FMV-BIBLO LOOX Tシリーズ

富士通
価格:オープン価格
実売価格:20万円前後
発表日:2000/09/25  出荷日:2000/11/03
TEL:0120-89-4321(FMインフォメーションサービス)
 

型番 FMVLS553
プロセッサ(内蔵2次キャッシュ容量)

TM5600-533MHz(512Kbytes)

チップセット ノース・ブリッジ:プロセッサ同梱/サウス・ブリッジ:未公表
メイン・メモリ 128Mbytes(最大192Mbytes)/クロック133MHz
液晶パネル 10型TFTカラー液晶(ワイドSXGA)
最大解像度 1280×600ドット(1677万色)
最大表示色 1677万色(1280×600ドット)
最大解像度(外部)
最大表示色(外部)
グラフィック・チップ(ビデオ・メモリ容量) ATI社製RAGE Mobility-M(4Mbytes)
ハードディスク 約10Gbytes(Ultra ATA/33)
CD-ROM/DVD-ROMドライブ DVD-ROMドライブ(DVD-ROM最大8倍速、CD-ROM最大24倍速)標準添付
フロッピードライブ 外付け型3.5インチ・ドライブ(オプション)
PCカード・スロット TypeII×1スロット(CardBus対応)
LANインターフェイス
FAX/モデム モデム:データ転送速度 最大56Kbps(V.90対応)
FAX:データ転送速度 最大14.4Kbps(V.17)
インターフェイス

USB×2ポート、IEEE1394(S400)X1、S端子、ヘッドホン共用ライン・アウト、マイク・イン、ライン・アウト

サウンド機能 AC-Link接続サウンドチップ(16ビットステレオPCM)、ソフトウェアWave Table機能内蔵、内蔵スピーカ(モノラル)
プリインストールOS Windows Me
ソフトウエア Office 2000 Personal、WinDVD 2000、スーパー統合辞書2000、@ブラウザ、ひらがなナビィ、乗り換え案内、プロアトラス2001 for FUJITSU(CD版)、Jet-Audio Player、まいと〜くFAX 2001 Lite、翻訳サーフィン V7.0など
バッテリ駆動時間 約3.6時間(内蔵バッテリパック)、約7.3時間(内蔵バッテリパック(L))
消費電力 約35W以下(ACアダプタ使用時)
電源 ACアダプタ、リチウム・イオン・バッテリ
外形寸法 264(W)×183(D)×31.5(H)mm(突起部含まず)
重量 約1.5kg
付属品 ACアダプタ、マニュアル、バックアップCD-ROMなど
オプション CD-ROMドライブユニット FMV-NCD43S:3万1800円、FDDユニット(USB) FMV-NFD51S:1万2000円、カラーペンスキャナ RS-C30:2万9800円、携帯電話接続用USBケーブル FMV-CBL101:5000円など(以上、標準価格)
セキュリティ 盗難防止ロック有り(市販の盗難防止用ケーブルを使用)
備考 H"IN(エッジイン)モジュール内蔵のFMVLT5533Wもあり
 
(2000年11月10日現在)


  更新履歴
【2000/11/15】「インターフェイス」の欄にて、

「USB×1ポート、ヘッドホン共用ライン・アウト、マイク・イン」

とありましたが、

「USB×2ポートIEEE1394(S400)X1S端子、ヘッドホン共用ライン・アウト、マイク・イン、ライン・アウト

の誤りです。お詫びして訂正させていただきます。

関連リンク
富士通 FM Worldのホームページ
富士通 FMV-BIBLO LOOX Tシリーズの製品紹介ページ
 
 
 
「スペック一覧表:Crusoe搭載ノートPC」


System Insider フォーラム 新着記事
  • Intelと互換プロセッサとの戦いの歴史を振り返る (2017/6/28)
     Intelのx86が誕生して約40年たつという。x86プロセッサは、互換プロセッサとの戦いでもあった。その歴史を簡単に振り返ってみよう
  • 第204回 人工知能がFPGAに恋する理由 (2017/5/25)
     最近、人工知能(AI)のアクセラレータとしてFPGAを活用する動きがある。なぜCPUやGPUに加えて、FPGAが人工知能に活用されるのだろうか。その理由は?
  • IoT実用化への号砲は鳴った (2017/4/27)
     スタートの号砲が鳴ったようだ。多くのベンダーからIoTを使った実証実験の発表が相次いでいる。あと半年もすれば、実用化へのゴールも見えてくるのだろうか?
  • スパコンの新しい潮流は人工知能にあり? (2017/3/29)
     スパコン関連の発表が続いている。多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスパコンとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

System Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH