デスクトップ色を強めたFedora 8

〜オンラインデスクトップによるウィジェット活用も〜
Shin.鶴長
2008/2/21

管理ツールの強化をはじめとする変更点

 Fedora 8の主な変更点は次のとおりです。

  • カーネル2.6.23の採用
  • パッケージ管理ツール「yum」や「Pirut」「Pup」の性能改善
  • パッケージ管理ツール「Pirut」でリポジトリの管理が可能に
  • 仮想化環境の強化
  • Java環境にオープンソースの「IcedTea」を採用
  • 「GNOME 2.20」の採用
  • インストールDVDに「KDE 3.5.8」や「Xfce 4.4.1」を収録
  • NetworkManagerによる無線LAN管理機能の提供
  • サウンドサーバ「PulseAudio」の採用
  • 3Dデスクトップ環境「Compiz Fusion」をデフォルトインストール
  • 「OpenOffice 2.3」を採用
  • Bluetooth装置のためのGUIツールなど対応強化
  • アプリケーションごとの消費電力を調べるツール「PowerTOP」の採用
  • GRUBの起動選択画面やブート画面、GNOMEのスプラッシュ画面など、各所のデザインに「Infinity」を採用
  • GNOMEデスクトップテーマに「Nodoka」を採用
  • ブラウザのデフォルトホームページを一新
  • セキュリティ機能の改修
  • 新しいファイアウォール設定ツールに「system-config-firewall」を採用
  • 「Eclipse 3.3」の採用
  • BigBoardを使ったオンラインデスクトップのデモ版採用
  • フルインストールメディアをDVDに限定(Live CDは別途配布)
  • デスクトップにGNOMEやKDEを採用した複数のLive CDを提供
  • Fedoraのパッケージを特定用途に再構成した「Spin」をさらに充実
関連リンク:
参考 Fedoraプロジェクト「リリースの見どころ」
http://docs.fedoraproject.org/release-notes/f8/ja/sn-OverView.html

 それでは、以下主要な更新内容について詳しく取り上げ、解説を加えます。

パッケージ管理ツールの強化

 Fedora 8では、パッケージ管理ツールであるyumやPirut、Pupの性能が改善されています。

 また「パッケージマネージャー」(Pirut)には、リポジトリを管理する「リポジトリーマネージャー」が新しく追加されています。ここでは、リポジトリの追加・削除、有効・無効の切り替えが可能となっています。非公式なリポジトリを追加した後、設定ファイルを手動で編集することなく「リポジトリーマネージャー」で有効・無効を切り替えるといったことが可能になります。

 例えば、NVIDIAのディスプレイドライバなどのサードパーティパッケージを提供することで知られる「Livna」をyumのリポジトリに加えた後も、「リポジトリーマネージャー」を通して管理することができます。

・Livnaからlivna-releaseをダウンロードしインストールすることでLivnaをリポジトリに追加

# wget http://livna-dl.reloumirrors.net/fedora/8/i386/livna-release-8-1.noarch.rpm
# rpm -ivh livna-release-8-1.noarch.rpm

画面7
画面7 「パッケージマネージャー」(Pirut)の「リポジトリーマネージャー」でLivnaのリポジトリを管理することができます。ここで行った設定は、yumなどほかのパッケージ管理ツールにも有効となります

 なお、通常はyumを実行した際、ミラーサーバのリストから適当なサーバが選択され、ダウンロードが実施されます。より高速に働くよう最適なミラーサイトを選択するには「yum-fastestmirror」をインストールします。

# yum install yum-fastestmirror

 詳細は、Linux Tips「yumで速いリポジトリを自動的に選択するには」を参照してください。

用途ごとにパッケージを再構成した「Spin」の魅力

 Fedora 7以降、パッケージを特定用途に再構成した「Spin」と呼ばれるバリエーションが用意されています。

 インストールの解説では、デスクトップ用途向けのSpin「Fedora Desktop Live Media」を例に取って紹介しました。しかしそれ以外にも、KDEを採用したデスクトップ用途向けの「Fedora KDE Live Media」、DOOMやQuake3をはじめとするゲーム用途向けの「Fedora Games Spin」、EclipseやGCCなどの開発環境を整備した「Fedora Developer Spin」、マイクロ・ナノ電子工学向け「Fedora Electronic Lab」がダウンロード可能です。

画面8
画面8 Fedora Games Spinのデスクトップ

 どれもISOで配布されていますが、先ほど「ISOファイルをUSBメモリに」の項で紹介したように、簡単な操作でUSBメモリにイメージをコピーし、実行させることができます。

 いまや、4Gbytesを超えるUSBメモリも数千円で入手できます。モバイル用途では、CDやDVDに代わって、USBメモリにOSを入れて持ち運ぶ機会も多くなるかもしれません。こうしたSpinはどれもデスクトップ用途を強く意識しており、デスクトップLinuxとしてのFedoraを強く印象付けています。

オリジナルSpinの作成

 今後、Spinのバリエーションはさらに豊富になると予想されますが、ユーザーが自らオリジナルのLive CDやインストールディスクを作成することも、簡単な手順でできます。作成には、livecd-toolsやpungi、Revisorを使用します。

画面9
画面9 Revisorの画面

 数あるツールの中でも、Fedora 7から採用されたRevisorでは、GUIで操作を行うことができます。オリジナルSpinの作成方法は、次のLinux Tipsを参考にしてください。

関連記事:
参考 Linux Tips Fedora 7でオリジナルのインストールDVDを作成する(pungi編)
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/a037instdvdpungi.html
参考 Linux Tips オリジナルのFedora 7インストールDVDを作成するには(Revisor編)
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/a039fedorainstall.html

標準でインストールされる3Dデスクトップ

 Fedora 7までは追加インストールする必要があった3Dデスクトップですが、Fedora 8では標準でインストールされます。ただし、デフォルトでは3D効果が無効になっているため、デスクトップメニューから「設定」→「ルック&フィール」→「デスクトップ効果」で有効にする必要があります。

画面10
画面10 ワークスペースの切り替え時の3Dデスクトップ効果

画面11
画面11 デスクトップ効果の有効化

  ビデオカードが対応していれば3Dデスクトップを利用することができますが、場合によってはサードパーティ製ビデオドライバをインストールする必要があります。その際は「パッケージ管理ツールの強化」で紹介した、Livnaなどの非公式レポジトリを追加して使用します。

 「デスクトップ効果」では、ウィンドウ移動時と、デスクトップ切り替え時の効果のみ設定可能です。それ以外の設定を行うには「gnome-compiz-manager」をインストールします。

# yum install gnome-compiz-manager

 インストール後、デスクトップメニューから「システム」→「設定」→「ルック&フィール」→「GL Desktop」で設定画面を起動することができます。

画面12
画面12 GL Desktop(gnome-compiz-manager)

3/4
次のページ

Index
Fedora 8
  Page 1
着実にアップデートするFedora
RHELとの操作感の近さが特徴
主に3種類あるインストール方法
DVDインストールメディアを使う
  Page 2
Live CD(Spin)を使う
効率的なネットワークインストール
Fedora 7からのオンラインアップデート
  Page 3
管理ツールの強化をはじめとする変更点
用途ごとにパッケージを再構成した「Spin」の魅力
標準でインストールされる3Dデスクトップ
  Page 4
オンラインデスクトップで多様なウィジェットを活用
Alpha版に見るFedora 9の変更点
切磋琢磨で切り開くデスクトップLinuxの可能性

Linux Squareプロダクトレビュー


 Linux Squareフォーラム 製品情報・レビュー関連記事
特集:2007年、Linuxディストリビューションの歩みを振り返る
商用、非商用ともにメジャーバージョンアップが相次いだ2007年。主なディストリビューションを取り上げ、アップデート内容を紹介します
プロダクトレビュー[Ubuntu 7.10 日本語ローカライズド Desktop CD]
海外のみならず日本国内でも人気急上昇中のUbuntu。優れたインターフェイスを備えるとともに、豊富な機能がコンパクトにパッケージされている
特集:業務で使うデスクトップLinux カタログ
定型業務さえこなせればよいという部門も多い企業環境は、コンシューマ市場以上にLinuxへの移行が容易ともいえる。そこで、6つのLinuxディストリビューションを紹介する
特集:Linuxで動くリレーショナルデータベース・カタログ
データベースサーバのOSとしてLinuxを採用するケースが増えている。Linuxで動作する7つの主なリレーショナルデータベースを紹介する。製品導入の際の参考にしてほしい
特集:Windowsで動くXサーバ・カタログ
やや特殊な用途に用いられてきたXサーバだが、活用しだいでは普通の管理用途にも有用だ。そこで、Windowsで動作する6本のXサーバを紹介する。選択の参考にしてほしい
特集:Linuxで動くJavaアプリケーションサーバ・カタログ
アプリケーションサーバは、いま最も開発競争が激しいジャンルの1つだ。その中から、Linuxに対応する5つの商用製品を紹介する。製品導入の際の参考にしてほしい
特集:Linuxで動くWebグループウェア・カタログ
Linuxを業務用サーバに採用するケースも増えている。そこで、Linuxをサーバとして利用するWebベースのグループウェアを紹介しよう

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します


Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH