PIアドレスって何ですか?

米谷嘉朗 (JPRS)
2004/3/3

 PIアドレスとは「Provider Independent Address」の略で、プロバイダの持つIPアドレス帯(*1)から独立したIPアドレスのことです。通常の利用者が使用しているIPアドレスは、経路制御上の理由でプロバイダに割り当てられたIPアドレス帯の中から再割り当てされます。従って、利用者はプロバイダを変更する場合にはIPアドレスを変更する必要があります。

 PIアドレスを使用すると、インターネットへの接続(トランジット)を提供するプロバイダ(トランジットプロバイダ)を変更してもIPアドレスを変更する必要はありません。

 しかし、PIアドレスを運用するためには経路制御のための独自の番号(*2)も持たねばならず、さらに、通常はその番号を1社以上のトランジットプロバイダに依頼してインターネット上で知らせてもらわなければなりません。そのコストは、利用者側でIPアドレスを変更するのに比べて非常に高くつきますので、通常の利用者がPIアドレスを使用することはありません。

 ただし、ルートDNSサーバやTLD DNSサーバなど非常に公共性の高いサービスを提供している組織では、プロバイダ依存性を排して長期間にわたって同一IPアドレスでDNSサービスを提供したり、IP Anycast化を実現するために、PIアドレスを使用します。近年このようなサービスはクリティカルインフラストラクチャ(Critical Infrastructure)と位置付けられ、PIアドレスが優先的に割り当てられるようになっています。

*1) プロバイダの持つIPアドレス帯
ルータの経路制御表が爆発的に増大するのを抑制し、経路情報をプロバイダ単位で集約するためにプロバイダに割り振られる大きな連続したIPアドレス帯のことで、PA(Provider Aggregatable)アドレスともいいます。

*2) 経路制御のための独自の番号
プロバイダ等の独立した(自律した)ネットワーク間の経路制御に用いられる番号で、AS(Autonomous System)番号といいます。

 

DNS Tips Index

「Master of IP Network総合インデックス」


Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Master of IP Network 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH