張サーバ・コントロールの活用

 独自の拡張コントロールが利用可能なだけではなく、Web Matrixではオンラインで公開されている拡張サーバ・コントロールを使用することができる。ツールボックス上の[Custom Controls]を選択してみよう。最初は、空のツールボックスが表示されるはずだ。

[CustomControls]ウィンドウ
ネットワーク上などで公開されている拡張コントロールを追加することができる。

 ツールボックス内の任意の位置でマウスを右クリックし、表示されたコンテキスト・メニューから[Add Online Toolbox Components]を選択する。すると、オンライン上で公開されているコンポーネント・ギャラリーがリスト・アップされる。まだ、それほどの数がそろっているわけではないが、ここでは[Content Management Controls]−[Rich Content Rotator]を選択してみることにしよう。ダイアログの下部には、(英語ではあるが)コントロールに関する概要が表示されるし、[Details]ボタンをクリックすることで詳細情報を閲覧することも可能だ。

[Component Gallery]ダイアログ
カテゴリまたはキーワードで、ギャラリー上のさまざまな拡張コントロールを検索することができる。

 [Install]ボタンをクリックすることで、自動的にインストールが始まる。途中、セキュリティ上の警告が出る場合があるが、コンポーネントの提供元が信頼できるならば[はい]をクリックすればよい。

[セキュリティ警告]ダイアログ

 また、グローバル・アセンブリ・キャッシュ(GAC)にもコンポーネントを登録するかどうかを聞かれるので、任意に選択してほしい。後々にすべてのアプリケーションから共通して使用するコンポーネントである場合には、[はい]をクリックすればよい。特定のアプリケーションでしか使わないような場合には[いいえ]を選択する。ここでは、[いいえ]を選択しておこう。

[Install to GAC]ダイアログ
ここでは、ダウンロードした拡張コントロールをグローバル・アセンブリ・キャッシュ(GAC)に登録するかどうかを選択する。

 以上で、拡張コントロールのインストールは完了だ。なお、ここでインストールしたコントロールについては、先ほどのMxDataGridコントロールなどと同様、アプリケーション・フォルダ(「D:\asp.net\webmatrix」)配下のbinフォルダに配置する必要があるので注意すること。インストールされたコントロールの本体(ここでは「RichContentRotator.dll」)は、「C:\Program Files\Microsoft ASP.NET Web Matrix\v0.6.812\Components」配下に格納されている。

 ちなみに、今回選んだRich Content Rotatorコントロールは、あらかじめXML形式で用意したコンテンツ設定ファイルに従って、コンテンツをスライド・スクロール表示するためのコントロールだ。例えば、サイトのニュース情報などをトップ画面に公開する場合などに活用できるだろう。ここでは、このコントロールを利用した簡単な「What's New」掲示板を作成してみることにしよう。

Rich Content Rotatorコントロールを利用した簡単な「What's New」掲示板(rich.aspx)
一定時間ごとに表示内容を縦スクロールするWhat's New掲示板。
 

 INDEX
  Web Matrixで始めるWebアプリ・プログラミング
  第4回 Web Matrix独自のサーバ・コントロールの活用
    1.Web Matrix独自のサーバ・コントロール
  2.オンライン公開されている拡張サーバ・コントロール
    3.拡張サーバ・コントロールの利用サンプル
 
インデックス・ページヘ  「Web Matrixで始めるWebアプリ・プログラミング」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH