リッチなユーザーインターフェイスを体験
β版で試すMoblin



Moblinは、Linuxをベースにしたネットブックやモバイルインターネットデバイス向けのプラットフォームです。手元の環境でMoblinを試してみる方法を紹介します。(編集部)

K.I.マヘーシ
2009/7/17


多様化するモバイル向けプラットフォーム

 モバイル向けのプラットフォームとしては、Windows Mobile、Symbian OS、BlackBerry OSなどがありますが、近ごろはLinuxベースのOSも急速に増えてきました。

 具体的なモバイルLinuxとしては、「Moblin」(米Intel→The Linux Foundation)、「Android」とネットブックを対象とした「Chrome OS」(Google)、「LiMo」(LiMo Foundation)、「Maemo」(フィンランド・Nokia)などが注目を浴びています。また英Canonicalの支援を受けるUbuntu Mobile and Embedded communityは、オープンなプラットフォームであるMoblinと連携しながら、モバイルインターネットデバイス(MID)向けのLinuxディストリビューションを「Ubuntu MID Edition」として提供しています。

 この記事では、この中からMoblinを取り上げ、その特徴とUSB/CD Live Imageからの導入方法を紹介します。

関連記事:
MID Linuxの可能性(@ITNews)
ネットブック向けLinux、インテルとノベルが協業(@ITNews)
Atom端末上のMoblinで動くATOKとWnnが展示(@ITNews)

Moblinとはどんなもの?

 Moblinは次世代モバイルを対象とした、オープンソースのLinuxディストリビューションです。主にIntel Atomプロセッサ搭載ハードウェアに対応しています。

 Moblinは、小型ノートPC(いわゆるネットブック)やモバイルインターネットデバイス(MID)で動作するように設計されていますが、それらと同様な仕様を備えるノートPCでも動作します。

 当初は、米IntelがMoblin開発プロジェクトを運営していました。しかしMoblin開発プロジェクトは、2009年4月から米The Linux Foundationに移管され、多数の開発者からより多くの支持を得られるようになりました。

 Moblinは、USB Live ImageまたはCD Live Image(HDDのOSに変更を加えません)からのブートが可能です。もちろん、ハードディスクにMoblinをインストールすることも可能です。Moblin v2.0のパッケージフォーマットとしてはRPMが採用されており、RPMパッケージのインストールも可能となっています。

 MIDやネットブックをターゲットとしたほかのLinuxディストリビューションと比較すると、Moblinは、CPU(Intel Atomなど)の性能を最大限に活用し、そのうえ、適切な電源管理により長時間の駆動や高速起動を実現しているといえます。

 また、ユーザーインターフェイスツールキットとして「Clutter」を採用することにより、リッチな外観および高速なアニメーションを実現しています。起動後に表示される「M-Zone」という画面には、カレンダー、タスクリスト、最近アクセスしたWebサイト、よく使用するアプリケーション、SNSサイトからの最新のメッセージなどを1つの画面に表示し、利用できるように最適化されています。

 またMoblinは、Moblin用のアプリケーションはもちろん、将来的にはAndroid用のアプリケーションも実行できる機能を含む方向で開発が進んでいます。

Moblinアーキテクチャの特徴

 Moblinアーキテクチャは、ネットブックからモバイルインターネットデバイス(MID)まで、幅広い多数のプラットフォームをサポートするように設計されています。1つの利用モデルとして、車両infotainment(情報+娯楽番組)システムへの組み込みが挙げられます。

関連リンク:
http://moblin.org/vehicle-infotainment-ivi

 Moblinアーキテクチャの中核を、「Moblinコア」と呼びます。Moblinコアの下には、Linuxカーネルと特定のハードウェアプラットフォーム向けのデバイスドライバがあります。一方Moblinコアの上には、特定のユーザーインターフェイスおよびターゲットのデバイス向けの、ユーザー相互作用モデルがあります。

Moblinアーキテクチャ
図1 Moblinアーキテクチャの略図

 Moblinコアは、多数のオープンソースライブラリおよびアプリケーションサービスを提供しています。Moblinコアに含まれるいくつかの機能は、下記のとおりです。それぞれの機能によって、ユーザーには以下のようなメリットが提供されます。

  1. 電源管理 :長時間の使用および節電が可能になります。
  2. 高速起動 :起動後すぐに各種アプリケーションを使用可能な状態になります。
  3. ネットワーク接続管理サブシステム :Wi-Fi、イーサネット、3G、WiMAXなどを1カ所で管理可能になります。
  4. ジオベース(位置情報)サービス :現在位置周辺の情報を取得可能なサービスを受けられるようになります。
  5. 電話通信 :ハンズフリー(ボイスダイヤリングなど)が可能になります。
  6. 最新の3Dベースのユーザーインターフェイスツールキット :ツールバーやパネルにより、ユーザーインターフェイスが体験できます。
  7. マルチメディア管理ライブラリ :USBやローカルネットワークの音楽、動画、イメージを自動検索し、再生可能です。
 
1/3

Index
リッチなユーザーインターフェイスを体験
 β版で試すMoblin
Page 1
 多様化するモバイル向けプラットフォーム
 Moblinとはどんなもの?
 Moblinアーキテクチャの特徴
  Page 2
 Moblinテストドライブの作成
 Windowsでのインストール準備
  Page 3
 Linux(Fedora)でのインストール準備
 Moblinの起動および操作

Linux Square全記事インデックス


 Linux Squareフォーラム 仮想化技術関連記事
連載:実践! Xenで実現するサーバ統合
有力な仮想化技術として注目を集めるようになった「Xen」。このXenを活用してサーバ統合を実践していく手順を具体的に紹介します
特集:サーバの仮想化技術とビジネス展開の可能性
jailからUML/VMwareまで
1台のマシンで複数のサーバを動かす「仮想化技術」。VMwareやUMLの登場により、WebサイトだけでなくOS自体を仮想化できるようになった
特集:仮想化技術のアプローチと実装
VMwareから要注目技術Xenまで

1台のサーバで複数の仮想マシンを実行する仮想化技術は、空間コストを引き下げる可能性を持つ。最新の仮想化技術を概観してみよう
特集:仮想OS「User Mode Linux」活用法
技術解説からカーネルカスタマイズまで
Linux上で仮想的なLinuxを動かすUMLの仕組みからインストール/管理方法やIPv6などに対応させるカーネル構築までを徹底解説
特集:仮想化技術の大本命「Xen」を使ってみよう
インストール & Debian環境構築編

高いパフォーマンスで本命の1つとなった仮想マシンモニタ「Xen」。日本語による情報が少ないXenを、実際に動かしてみよう
特集:仮想化技術の大本命「Xen」を使ってみよう
Xen対応カスタムカーネル構築編

Xen環境およびその上で動作する仮想マシン用カーネルを自分で構築しよう。これにより、自由にカスタマイズしたカーネルを利用できる
特集:IPv6、UML、セキュリティ機能の統合
全貌を現したLinuxカーネル2.6[第4章]

今回は、これまでに紹介し切れなかった機能を一気に紹介する。これを読めば、カーネル2.6の正式リリースが楽しみになるだろう
Linux Squareプロダクトレビュー VMware Workstation 4
PC/AT互換機エミュレータとして不動の地位を築いたVMware。その新バージョンがリリースされた。新機能を早速試してみよう
古くて新しい「サーバ仮想化技術」の行方
サーバ仮想化を実現するための技術がソフトウェア、ハードウェアの両面で出そろってきた。ハイパーバイザーのさらなる高速化に向けた動きを紹介する
Linux Squareフォーラム全記事インデックス


Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH