Ultra DMA/66の性能を徹底検証

コラム
Windows 2000におけるIDEコントローラ間の比較

澤谷琢磨
2000/07/13

 IDEコントローラ間の性能差は、ハードウェア自体の完成度ばかりでなく、OS側のデバイス ドライバの完成度によっても左右されるはずだ。Windows 2000付属のドライバと、Windows 98 Second Edition(Windows 98 SE)付属ドライバとの間で、HD Tachの測定値に何らかの差が確認されるとすれば、それはWindows 2000付属のドライバに問題があることになる。そこで、Windows 98 SEの場合と同様、表のIDEコントローラについて、HD Tachを用いてベンチマーク テストを行った。用いたハードウェアの構成は、Windows 98 SEのときと同じだ。

ベンダ コントローラ チップの型番 採用されている製品
Intel 82801AA(ICH1) Intel 810、810E、815、820チップセット
VIA VT82C686A VIA ApolloPro 133A、KX133、KT133チップセットなど
Promise Technology PDC20261 Promise Ultra66
Intel 82371EB(PIIX4E) Intel 440BX、440ZX、440LX、450NXチップセットなど
テスト対象に選んだIDEコントローラ
 
ランダム アクセス

 ランダム アクセスの値は、Windows 98 SEの場合とほぼ同じ値だ。Intel 82801AAがほかのIDEコントローラと比較して、ランダム アクセスが1ミリ秒近く遅いのも同様である。このことから、Intel 82801AAのランダム アクセスが遅いのは、ドライバ ソフトウェアによるものというより、Intel 82801AA自身の問題である可能性が高いと考えられる。

 
バースト転送速度

 VIA VT82C686Aのバースト転送速度の測定値は、66Mbytes/sに遠く届かない。Windows 2000付属のデバイス ドライバを用いた場合も、Windows 98 SEの場合と同様であることから、VIA VT82C686Aのバースト転送速度が規格で定められた66Mbytes/sにまったく届かないのは、OSのデバイス ドライバ側の問題ではなく、VIA VT82C686A自身の問題であることがはっきりした。

 
平均転送速度(読み出し)

 読み出し時の平均転送速度は、テストしたどのコントローラの値もほぼ同じで、しかもWindows 98 SEでの測定結果とほぼ一致している。

 
平均転送速度(書き込み)

 書き込み時の性能差もWindows 98 SEの場合と同じ結果を示した。

結論:Windows 2000付属のデバイス ドライバは完成度が高い

 Windows 2000付属のデバイス ドライバの完成度は、性能面に関する限り、Windows 98 SEとほぼ同等であることが分かった。Windows 98 SEとWindows 2000は、こと最新IDEデバイスの性能に関するかぎり、ほぼ同様の水準にあるといえる。もっとも今回のベンチマークに使用したHD Tachでは、ファイル システムのオーバーヘッドを測定していないので、実際の作業環境では多少差が生じる可能性はある(一般に、Windows 2000のNTFSは処理が重く、CPUへの負担が大きいが、ファイル アクセス自体はWindows 98 SEのFAT32と同等か、少し速くなる傾向にある)。  

 
     

 INDEX
  [実験]Ultra DMA/66の性能を徹底検証
  1. Ultra DMA/66、Ultra DMA/100登場の背景
  2. 実験前の下準備
    2-1. 機材を揃える
    2-2. 設定の確認
    2-3. デバイス ドライバを設定する
  3. Ultra DMA/66の実力を測る
    3-1. ハードディスク間の比較
    3-2. 転送モード間の比較
      コラム Windows 2000における転送モード間の比較
    3-3. IDEコントローラ間の比較
    コラム Windows 2000におけるIDEコントローラ間の比較
    3-4. Windows 98標準ドライバとベンダ製ドライバとの性能比較
    3-5. アプリケーション ベンチマーク テストで性能差は現れるのか?
  4. Ultra DMA/66は必要なのか?
 
「PC Insiderの実験」


System Insider フォーラム 新着記事
  • Intelと互換プロセッサとの戦いの歴史を振り返る (2017/6/28)
     Intelのx86が誕生して約40年たつという。x86プロセッサは、互換プロセッサとの戦いでもあった。その歴史を簡単に振り返ってみよう
  • 第204回 人工知能がFPGAに恋する理由 (2017/5/25)
     最近、人工知能(AI)のアクセラレータとしてFPGAを活用する動きがある。なぜCPUやGPUに加えて、FPGAが人工知能に活用されるのだろうか。その理由は?
  • IoT実用化への号砲は鳴った (2017/4/27)
     スタートの号砲が鳴ったようだ。多くのベンダーからIoTを使った実証実験の発表が相次いでいる。あと半年もすれば、実用化へのゴールも見えてくるのだろうか?
  • スパコンの新しい潮流は人工知能にあり? (2017/3/29)
     スパコン関連の発表が続いている。多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスパコンとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

System Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH