[Software]

CD-ROMドライブを用いずにWindowsの追加コンポーネントを組み込むには(Windows 9x編)

デジタルアドバンテージ
2000/05/22

 Windows 95/98/98 SE(以下Windows 9x)を使っていると、ふとした拍子にインストールCD-ROMを要求するメッセージに出くわすことがある。たとえば、新たにネットワークのプロトコルやサービスを追加すると、Windows 9xはインストールCD-ROMからネットワーク関連の追加コンポーネントを読み出そうとする。また、新しいハードウェアをPCに接続してWindows 9xがそれを自動検出した場合、やはりインストールCD-ROMが要求されることがある。

Windows 98 SEのインストールCD-ROM要求ダイアログボックス

これは「コントロール パネル」−「アプリケーションの追加と削除」−「Windows ファイル」から、ImagingというWindows 98標準添付のユーティリティを追加しようとしたところ。通常はインストールCD-ROMを用意するか、追加コンポーネントが存在するフォルダ名をユーザーが入力しなければならない。

 Windows 9xに限らず、一般的にOSがインストールされる際には、全機能が組み込まれるわけではなく、ユーザーにとって必要な部分(あるいはメーカーが標準的に必要と考えている部分)のコンポーネントだけがハードディスクにインストールされる。特にデバイスドライバのようにユーザーが必要とするものが限られている場合、すべてのドライバをインストールすると、ハードディスクの容量が無駄になってしまう。使いもしないプログラム コードやデータなどで、貴重なディスク領域が占有されるのでは困りものだ。必要なコンポーネントだけインストールされるのは理にかなっている。

 とはいえ、ちょっと設定を変更するだけのために、いちいちインストールCD-ROMを用意するのは面倒である。特にサブノートPCのようにCD-ROMドライブを内蔵していないPCでは、CD-ROMドライブまで用意しなければならず面倒なことこのうえない。

CD-ROMからコピーすべきフォルダを選ぶ

 この問題を解決するには、インストールCD-ROMから必要な部分だけを抜き出してハードディスクにコピーすればよい。Windows 9xのコンポーネントは.CABという拡張子のファイル(キャビネット ファイル)に圧縮・格納されており、Windows 95なら\WIN95、Windows 98/98 SEなら\WIN98というフォルダに保存されている。必要なのはこの\WIN9xというフォルダ以下なので、これをハードディスクにコピーすればよい。

Windows 98 SEのインストールCD-ROMの内容

エクスプローラから、インストールCD-ROMの内容をブラウズしたところ。
  ハードディスクへコピーする必要があるのは、この\WIN98フォルダ以下である。

 この方法では、インストール前と後のコンポーネントを二重にハードディスクに保持することになり、ハードディスク容量を無駄に消費する感は否めない。とはいえ、\Win9xフォルダ以下の総容量は下表のとおりで、ハードディスク容量の増大が著しい昨今では、それほど大きいというわけではない。

Windowsのバージョン \WIN9x以下の総容量 \WIN9x以下のサブフォルダを除いた容量
Windows 95(製品版) 45.1Mbytes 45.1Mbytes
Windows 98(製品版) 157Mbytes 127Mbytes
Windows 98 SE(プレインストール版) 164Mbytes 143Mbytes
インストールCD-ROMの\WIN9xフォルダにあるファイルの総容量(一例)
手元にあったWindows 9xのインストールCD-ROMをもとに調査した。プレインストール版のWindowsは、PCメーカーによりカスタマイズされている場合があり、容量は変動するので注意していただきたい。

 ハードディスク容量が足りない場合、Windows 98なら\WIN98フォルダ以下に存在するchannelsやols、tourなどといったサブフォルダはコピーしなくてもよい。channelsはActive Desktopで使えるActive Channel、またolsはISPなどのオンラインサービス、tourはインストール直後のチュートリアル・ツアーに関連するファイルが格納されている。これらをコピーしないと約30Mbytesほどハードディスク容量を節約できる。

 こうして必要なファイルをハードディスクにコピーした後でインストールCD-ROMが要求されたら、\WIN9xフォルダをコピーしたフォルダ名をフルパスで指定すればよい。するとキャビネット ファイルが読み出され、追加コンポーネントのセットアップが続行される。このとき手動でフルパスを指定するのを省くことも可能だ。その方法は「Windowsのコンポーネント追加を自動実行するには(Windows 9x編)」を参照していただきたい。記事の終わり

  関連記事(PC INSIDER内)
Windowsのコンポーネント追加を自動実行するには(Windows 9x編)
CD-ROMドライブを用いずにWindowsの追加コンポーネントを組み込むには(Windows NT 4.0/2000編)

「PC TIPS」


System Insider フォーラム 新着記事
  • Intelと互換プロセッサとの戦いの歴史を振り返る (2017/6/28)
     Intelのx86が誕生して約40年たつという。x86プロセッサは、互換プロセッサとの戦いでもあった。その歴史を簡単に振り返ってみよう
  • 第204回 人工知能がFPGAに恋する理由 (2017/5/25)
     最近、人工知能(AI)のアクセラレータとしてFPGAを活用する動きがある。なぜCPUやGPUに加えて、FPGAが人工知能に活用されるのだろうか。その理由は?
  • IoT実用化への号砲は鳴った (2017/4/27)
     スタートの号砲が鳴ったようだ。多くのベンダーからIoTを使った実証実験の発表が相次いでいる。あと半年もすれば、実用化へのゴールも見えてくるのだろうか?
  • スパコンの新しい潮流は人工知能にあり? (2017/3/29)
     スパコン関連の発表が続いている。多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスパコンとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

System Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH