JDBCの基礎知識

JDBCとは何でしょうか?

テンアートニ 浅井秀一
2001/5/29

 JDBCとはJava Database Connectivityの略で、Javaアプリケーションからデータベースを操作するAPIのことです。JDKのコアAPIとしてjava.sqlパッケージに実装されています。JDBCは以下のような特徴を持っています。

●DBMSに非依存である
 JDBCは、Javaアプリケーションから使用するJDBCドライバマネージャと、DBMSに依存するJDBCドライバを分けることにより、DBMSに依存しない環境を提供しています。

●高機能で洗練されたメソッド
 JDBCは比較的低レベルのAPIといわれていますが、高機能で洗練されたメソッドが提供されているので、容易にプログラムを記述することができます。また、標準的なSQLを実行するメソッドを持っているのでDBMSに依存しない開発が可能になります。

●既存のデータ資産を利用可能
 主要なDBMSベンダからJDBCドライバが提供されているので、すでにあるデータ資産を加工することなく利用できます。

 JDBCの基本構成図は以下のようになります。

 それでは、各構成要素について説明していきましょう。

■JDBC API
 JDBC APIはアプリケーションとJDBCドライバマネージャとの接続インターフェイスです。

  • JavaプログラムからDBサーバへ接続する
  • SQL文を組み立て、DBサーバで実行させる
  • DBサーバが処理した結果を取り出す
  • DBの情報、処理結果に関する情報などを取り出す

 などの機能を実行するためのインタ ーフェイスが提供されています。

■JDBCドライバマネージャ
 JDBCドライバマネージャはJDBCアーキテクチャの中核をなすモジュールで、JavaアプリケーションとJDBCドライバの接続を供給します。

■JDBCドライバAPI
 JDBCドライバAPIはJDBCドライバマネージャと、各DBMSベンダから提供されるJDBCドライバとの接続インターフェイスです。

■JDBCドライバ
 JDBCドライバとDBMSの接続を提供するモジュールです。通常、JDBCドライバは各DBMSベンダから提供され、DBMSとの接続形態により4種類に大別できます。詳しくは「JDBCドライバの種類と使い分けを教えてください」を参照してください。

 このようにJDBCは、Javaアプリケーションから使用するJDBCドライバマネージャと、DBMSに依存するJDBCドライバを分けることにより、DBMSベンダに依存しない環境を提供しています。

  Java言語でJDBCを使用すれば、プラットフォームにも、DBMSベンダにも依存しない、システム開発が可能になるのです。

「Java Solution FAQ」




Java Agile フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Java Agile 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH