連載

世界のWebサービス ― 究極のWebサービスを求めて ―

第5回 非.NET環境のWebサービス

田口景介
2001/06/07


 ご存じのとおり、Webサービスの根幹をなすプロトコルがSOAP(Simple Object Access Protocol)である。Webサービス同士、あるいはクライアント・アプリケーションとWebサービス間の通信はすべてこのSOAPによって規定された手順に従って行われる。

 ところでこのSOAPだが、W3C(World Wide Web Consotium)で標準化されていることからも分かるように、Microsoft.NET環境で動作するWebサービスに特化したプロトコルではない。当初はMicrosoftが中心となって設計されたプロトコルだが、現在はIBMやHP、それにMicrosoftにとってはライバル企業となるSun Microsystemsなど、多数の企業の支持を集め、すでにさまざまな環境においてツールキットの実装が進んでいる。今のところSOAPについてはMicrosoftが一歩先んじている感があるが、現在では他社製品も続々と登場し始めている。

SOAPによる相互接続
SOAPはW3Cで標準化されたオープン・プロトコルである。Microsoft.NET以外の環境でも着々とSOAPの実装が進んでいる。Windows以外のプラットフォームで動作し、.NET言語以外のプログラミング言語で開発し、さらにIIS以外のWWWサーバでホスティングするWebサービスを作るための環境が整いつつある。

 つまり、.NETプラットフォーム上に実装したWebサービスを、Windows以外のOSや.NET以外のプログラミング言語、.NET Framework以外のフレームワークを使ったクライアント・アプリケーションから呼び出すことができる。また、逆に.NETアプリケーションから、他社製の非.NET Webサービスを呼び出すことも可能だ。以前は、.NET Framework自体をLinuxなどのWindows以外のOSにも実装する計画があったようだが、最近ではあまりこの類の話は聞こえてこない。さまざまなSOAP実装の登場を受けて、SOAPのレベルで相互接続性が確保できればそれでよし、との流れができているのではないだろうか。

 そこで、今回は.NET以外の環境で動作するWebサービスを実装する、非.NET SOAPツールキットを紹介することにする。

 

 INDEX
  [連載]世界のWebサービス―― 究極のWebサービスを求めて ――
第5回 非.NET環境のWebサービス
    1.Microsoft SOAP Toolkit 2.0
    2.Apache SOAP
 
「世界のWebサービス」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH