連載

世界のWebサービス ― 究極のWebサービスを求めて ―

第2回 Microsoft TerraService
 ―― 地図表示のためのWebサービス ――

田口景介
2001/03/02


 1月に起こった、MicrosoftのDNS障害事件を覚えているだろうか。筆者はおりしも本連載第1回の執筆中で、Microsoftが提供するWebサービスを使ったサンプル・プログラムを作成中だった。ほぼ書き上げたところでいざ動かしてみると、なぜかうんともすんとも言わない。おかしいな? と思ったら、Microsoftドメインに属するすべてのサイトがアクセス不能になっていた。もちろん、Webサービスも呼びかけに応えてくれなくなっていた。はからずも、Webサービスの弱点をMicrosoft自らさらけ出した場面に出くわしてしまったというわけだ。

 これをあげつらって、それみろASP(Application Service Provider)はまだ早い、とするのは簡単だ。最近頻発しているWebページの改竄事件を事例に挙げるまでもなく、そもそもWWWサーバやそれを支えるサービスはインターネットに直接さらされているため、攻撃されやすい立場にある。大事なデータはファイアウォールの内側に設置されたデータベースに格納されているであろうから、多くのサイトではWebページが改竄されたところで、すぐに発見できれば、それほど深刻な被害を受けずにすむだろう。しかし、Webサービスの窓口となるWWWサーバでは、そうもいかない。

 もっとも、だからといって、ASPを否定するのは短絡にすぎる。例えば、混雑するカンファレンス会場や町中では、携帯電話がつながりにくくなることも珍しくない。しかし、それは当たり前のことと認められていて、だからといって携帯電話を否定する人はいない。便利だからだ。確かに、現在のインターネットを支える技術は、悪意あるユーザーに対して、脆弱な部分が少なくない。Webサービスを支えるには少々心許ないインフラかもしれない。しかしそのために可能性まで否定することはない。何しろあのときを除けば、ずっとWebサービスは動き続けているのだ(たぶん)。

 閑話休題。さて、今回もWebサービスを1つ紹介することにしよう。

 

 INDEX
  [連載]世界のWebサービス―― 究極のWebサービスを求めて ――
第2回 Microsoft TerraService
    1.世界地図データベースTerraServer
    2.TerraClientのしくみ
    3.TerraClientのコンパイル
 
「世界のWebサービス」

 



Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH