1つのIPアドレスに
複数のホスト名を付けている場合の逆引きとは

松浦孝康(JPRS)
2003/9/10

 逆引きは1つのIPアドレスに対して1つのPTRレコードしか設定できないため、複数の正引きが同じIPアドレスをAレコードとしているような場合、正引きと逆引きで得られる応答が異なることになります。

 よく見受けられるのがユーザーの利便性のために、複数の正引きを設定し、そのIPアドレスをすべて同じものにすることで、同一のサーバへアクセスを促す方法があります。

 例えば、JPRSのWebページを例に取ると、次のようなケースがあります。

jprs.jp→61.120.151.80
www.jprs.jp→61.120.151.80

 これはどちらも同じIPアドレスを指定してあり、同一の Web ページが表示されます。

 このような場合において逆引きをどのように設定するかは、基本的には逆引きと正引きは独立しているので管理者が自由に設定することができます。

 例えば、前出の説明で 61.120.151.80 というIPアドレスが複数使われていますが、逆引きでは「www.jprs.co.jp」が設定されているために、

61.120.151.80→www.jprs.co.jp

 というように正引きと逆引きで結果が違うことになります。

 技術的には設定するレコードについては正引きと逆引きは独立しているため、何を設定しても構いません。管理しやすいように設定するなどでいいでしょう。


DNS Tips Index

「Master of IP Network総合インデックス」


Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Master of IP Network 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH