日本語ドメイン名をPunycodeに変換するには

米谷嘉朗(JPRS)
2003/10/15

 日本語ドメイン名をPunycodeに変換したり、DNSに設定された日本語ドメイン名を確認したりするには、JPNICが配布しているidnkitに含まれるidnconvなどの専用の変換ツールを使うと便利です。

 idnconvの使用例は次のようになります。

リスト1:日本語ドメイン名からPunycodeに変換する場合
% echo "ドメイン名例.jp" | idnconv
xn--eckwd4c7cu47r2wf.jp

リスト2:Punycodeから日本語ドメイン名に変換する場合

% echo "xn--eckwd4c7cu47r2wf.jp" | idnconv -r
ドメイン名例.jp


 上記のとおり、idnconvの入力は標準入力から、出力は標準出力へ行いますので、数多くの日本語ドメイン名を一括変換するような場合には、日本語ドメイン名のリストをファイルに列挙しておき、idnconvに渡すと便利です。

リスト3:一括変換例
% cat jdn.txt
ドメイン名例.jp
見つけた日本語.jp
閲覧試験.punycode.jp

% idnconv <jdn.txt
xn--eckwd4c7cu47r2wf.jp
xn--08j2an4095czlbjx3hfub.jp
xn--gx2asoz3zgme.punycode.jp


【注意】
 idnconvで正しい変換結果を得るためには、ファイル中(もしくは端末)で使用する文字コードを環境変数IDN_LOCAL_CODESETに設定しておく必要があります。idnconvでは文字コード変換にiconvライブラリを使用しているため、IDN_LOCAL_CODESETに設定する値はシステムによって異なります。詳細はiconv_openのマニュアルを参照してください。


関連記事 【特集:いますぐ使える国際化ドメイン名の理論と実践】
国際化(多言語)ドメイン名ツールキット(idnkit)

DNS Tips Index

「Master of IP Network総合インデックス」


Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Master of IP Network 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH