第10回 SWTで最も自由にレイアウトできるのは何か?


米持幸寿
2007/2/3

米持先進技術工房 @IT分室では、テクノロジー・エバンジェリスト 米持幸寿氏が、J2EEの最新技術情報を提供します。最新技術の中身をいち早くキャッチアップしたい読者のためのコーナーです。

今回の主な内容

 連載第7回より引き続き、SWTで使用できるレイアウトの詳細について解説していますが、今回紹介するGridLayoutは、最も柔軟で複雑な配置が可能なレイアウトです。ビジュアルエディター(以下、JVE)では、GridLayoutがデフォルトで設定されます。

編集部注:JVEについては連載第2回を、[SWTで使用できるレイアウトの種類]については連載第6回を、参照してください。

 実は、この連載で最初に紹介した手順は、GridLayoutで説明しました。今回は、さらに操作方法を詳しく説明します。

 グリッドを意識するということ

 これまでと同様に、以下の手順で、コンポーネントを準備しましょう。

  • Javaパースペクティブを開く
  • Javaプロジェクトを作成する
  • Javaパッケージを作る
  • SWTのCompositeを指定して「Visual Class」を追加する

 新規でCompositeを継承したビジュアルクラスを作ると、GridLayoutが設定されているので、そのまま部品を配置していきます。図1のような配置を作ってみましょう。

図1 用件リスト
図1 用件リスト

  GridLayoutでレイアウトを作るとき、ウィンドウの中にどういう部品を配置するか殴り書きでいいので、一度紙に書いてみるといいと思います。そのときに、図2のようにグリッド線を思い浮かべます。

図2 グリッドを思い浮かべる
図2 グリッド線を思い浮かべる

 では、このような形になるように、並べてみましょう。

 まずは、横向きへ配置してみると……

 パレットからLabelクラスを選択します。マウスをCompositeの上に持って行くと、黄色の破線で囲まれた四角が表示されます。そこがドロップされる場所です。

図3 位置の確認
図3 位置の確認

 確認しながら、そこをクリックして配置します。名前を聞いてきますので、適当な名前を付けてください。

図4 配置されたラベル
図4 配置されたラベル

 次に、Textクラスを同様の手順で配置します。ただし、次は右側に並べます。

図5 右側へ配置
図5 右側へ配置

 同じ手順で、ボタンも配置します。

図6 三つのコンポーネントを配置
図6 3つのコンポーネントを配置

 パレットでListを選択し、Labelの下の左の端にドロップして追加しましょう。

図7 Listの追加
図7 Listの追加

 同じようにして、下の段にボタンを追加しますが、左側に1列空けることを忘れないでください。4つのボタンを配置し、表記を調整した状態が図8です。

図8 すべての部品の配置が済んだところ
図8 すべての部品の配置が済んだところ

 

  1/2

 INDEX
第10回 SWTで最も自由にレイアウトできるのは何か?
Page1
グリッドを意識するということ
まずは、横向きへ配置してみると……
  Page2
配置の調整をしなければ!
大きさは「ヒント」でピントを合わせる




Java Solution全記事一覧



Java Agile フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Java Agile 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH