SIPとは何ですか?

藤原和典(JPRS)
2004/4/21

 SIP(Session Initiation Protocol)は、電話やインスタントメッセンジャーのような、1対1あるいは複数の参加者間の一まとまりの通信を開始、変更、完了するアプリケーション層のシグナリングプロトコルです。RFC 3261で定義されています。

 シグナリングプロトコルとは、電話の場合、通信相手を呼び出す部分、呼び出される部分を指します。通話の開始から完了までを制御します。

 SIPを用いるIP電話(俗称SIP電話)は、シグナリングにSIPを用いるIP電話を指します。SIPのメッセージ中にRFC 2327で定義されたSDP(Session Description Protocol)を用いてセッションの詳細情報を記述し、実際の通信は別途定義されたコーデックを用いてデジタルデータ化された音声信号をRFC 1889で定義されたRTPを用いて伝送します。セッションの詳細情報とは、RTP の端点(両端のアドレス・ポート番号)やcodec情報を指します。

 SIPにて相手を指定する方法には、SIP端末・サーバに登録した対応表、IPアドレスによる指定、SIP URIによる指定などがあります。

 SIPアドレスは、E-mailアドレスと同様に「ユーザー名@ドメイン名」という表現を用います。SIP URIはSIPアドレスにSIPプロトコルを示すsip:を前に付けた形式となります。

 sip:info@jprs.co.jpというURIは、jprs.co.jpのinfoというSIPのあて先を示します。


DNS Tips Index

「Master of IP Network総合インデックス」


Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Master of IP Network 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH