特集:Voice over Wireless LANの実現

無線IP電話の思わぬ落とし穴

小宮 博美
アルバワイヤレスネットワークス
2004/11/13

   RF管理

 無線LANではファイアウォールやIDSだけでは防げない攻撃もある。例えば企業ネットワークで利用しているESSIDと同じESSIDを設定したなりすましアクセス・ポイントの設置である。通常の無線クライアントでは、同じESSIDを持つアクセス・ポイントが複数存在した場合、受信感度の良いアクセス・ポイントと接続を試みる。

 実際に接続できてしまえば、無線クライアントはどのアクセス・ポイントと接続しているか意識していないためなりすましに気付きにくい。特に無線IP電話では、表示情報に制限がある場合もある。この攻撃は企業ネットワークへ攻撃を仕掛けているわけではなく、ファイアウォールやIDSでは検知できない。

 このような攻撃から無線IP電話などの無線クライアントを保護するためにはRF管理が必要になる。無線LANシステムにはRF(Radio Frequency)のモニタ機能もあり、無線の特性を利用した攻撃を防御することができる(図2)。さらに、RFの状態を定常的に監視することにより、電波の干渉などの状態を把握することができる。

図2 RF管理……RF管理 無線LANシステムがRFを常時監視し、なりすまし(不正)アクセス・ポイントを検知する。社内の無線クライアントが不正アクセス・ポイントへ接続を試みた場合は、その接続を切断し、正しい社内アクセス・ポイントと接続するよう導く

   シームレスなハンドオーバー

 これまでの無線クライアントの場合でも移動性が考慮されていたが、無線IP電話ではさらにレベルの高い移動性を考慮しなければならない。普段利用している携帯電話同様、無線IP電話では通話しながら広い範囲でユーザーが移動すると考えなければならない。

 環境によっても異なるが、1台の無線アクセス・ポイントがカバーできる範囲は室内の802.11b/11Mbpsで半径23m程度である。また、オフィスの形状や壁の配置などの条件によってはさらに狭い範囲しかカバーできない。

 つまり、ほとんどのオフィス環境で複数のアクセス・ポイントの設置が必要であり、ユーザーが移動することによってハンドオーバーが発生する。PCなどデータ端末ではハンドオーバー/ローミングに2〜3秒かかってもあまり気にならないが、音声の無線IP電話では、ハンドオーバーに1秒以上かかると完全な音切れとなり好ましい環境ではい。

 ハンドオーバーの時間とは、現在接続しているアクセス・ポイントAP-Aから次のAP-Bに接続を切り替え、無線でのデータ送受信開始までの時間である(図3)。認証方法によっては接続の切り替えの際に再認証が必要となり、オーバーヘッドとなる。

図3 無線IP電話のハンドオーバー……無線IP電話のハンドオーバー 無線IP電話がAP-AのエリアからAP-Bのエリアへ移動し、接続先アクセス・ポイントを切り替える。切り替えに要する時間がハンドオーバーの時間となる

 無線LANシステム側は専用に設計されたハードウェアであるため、ハンドオーバーは50ミリ秒以下で処理ができる。これに対し無線IP電話側は、消費電力を節約する必要もあり、処理の高速性のみを追求した設計ではないため、数百ミリ秒かかるものもある。

 ハンドオーバーの処理時間合計で250ミリ秒以下なら十分といえ、それ以上の場合は無線IP電話の負荷にならない認証や暗号を選ぶということも考慮していただきたい。ちなみに、ハンドオーバーの処理時間より、音声が聞こえ始める間隔の方が長いことがあるが、ほとんどの無線IP電話で暗号化の選択により音切れが気にならない運用ができる。表1は、ハンドオーバー時間の参考データである。

測定回数(回) ハンドオーバー時間(ミリ秒)
最低値 最高値 平均
A社
無線IP電話
31 14.3 118.1 40.4
H社
無線IP電話
27 14.7 51.3 25.1
表1 無線IP電話のハンドオーバー……参考ハンドオーバー時間 A社、H社の無線IP電話のハンドオーバー時間(参考値)。この試験では、MACアドレス認証、WEPでの暗号化を利用

 無線LANシステム側では、このハンドオーバーの際に移動処理中のデータのバッファ、認証情報、ポリシーの引き継ぎなどの処理も必要になる。さらに、無線IP電話が取得したIPアドレスを維持する機能も必要である。

 無線IP電話は、電源が投入されたときにサーバへ登録作業を行い、サーバでは無線IP電話のIPアドレスが登録され、通話中に無線IP電話のIPアドレスが変更されてしまうと通話が途切れてしまう。

 先進の無線LANシステムでは、無線IP電話が取得したIPアドレスと異なるサブネットへ移動してもモバイルIPの技術を使い、最初に取得したIPアドレスの維持を保証する。サブネット化されている企業ネットワークでは必須の機能といえる。

IP電話実現のための最低必須条件とは?

目次:Voice over Wireless LANの実現
  IP電話実現のための最低必須条件とは?
RF管理/シームレスなローミング
  無線QoS/無線IP電話の接続制御
  無線IP電話の選択/無線LANシステムの選択

関連リンク
ワイヤレス 

特集:エンタープライズ・ワイヤレス
第1回 いまの無線LANアクセス・ポイントがダメな理由  
第2回 安定稼働しない無線LANセキュリティの課題  
第3回 802.1x認証無線LAN導入での疑問を解消するQ&A  
最終回 いまの802.1x認証無線LAN技術、導入すべきか否か

【トレンド解説】次世代無線LAN標準のIEEE 802.11nが動き出す
100Mbpsオーバー、MIMO技術を搭載して2006年には登場か
第11回 読者調査結果 〜無線LAN/ギガビット・イーサネットの導入状況は?〜
トレンド解説:IEEE 802.11iとWPA
無線LAN構築のABC (System Insider)
VoIP 連載:VoIPに耐えるネットワーク構築
第1回 IP電話導入のためのネットワーク必要条件
第2回 IP電話を使うなら知っておきたいパケット制御
第3回 IP電話でQoSを確保するためのチェックポイント

Voice over Wireless LANの実現 バックナンバー



「Master of IP Network総合インデックス」


Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Master of IP Network 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH