連載

世界のWebサービス ― 究極のWebサービスを求めて ―

第1回 Web Services for Smart Searching
 ―― Webサイト検索のためのWebサービス ――

田口景介
2001/01/31


 結局のところ、.NETは何者で、何ができて、今までと何が違うのか?

 当フォーラムを始めとして、さまざまな方面で.NETの実態を解説する情報がそろいつつあるが、いくらドキュメントに目を通しても、やはりどうもピンと来ないと感じている読者が少なくないのではないだろうか。C#でサンプル・コードを書いたり、ASP.NETを使ってWebアプリケーションをデザインしたり、CLRのリファレンスマニュアルに目を通したりして、細部を理解しても、一歩引いて全体を見渡してみると何故かつながらない。

 たぶん、そんな疑問は当分払拭できないだろう。言ってしまえば、「.NETで何ができるか」は、「Windowsで何ができるか」に等しいからだ。すでにWindowsに慣れ親しんだユーザーなら、それが意味のない疑問であることはよく分かっていることだろう。そんなものは、開発者次第であり、ユーザー次第だ。しかも、我々は今、まったくアプリケーションが存在しない、登場したてのWindowsを前にして、「これでいったい何ができるんだろう?」と頭を悩ませている状態に近い。ここで明確なビジョンを描くことができれば、大儲け間違いなしだ。

 ただ、すでに充分成熟し、数々のアプリケーションがそろっているWindows市場を体験した今ならば、多少の誤解があれど、Windowsの何たるかを初心者に教えてあげることはできるはずだ。このアプリケーションを使えば、こんなことができるよ、と言えば、一面的ながらもWindowsを理解してもらえるだろう。

 この考え方は、.NETにも共通するはずだ。.NETを理解するには、とにかく、.NETテクノロジに従って開発されたアプリケーションを体験することだ。.NETアプリケーションにはWebサービスWebアプリケーション、Windowsアプリケーションなど、いくつかのスタイルが存在するが、いずれもネットワークを介して、複数のコンポーネントが連携して動作することを考えると、WebアプリケーションやWindowsアプリケーションも「広義のWebサービス」と考えてよいだろう。すなわち.NETを理解するには、まずWebサービスを使ってみようということになる。

 そこで本連載では、すでに公開されているWebサービスを紹介しつつ、.NETのイメージをつかむ手助けをしたいと考えている。1つの目的は、インターネット上に存在する優れたWebサービスを見つけて、みなさんにご紹介することである。Webサービスの大きなメリットは、すべてを自分で開発しなくても、インターネット上に存在するWebサービスを部品として活用できることだ。しかしこれには、必要なWebサービスがどこにあるかを知っているか、必要なWebサービスを見つける方法を身に付けていなければならない。また見つけだした未知のWebサービスを自分のシステムに活かす方法(具体的に言えば、Webサービスの呼び出し手順など)を知らなければならない。これらWebサービスの取り扱いについて、実例を通して学ぼうというのも本稿の目的である。

 さらに、Webサービスをご自分のプログラム(主にC#言語)で活用する具体的なプログラミングの手順や方法についても解説する。ただし本稿では、あくまでもWebサービスの活用に重点を置き、開発環境(Visual Studio.NET)の使い方や、C#プログラミングの基礎、Webサービスの基礎などについてはあまり踏み込んだ解説はしない。これらについては、本サイトですでに公開されている記事や、今後公開される記事を参考にしていただきたい。例えば現時点では、Microsoft.NETの概要とビジョンについて知るには「特集:Microsoft.NETが目指す次世代情報環境とは?」が、Webサービスやもう少し踏み込んだ.NETプログラミングについて知るには「特集:.NET Framework入門」が役に立つだろう。

 ただし、本稿で紹介するのはあくまでも.NETの1面であり、.NETの全貌を体現したというものではない。冒頭でも述べたように、Webサービスの可能性は開発者やユーザーのアイディア次第なのだから、視野を狭めずに、「こんなこともできるのだ」という程度に捉えてほしい。

 こうして、具体的なWebサービスの実装を見た後に、改めて.NETを構成するテクノロジの数々に触れたとき、初めて.NETを理解できるようになっているだろう。

関連記事(Insider.NET内)
特集
Microsoft.NETが目指す次世代情報環境とは?
特集
.NET Framework入門
 
 

 INDEX
[連載]世界のWebサービス―― 究極のWebサービスを求めて ――
第1回 Web Services for Smart Searching
    1.Webサービスはここで探せ!
    2.とりあえずプロジェクトに組み込んでみる
    3.Webアプリケーションから呼び出してみよう
 
「世界のWebサービス」

 



Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH