この記事は「こちら」に移動しました。
連載

Javaオブジェクトモデリング

第3回
静的モデル:クラスにおけるUMLとJavaのマッピング(1)

浅海智晴
2002/7/13

 
UMLのクラス図は、「分類子(classifier)」と分類子間の「リレーションシップ」という2種類のモデル要素を使ってモデルを構築していきます。分類子の中で特に重要なものが「クラス」と「インターフェイス」です。また「例外」と「パッケージ」もJavaとのマッピングを考えるうえで外すことのできない分類子です。

 今回からこの分類子の中で、通称として“クラス”と呼ぶことが多いクラス、インターフェイス、例外とJavaのマッピングについて考えていきます。まず、UMLのクラスとJavaのクラスのそれぞれの部品を整理します。そして、次回からそれぞれの部品ごとにマッピングを検討していきます。

1.分類子と “クラス”

 UMLでは、 “クラスのようなもの”を「分類子(classifier)」と総称しています。今回取り扱うクラスやインターフェイス、例外はいずれも分類子の一種です。しかし、クラスやインターフェイス以外にも、「ノード」や「コンポーネント」、またUML 1.4で追加された「成果物(artifact)」といったモデル要素も分類子となって います。このため、“クラスのようなもの”を単純に分類子と呼ぶと逆に分かりにくくなってしまいます。

図1 分類子メタモデル(クリックすると拡大します)

 そこで本連載では、クラス、インターフェイスおよび例外を総称して「“クラス”」と呼ぶことにします。

図2 本連載の分類子メタモデル(クリックすると拡大します)

 
1/4

Javaオブジェクトモデリング 第3回
分類子と“クラス”
  UMLの“クラス”(1)
  UMLの“クラス”(2)
  Javaの“クラス”


Javaオブジェクトモデリング INDEX


IT Architect 連載記事一覧

この記事に対するご意見をお寄せください managemail@atmarkit.co.jp

「ITmedia マーケティング」新着記事

アジアで人気の日本のコンテンツ、マンガとアニメ以外では?――Fun Japan Communications調べ
アジア各国でも広く視聴されている日本のコンテンツ、どんなものが人気なのでしょうか。

LINEの中小企業向け事業の現在 最新サービスと事例を知る
企業のマーケティング担当者にとってLINEは「大手の企業向けサービス」「費用が高そう」...

高齢者マーケティングに関する必要性の認識と取り組みの実態――日本能率協会総合研究所調査
経営企画・マーケティング担当者400人を対象にした調査結果です。