SugarCRM

第1回 SugarCRMの紹介とインストール手順


河村 嘉之
オープンソースCRM株式会社
2008/9/2


SugarCRMのインストール(2)

4. データベースタイプの選択

 利用可能なデータベースの種類が列挙されますので、Sugarで利用するデータベースを選択します。ここでは、MySQLを利用するので、MySQLを選択し、「次へ」をクリックします。

画面4
画面4 データベースタイプの選択

5. データベース設定

 データベースの情報を入力します。それぞれの項目には以下のような情報を入力します。

項目 概要
テータベース名
SugarCRMが利用するデータベースの名前を指定します。データベースサーバ上にその名前のデータベースが存在しない場合は、インストーラによって自動で作成されます。
ホスト名
MySQLのサーバが稼働しているホストの名前を指定します。Webサーバと同じマシンに入っていれば、「localhost」と指定してください。
データベース管理者の
ユーザー名
データベース管理者のユーザー名を入力します。
データベース管理者の
パスワード
データベース管理者のパスワードを入力します。
Sugarデータベースの
管理者ユーザー名
Sugarが利用するデータベースの管理者ユーザーを指定します。ここでは、「管理者と同じ」「既存ユーザーを指定」「作成するためにユーザーを定義」が選べます。「既存ユーザーを指定」もしくは「作成するためにユーザーを定義」を選択するとユーザー名とパスワードを入力するフォームが現れますので、ここにユーザー名とパスワードを入力します。
デモデータの選択
デモデータを追加するか選択します。「はい」を選ぶと英語のサンプルデータが、「はい - マルチバイトデータあり」を選ぶと多言語のサンプルデータが追加されます。「いいえ」を選ぶと何も追加されません。
表1 SugarCRMデータベースの設定項目

画面5
画面5 データベース設定の画面

 以上を入力したら、「次へ」をクリックします。指定したデータベースがすでに存在している場合は、消去するか、それとも別名を指定するかを選択するダイアログが表示されます。消去していい場合は「許可」を押してインストールを進めます。消去したくない場合は「キャンセル」を押して違うデータベース名を指定します。

6. サイト設定

 Sugarサイトの設定を入力します。ここでは、Sugar管理者(adminユーザー)のパスワードを入力します。入力を終えたら、「次へ」をクリックします。

画面6
画面6 サイト設定画面

7. ロケール設定

 Sugarで利用される日付、時間、通貨などのフォーマットを指定します。内容を確認し「次へ」をクリックします。

画面7
画面7 ロケール設定画面

8. 設定の確認

 設定が正しいかを最終確認します。ここで「次へ」をクリックするとインストールが開始されますので、設定を変更したい場合は、「戻る」をクリックして設定を変更してください。

画面8
画面8 設定の確認

9. セットアップ実行

 セットアップウィザードがインストールを実行します。この作業には1分くらいかかる場合があります。インストールが完了すると「Sugar5.0.0xのインストールが完了しました」と表示されます。完了したら「次へ」をクリックしてください。

画面9
画面9 セットアップ実行の画面

10. 登録

 ユーザー登録をする場合は、各項目に記入後、「ユーザー登録」をクリックしてください。ここで登録しない場合は「登録しない」をクリックしてください。すると、Sugarが立ち上がります。

画面10
画面10 ユーザー登録画面

 以上で、SugarCRMのインストールが完了しました。ログイン画面が表示されますので、ユーザー名にadmin、パスワードにインストール時に指定したパスワードを入力し、ログインします。

 初回のログインでは、タイムゾーンを設定する画面が表示されますので、日本で使う場合は「Asia/Tokyo(GMT+9)」を選択してください。Sugarにログインすると以下のようなホーム画面が表示されます。

画面11
画面11 SugarCRMのホーム画面

 今回はSugar Community Editionをインストールしました。Sugar Community Editionのインストールは、インストールウィザードに従っていけば簡単に行えると思いますので、皆さんぜひ、インストールしてみてください。次回はSugarCRMの機能を利用して、SugarCRMにちょっとしたカスタマイズを加えていきます。

3/3
 

Index
徹底解剖、SugarCRM(1)
 SugarCRMの紹介とインストール
  Page 1
 オープンソースのSFA/CRM「SugarCRM」
 SugarCRMの動作環境
  Page 2
 SugarCRM導入前の準備
 SugarCRMのインストール
Page 3
 SugarCRMのインストール(2)

Linux Square全記事インデックス


 Linux Squareフォーラム 仮想化技術関連記事
連載:実践! Xenで実現するサーバ統合
有力な仮想化技術として注目を集めるようになった「Xen」。このXenを活用してサーバ統合を実践していく手順を具体的に紹介します
特集:サーバの仮想化技術とビジネス展開の可能性
jailからUML/VMwareまで
1台のマシンで複数のサーバを動かす「仮想化技術」。VMwareやUMLの登場により、WebサイトだけでなくOS自体を仮想化できるようになった
特集:仮想化技術のアプローチと実装
VMwareから要注目技術Xenまで

1台のサーバで複数の仮想マシンを実行する仮想化技術は、空間コストを引き下げる可能性を持つ。最新の仮想化技術を概観してみよう
特集:仮想OS「User Mode Linux」活用法
技術解説からカーネルカスタマイズまで
Linux上で仮想的なLinuxを動かすUMLの仕組みからインストール/管理方法やIPv6などに対応させるカーネル構築までを徹底解説
特集:仮想化技術の大本命「Xen」を使ってみよう
インストール & Debian環境構築編

高いパフォーマンスで本命の1つとなった仮想マシンモニタ「Xen」。日本語による情報が少ないXenを、実際に動かしてみよう
特集:仮想化技術の大本命「Xen」を使ってみよう
Xen対応カスタムカーネル構築編

Xen環境およびその上で動作する仮想マシン用カーネルを自分で構築しよう。これにより、自由にカスタマイズしたカーネルを利用できる
特集:IPv6、UML、セキュリティ機能の統合
全貌を現したLinuxカーネル2.6[第4章]

今回は、これまでに紹介し切れなかった機能を一気に紹介する。これを読めば、カーネル2.6の正式リリースが楽しみになるだろう
Linux Squareプロダクトレビュー VMware Workstation 4
PC/AT互換機エミュレータとして不動の地位を築いたVMware。その新バージョンがリリースされた。新機能を早速試してみよう
古くて新しい「サーバ仮想化技術」の行方
サーバ仮想化を実現するための技術がソフトウェア、ハードウェアの両面で出そろってきた。ハイパーバイザーのさらなる高速化に向けた動きを紹介する
Linux Squareフォーラム全記事インデックス


Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH