INTEROP TOKYOプレSHOWレポート

ノミネート製品で占う2010年のINTEROP TOKYO


三木 泉
@IT編集部
2010/6/7


管理/評価製品

 ネットワークマネジメント関連製品部門にノミネートされた日商エレクトロニクスの「BOMGAR B300」は社内のPCに社外からアクセスして使えるリモートデスクトップ・ソリューション。アプライアンス形式で、各端末にエージェントを導入する必要がないのが大きな特徴。ブロケード コミュニケーションズ システムズの「Brocade Application Rerouce Broker」は、「Brocade ServerIron ADX」のオプション・ソフトウェア。「VMware vSphere」などの管理ツールと連携し、あるサーバのリソースが設定値を超えると、影響を受けている仮想マシンとアプリケーションを自動的に別のサーバへ移行するなどができる。

 セイコープレシジョンの「タイムサーバ TS-2210」はNHK FMなどのタイムソースに対応した国産タイムサーバの新製品。NTP v4の採用、SNMP/Syslog対応、IPv6対応を特徴とし、NTP処理能力は従来機種の10倍以上という。ファイブ・フロントは、sFlow、NetFlowなどに対応したフローコレクタの新製品「GenieATM 6000-T シリーズ」をエントリ。64bit対応と搭載メモリの増加で、操作性と処理能力を向上したという。テリロジーの「eG VDI Monitor」はデスクトップ仮想化環境の監視ツールで、障害原因の一次切り分けに使える。

 ファシリティ関連製品部門では、ラリタンジャパンのインテリジェントPDU「Dominion PX」がノミネート。日本仕様としてコンセントにはツイストロックを採用したという。パンドウィットの「PanView iQインテリジェントケーブリング運用管理システム」は各ポートにLEDを搭載したインテリジェントパッチパネルやLED搭載のインターコネクト・パッチコードで、物理層の状況を可視化している。ATENジャパンの12ポートインテリジェントPDU「PN7212」はTCP/IPネットワーク経由で電源操作や、ポート別の電流/電圧計測が可能。オプションのモデムで、ネットワーク障害時に対応するほか、計画的リブートもできる。

 評価関連製品では、イクシアコミュニケーションズが「Native Fibre Channel Load Module」をエントリ。ファイバチャネルに対応したロードモジュールで、次世代データセンターに向けたイーサネット/FCoE/ファイバチャネルのネットワークテストを開発初期段階で統合的に実施できるという。フルーク・ネットワークスの「AirCheck」は、携帯型Wi-Fiテスタ。Wi-Fiトラブルシューティングのすべてが1台でできるという。

■プロダクトアワード部門-ネットワークマネジメント関連製品
出展社名 製品名/ソリューション名
ブロケード コミュニケーションズ システムズ
スマートフォン向けARナビゲーション支援ミドルウェア「ARider」
マクニカネットワークス
未発表
テリロジー
eG VDI Monitor
アラクサラネットワークス
未発表
セイコープレシジョン/
エスアイアイ・ネットワーク・システムズ
タイムサーバ TS-2210
マクニカネットワークス
未発表
日商エレクトロニクス
Bomgar B300
ファイブ・フロント
GenieATM 6000-T シリーズ

■プロダクトアワード部門-ファシリティ関連製品
出展社名 製品名/ソリューション名
パンドウイットコーポレーション
PanView iQ インテリジェントケーブリング運用管理システム
ラリタン・ジャパン
Dominion PX
ATENジャパン
リモートアクセス・環境監視対応12ポートインテリジェントPDU型式:PN7212
テリロジー
未発表

■プロダクトアワード部門-評価関連製品
出展社名 製品名/ソリューション名
イクシアコミュニケーションズ
Native Fibre Channel Load Module
東陽テクニカ
未発表
イクシアコミュニケーションズ
未発表
フルーク・ネットワークス
AirCheck Wi-Fi テスター

ネットワーク関連

 ネットワークソリューションでは、エコ系のソリューションが目立つ。シスコの「EnergyWise」はIT機器の電力消費制御をネットワーク経由で行う仕組みで、APIを公開しているという。アラクサラネットワークスの「トラフィック量に応じたダイナミック省電力システム」は、トラフィックが少ないときに余剰性能を抑える省電力モードや、装置自体を止めるスリープモードを使用して、電力を抑える仕組み。バックボーンスイッチ「AX6700S/AX6600Sシリーズ」がトラフィック量に応じた自動制御をサポート、また新製品「AX2530Sシリーズ」が遠隔からスリープ解除を可能にする「待機スリープ」をサポートしたという。

 ライセンステクノロジーの「ネットメンテ by 中古」はネットワーク機器の保守部品を中古で安価に提供するサービスで、販売終了商品も使い続けられるとしている。

 中小企業向けネットワークインフラ構築製品で面白いのはサイバートランスジャパンの「CFS-809PB」。8ポートの10/100BASE-TX ポートと1つのアップリンク用SFPポートを搭載した小型PoEスイッチ。バックアップ電源としてバッテリを搭載しているため、何らかの局所的電源切断時にもIP電話などへ電力供給を続けられる。

サイバートランスジャパンの「CFS-809PB」

 セイコープレシジョン/エスアイアイ・ネットワーク・システムズの「Netwiser SX-3750 LB」は10ポートの小型ロードバランサ。低価格ながら、トータルスループットは2.5Gbps。SSLスループットも170Mbpsから1.5Gbpsに約9倍の性能向上を図ったという。ジュニパーネットワークスの「EX2200 Ethernet Switch」は1Uの24/48ポートL2/L3ギガビットイーサネットスイッチ。低消費電力、省スペース、低ノイズ性能が特徴。PoE機能搭載モデルも用意。アラクサラの耐環境・ファンレススイッチ「AX1250S」は動作温度50度に対応した24ポートスイッチ。部品にも長寿命のものを採用したという。

 大企業向けネットワークインフラ構築製品では、アラクサラの「AX2530Sシリーズ」がノミネート。これはコアとエッジの間に配置するディストリビューションスイッチで、STP(Spanning Tree Protocol)の代わりにスプリットマルチリンクを使って障害対応を強化できる。ジュニパーの製品では、「MX80 3Dユニバーサル・エッジルーター」「EX4500イーサネット・スイッチ」がノミネート。MX80は同社の新たなチップセット「Junos Trio」を採用し、拡張性を向上した。2011年後半にはバーチャル・シャーシをサポートする。EX4500は最大112ポートの10ギガビットイーサネットと384ポートのギガビットイーサネットを構成できる高密度スイッチ。10ギガビットイーサネット・インターフェイス1つ当たりの消費電力は8W以下という。

ジュニパーの「MX80 3Dユニバーサル・エッジルーター」

 キャリア/SP向けネットワークインフラ構築製品では、シスコから「Cisco CRS-3 キャリア ルーティング システム」がノミネート。「Cisco CRS-1キャリア ルーティング システム」に比べて3倍の、最大322Tbpsのスイッチング容量を実現しているという。A10ネットワークスは、「AX仮想化ソリューション」でノミネートされた。同社のアプリケーションデリバリコントローラ製品を仮想アプライアンスとして提供。さらにこれを単一のサーバ上で複数高速に動作させる専用アプライアンスの「AX-V」、AXバーチャライゼーション:AXのリソースを仮想的に分割して、1台のAXを複数のユーザーやサービスで共有するマルチテナント機能などを提供する。

 ブロケードの「Brocade NetIron CER 2000」はMPLSに対応した1Uサイズのマルチサービスルータ。最大51万2000経路のハードウェア・ルーティングテーブルをサポートするという。米トランジション・ネットワークスの「The ION Platform(ザ・アイアン・プラットフォーム)」は19スロットのシャーシ型ファイバアクセス製品。SSH/SSL、ACL 、VLAN、RADIUSなどを通じたセキュリティ機能の充実を図っているという。

 モバイル・ワイヤレス製品部門でノミネートされた「Cisco Aironet 3500シリーズ」は同社の新技術CleanAirを搭載。CleanAirは自動的に無線干渉源を検出し、どの機器によって問題が生じているかを把握し、さらに周波数帯を調整できる。このため、管理者が問題解決のために、PCを持ってオフィス内を動き回る必要がなくなるという。チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの「Check Point Abra」はUSBスティックで実現するVPNクライアント。事前のインストールや設定が不要。データはUSBフラッシュドライブに暗号化して保存できる。

 新設されたフューチャーテクノロジー部門でノミネートされたアウトスタンディングテクノロジーの「高性能(高速&長距離)可視光通信テクノロジー」は、1灯のLEDで物理層210Mbps(実効速度160Mbps)のデータ通信が可能という可視光通信技術。自社開発した受光素子と独自の変調・復調技術を活用しているという。

■ソリューション&サービス部門-ネットワークソリューション
出展社名 製品名/ソリューション名
ライセンステクノロジー
ネット・メンテ by 中古
シスコシステムズ
Cisco EnergyWise ソリューション
アラクサラネットワークス
トラフィック量に応じたダイナミック省電力システム
シスコシステムズ
CGv6ソリューション

■プロダクトアワード部門-中小企業向けネットワークインフラ構築製品
出展社名 製品名/ソリューション名
シスコシステムズ
Cisco Catalyst 3750-X スイッチ
セイコープレシジョン/エスアイアイ・ネットワーク・システムズ
Netwiser SX-3750 LB
アラクサラネットワークス
耐環境・ファンレススイッチ AX1250S
サイバートランス ジャパン
CFS-809PB
ジュニパーネットワークス
EX2200 イーサネット・スイッチ

■プロダクトアワード部門-大企業向けネットワークインフラ構築製品
出展社名 製品名/ソリューション名
アラクサラネットワークス
AX2530Sシリーズ フォールト・トレラント・ネットワーク
ジュニパーネットワークス
MX80 3Dユニバーサル・エッジルーター
富士通
SR-X526R1
ジュニパーネットワークス
EX4500イーサネット・スイッチ

■キャリア/SP向けネットワークインフラ構築製品
出展社名 製品名/ソリューション名
ブロケード コミュニケーションズ システムズ
Brocade NetIron CER 2000
シスコシステムズ
Cisco CRS-3 キャリア ルーティング システム
トランジション・ネットワークス
IONプラットフォーム
NTTエレクトロニクス
未発表
A10ネットワークス
AX仮想化ソリューション

■モバイル・ワイヤレス製品
出展社名 製品名/ソリューション名
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ
Check Point Abra
シスコシステムズ
Cisco Aironet 3500シリーズ/CleanAir ソリューション
シスコシステムズ
第2世代 サービス統合型ルータ Cisco ISR G2 3G WAN 最適化ソリューション
富士通
高セキュリティ/高信頼無線LANソリューション SR-Mシリーズ

■ソリューション&サービス部門-モバイル&ワイヤレスソリューション
出展社名 製品名/ソリューション名
NTTコミュニケーションズ
Master'sONE ワイヤレス・イーサ
富士通
未発表

■プロダクトアワード部門-ホームネットワーキング関連製品
出展社名 製品名/ソリューション名
サイバートランス ジャパン
CFS-404P

■フューチャーテクノロジー部門(新設 ※研究開発等の製品/ソリューション)
出展社名 製品名/ソリューション名
NTTコミュニケーションズ
100GE仮想化ネットワーク技術
アウトスタンディングテクノロジー
高性能(高速&長距離)可視光通信テクノロジー
情報通信研究機構
未発表

 ネットワークの高速化はINTEROP TOKYOの永遠のテーマ。だが、プライベート/パブリック・クラウドの進展により、ネットワーキングとサーバ/アプリケーション・サービスは融合し、これがセキュリティにおいても新たなテーマを生み出している。こうした流れが、上記のBest of Show Awardノミネート製品にもはっきりと表れている。INTEROP TOKYO 2010では、ICT利用の立体的な展開を目にすることができるはずだ。

2/2
 

Index
INTEROP TOKYOプレSHOWレポート
ノミネート製品で占う2010年のINTEROP TOKYO
  Page1
サーバ/ストレージ/クラウドサービス
セキュリティ
ユニファイドコミュニケーション/アプリケーション
Page2
管理/評価製品
ネットワーク関連

「Master of IP Network総合インデックス」


Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Master of IP Network 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH