マイクロソフト認定技術資格試験「MCP/MCSEラーニングブック」

70-293:Planning and Maintaining a Microsoft Windows Server 2003 Network Infrastructure 編

5-1.ネットワークプロトコルセキュリティ

宮本 寿夫/澤村 孝太郎
2004/2/5

 本記事は、@ITハイブックスシリーズ『マイクロソフト認定技術資格試験 MCP/MCSEラーニングブック−70-293:Planning and Maintaining a Microsoft Windows Server 2003 Network Infrastructure 編−』(技術評論社発行)より、一部の問題を許可を得て転載したものです。同書籍に関する詳しい情報については、「@ITハイブックス」サイトでご覧いただけます。
 
ほかの問題へ
問題 05-01-01 入力フィルタと出力フィルタ
  問題 05-01-02 インターネット接続ファイアウォール
  問題 05-01-03 IPセキュリティポリシー
  問題 05-02-01 トンネリングプロトコル
  問題 05-02-02 VPNセッションの管理
 

問題 05-01-01 入力フィルタと出力フィルタ

 あなたは組織のネットワークの管理者です。組織のネットワークは内部ネットワークとDMZに分けられています。DMZとインターネット間のルータにはWindows Server 2003コンピュータが使用されています。DMZに新規にFTPサーバを構成します。FTPサーバのIPアドレスは131.107.25.1です。

 ルータにおいて「ルーティングとリモートアクセス」の設定を行い、インターネットからFTPサーバへのアクセスがFTPサービスのみに限定されるように設定したいと思います。

 ルータのパブリック(外部)インターフェイスで通過を許可する設定として追加すべきものを選んでください。

 (複数選択)

  あて先IPアドレス「131.107.25.1」、プロトコル「TCP」あて先ポート番号「21」の入力フィルタ
  あて先IPアドレス「131.107.25.1」、プロトコル「TCP」あて先ポート番号「20」の入力フィルタ
  あて先IPアドレス「131.107.25.1」、プロトコル「TCP」あて先ポート番号「21」の出力フィルタ
  あて先IPアドレス「131.107.25.1」、プロトコル「TCP」あて先ポート番号「20」の出力フィルタ
  送信元IPアドレス「131.107.25.1」、プロトコル「TCP」送信元ポート番号「21」の出力フィルタ
  送信元IPアドレス「131.107.25.1」、プロトコル「TCP」送信元ポート番号「20」の出力フィルタ
  送信元IPアドレス「131.107.25.1」、プロトコル「TCP」送信元ポート番号「21」の入力フィルタ
  送信元IPアドレス「131.107.25.1」、プロトコル「TCP」送信元ポート番号「20」の入力フィルタ

 ルーティングとリモートアクセスを有効にしているWindows Server 2003コンピュータ上では、ネットワークインターフェイスごとにパケットフィルタリングの設定を行うことができます。

 フィルタリングは、インターフェイスが受信するパケットに対する入力フィルタと、送信するパケットに対する出力フィルタに分けられ、それぞれあて先や送信元のIPアドレス、ポート番号などによってパケットを識別し、通過を許可するかどうかを決定できます(図5-1、図5-2)。

図5-1 入力フィルタの設定拡大

図5-2 入力フィルタ設定の追加

 特定のサーバ上の、特定のサービスにのみアクセスを許可する場合は、サーバのIPアドレスと、サービスが使用するポート番号を指定します。この問題では、あて先のIPアドレスが131.107.25.1、サービスはFTPであるため、あて先ポート番号が21と20の入力フィルタを構成する必要があります。

 同様に、サーバからインターネットへの戻りのパケットがルータを通過できるよう、出力フィルタの設定も行います。この場合、パケットの送信元IPアドレスがFTPサーバである131.107.25.1、送信元ポート番号は21と20となります(図5-3)。

図5-3 出力フィルタの設定拡大

POINT

  各サービスが使用するポート番号はウェルノウンポート番号(Well Known Port Number)として定義されており、HTTPの80番、SMTPの25番、POP3の110番などがよく知られています。数あるプロトコルの中でもFTPは、21番と20番の2つを使用する独特な仕様になっているため、注意が必要です。

 一般的なウェルノウンポート番号は%StstemRoot%\System32\Drivers\
etc\Servicesファイルに記述されています。

KEYWORD

 DMZ(DeMilitarized Zone:非武装地帯)  

 Webサーバなどのインターネットに公開するサーバ群を配置するためのネットワークセグメントのことです。セキュリティが考慮されたネットワークでは、外部からのアクセスを許可したくない内部のコンピュータ群とこれらのサーバ群を、異なるネットワークセグメントで管理します。こうすることで、外部からの必要最低限のパケットのみDMZへ通過許可し、内部のネットワークには一切アクセスを許可しない、というように、パケットの制御をより厳密、明確に行うことが可能になります。

正 解(05-01-01)
 A、B、E、F

 
    次の問題へ


マイクロソフト認定技術資格試験「MCP/MCSEラーニングブック」

本記事は、@ITハイブックスシリーズ『マイクロソフト認定技術資格試験 MCP/MCSEラーニングブック−70-293:Planning and Maintaining a Microsoft Windows Server 2003 Network Infrastructure 編−』(技術評論社発行)より、一部の問題を許可を得て転載したものです。同書籍に関する詳しい情報については、「@ITハイブックス」サイトでご覧いただけます。


Security&Trust記事一覧


Security&Trust フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH