特集:Voice over Wireless LANの実現

無線IP電話の音質を左右する機器の選び方

小宮 博美
アルバ・ネットワークス
2004/11/20


   無線IP電話の選択

 今年に入り無線IP電話の製品発表が相次いでいる。昨年まではコール・マネージャ・ベースのものが主流で、マルチベンダ環境やソフトフォンと通話するためには拡張モジュールなどを追加する必要があった。最近製品発表された無線IP電話は、SIPベースのものが主流でソフトフォンなどとの統合が容易になっている。

 また、SIPサーバもサーバ・プラットフォームもユーザーが好みの製品を選択することができ、自由度が広がっている。さらに、無線IP電話と携帯電話のデュアルモード機種も発表されており、無線IP電話の導入はさらに加速すると思われる。

 ユーザーにとっては多くの製品が発表されることにより選択肢が広がるのは好ましいことだが、各機種にわずかな機能差があり導入機種の決定は悩めるところだと思う。そこで、これまで述べてきたことを基に無線クライアントとしての選択のポイントを述べる。電話機としての性能、機能はここでは言及しない。

1
暗号化できるか? 企業では盗聴を防止するため暗号は必須である。無線の監視が充実していればWEPでも運用は可能だが、より強固なWPAやダイナミックWEPが好ましい。
2
認証手段はあるか? 現時点では『802.1xをサポートしているか?』と置き換えても差し支えないと思う。
3
ハンドオーバーはスムーズか? 802.11の無線では、ハンドオーバーのトリガはクライアント側から行われる。本来ハンドオーバーすべき場所に移動しても、なかなかハンドオーバーしないことがある。これはクライアントが最初に接続したアクセス・ポイントの受信感度が低くなっても新しいアクセス・ポイントへの移動作業を行わないためである。
受信感度の低いアクセス・ポイント経由で通信を継続していると音声品質が劣化する場合がある。
4
1台のアクセス・ポイントで10通話できるか? コーデックやパケット送信間隔によって同時通話数が異なる場合がある。現状では1台のアクセス・ポイントで10通話できるというのが目安だろう。

   無線LANシステムの選択


 無線LANを実現する製品は数多く存在するが、企業レベルのセキュリティを保て、VoWLANが行える製品を選択しなければならない。そこで無線IP電話と同様に、企業がVoWLANを導入するに当たり無線LANシステムの選択のポイントを挙げてみる。

1
暗号化できるか? 一般的に無線LANシステムがサポートしている暗号化の種類は、現存の無線IP電話がサポートしているものを包括しているので、ほぼ問題にならない。
2
レベルの違う認証を同時にサポートできるか? データと音声が混在する場合や異なる機種の無線IP電話を利用する場合、認証方法を各機器がサポートしているものに合わせる必要がある。特定機器がMACアドレス認証しかできないからといってすべての機器をMAC認証するのは現実的ではない。
3
RF環境を監視できるか? 無線特有の攻撃に対してはRFの監視が必要である。また、不正な機器の発見や情報漏えい対策としても必要な機能である。
4
シームレスなハンドオーバーがサポートされているか? 無線IP電話では、通話しながらの移動は通常動作である。通話が途切れないよう高速でシームレスなハンドオーバー機能が要求される。
5
サブネット間でハンドオーバーできるか? ほとんどの企業で社内ネットワークはサブネット化されていると思う。無線ネットワークも同様にサブネット化された場合、サブネット間もシームレスにハンドオーバーが行える必要がある。
6
QoSがサポートされているか? QoSは無線側と有線側の双方に必要となる。VoWLAN専用ネットワークでない限り現時点ではQoSが必須である。
7
ファイアウォール、無線IDSはサポートされているか? インターネットと同様に無線はパブリックであるため、外部からの侵入を防ぐために必要な機能である。
8
無線端末の負荷を分散できるか? 広いオフィスで多くの従業員が働く環境や会議室への導入の際は、AP負荷分散などの機能がサポートされていた方がよい。

 先進的なユーザー企業では、すでにVoWLANの導入が始まっている。また、NTT DoCoMoから発売予定のFOMA無線LANデュアル端末の大量導入をアナウンスしている企業もある。この解説が今後のVoWLAN導入の一助になれば幸いである。

 

無線QoS/無線IP電話の接続制御
ご愛読いただきありがとうございました

目次:Voice over Wireless LANの実現
  IP電話実現のための最低必須条件とは?
  RF管理/シームレスなローミング
  無線QoS/無線IP電話の接続制御
無線IP電話の選択/無線LANシステムの選択

関連リンク
ワイヤレス 

特集:エンタープライズ・ワイヤレス
第1回 いまの無線LANアクセス・ポイントがダメな理由  
第2回 安定稼働しない無線LANセキュリティの課題  
第3回 802.1x認証無線LAN導入での疑問を解消するQ&A  
最終回 いまの802.1x認証無線LAN技術、導入すべきか否か

【トレンド解説】次世代無線LAN標準のIEEE 802.11nが動き出す
100Mbpsオーバー、MIMO技術を搭載して2006年には登場か
第11回 読者調査結果 〜無線LAN/ギガビット・イーサネットの導入状況は?〜
トレンド解説:IEEE 802.11iとWPA
無線LAN構築のABC (System Insider)
VoIP 連載:VoIPに耐えるネットワーク構築
第1回 IP電話導入のためのネットワーク必要条件
第2回 IP電話を使うなら知っておきたいパケット制御
第3回 IP電話でQoSを確保するためのチェックポイント


Voice over Wireless LANの実現 バックナンバー




「Master of IP Network総合インデックス」


Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Master of IP Network 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH